ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2021/02/27 – 09:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

年末に増加する、
偽ブランドショップ

ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こうした悪質店が増えつつある。夜、1区、3区の通り沿いや8月革命通りの歩道には、偽海外ブランド品を扱う露店が数多く現れる。ヴィトンやシャネルのバッグなどを扱う店では「どれも10万~15万VND(約500~750円)均一だよ!」と客引きし、そこに女性客が群がっていた。
(Tien Phong 12月28日, P.5)

解説

この記事によると販売業者は、「海外向けに生産している企業が作っているものだから丈夫で品質も良い。本物が欲しいなら、そういう店に行けばいい。露店には、安く買いたい人が来る」と隠す素振りもないそうですので、一定の需要と供給のもとに成り立っているということでしょう。
 
こういった偽物は、バッグに限らずサングラス、洋服、財布などさまざまなアイテムがあります。販売する店が年末に近づき増えてきた理由としては、新年を新しいモノで迎えたいというベトナム人の習慣などが関係しているのではないかと思います。また、なぜわかっていながら偽物に手を出すのか、については、本物は価格が高いということもありますが、正規で取り扱う店舗が少ないなど、そもそも入手しにくいという側面も大きいのでしょう。
 
まだまだ消費者の認識が甘いのも確かですが、近年はベトナムにも都市部を中心にさまざまなファッションブランドの正規販売店が出店し、正規品を入手しやすくなったように感じます。消費者意識が少しずつ変わっていくことを期待したいところです。

厳しい状況下で
ボーナス増決めた日系企業

ハノイにある日系M社は今年、月給1.37倍のテトボーナスを支給する。昨年よりもボーナス増となる。
 
4500人が働く同社はこの1年、コロナ禍の様々な困難を乗り越えて活動、労使は3度の交渉の末に月給1.37倍のボーナスで合意した。一方で、昨今の状況を鑑み、工場全体での忘年会は開催せず、労働者1人あたり奨励金100万VND(約5000円)が支給された。
(Lao Dong 12月30日, P.5)

解説

コロナで世界が大混乱に陥った2020年。ベトナムは影響が少なく、GDP成長率も2.91%(統計総局)とプラス成長を維持しましたが、読者の皆様の業界はいかがでしたか? 深刻な影響を受けた業界から、予想外に伸びた業界までさまざまだと思います。コロナ禍で事業の維持が簡単にはいかない状況から、ベトナム政府は2020年、融資や税などさまざまな方面で企業支援策を講じ、例年1月引き上げとなっていた最低賃金も2021年は見送りました。記事にある日系企業では、労働者の生活を保障し、生産性を高めるためにボーナス増に踏み切り、3%昇給も決定したそうです。しかし、今年はボーナス減という企業も多いと思います。
 
ところで、「13ヶ月目の給与」として広く認知されているこのテトボーナスは、法律で義務付けられているものではなく、支給は業績次第なのですが、多くの企業で例年1ヶ月分以上を目安に支給されています。支給額をどうするかは各企業次第です。コロナ禍の中でもベトナム人がとても大切にしている旧正月テトを、誰もが温かく迎えられれば良いなと思います。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

不用品をコメと交換、 ホーチミン市の取り組み ホーチミン市の複数の地域で、ゴミをお金やコメなどと交換する取り組みが進めら…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位 ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…