ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2020/03/27 – 09:30

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナム人が自動車を選ぶ基準
どんな自動車を好むのか

税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比95%増。国内生産・組立車の供給も、ヴィンファスト(VinFast)やチュオンハイ(Truong Hai)グループの工場がフル稼働して大きく伸びた。中古車供給も22%増加し、輸入車より国内生産車の売買のほうが盛況だった。自動車売買サイト「チョトットセ(Cho Tot Xe)」に掲載されている中古車ではトヨタ、キア、ヒュンダイが最も多く取引されている。
(Phunuonline.com.vn 12月31日)

解説
国産車、ヴィンファストの参入もあり、内外から注目を集めるベトナム自動車市場。同サイトによると、2018年の最多取引はトヨタ、キア、フォードの順であり、トップ3に変化があったことになりますが、ヒュンダイの「グランドi10」と「アクセント」が支持を得たことが、その要因だったようです。
ブランドだけでなく、色も自動車選びに影響する要素となりますが、シルバー、白、黒などが好まれているようです。車種ではセダンが最も好まれ、ホンダ「シティ」、トヨタ「ヴィオス」、「マツダ3」が人気でした。
中古車購入では、ホーチミン市の人々は新古車を好む傾向があり、過去3年ではヒュンダイ「グランドi10」、マツダ「CX-5」、ホンダ「シティ」などが3億~7億VND(約150万~350万円)の幅広いレンジで取引されています。
ハノイの人々は中古車では小型車を選択する傾向が強く、トヨタ「ヴィオス」、ヒュンダイ「グランドi10」、キア「モーニング」などが人気で、値段も3億~4億VND(約150万~200万円)とホーチミン市より低価格帯となっています。

銀行口座を持つ人が増加、
オンライン決済が急増

国家銀行によると、現在ベトナムでは成人の63%にあたる4000万人が銀行口座を持っており、5年前から倍増している(2015年は31%)。
国内でのカード決済も急伸し、2019年11月のデータでは前年同期比42.5%増、取引件数35%増。インターネット取引件数は69.4%増、取引額37%増。特にスマートフォンを利用した取引が急増しており、取引数196%増、取引額225%増。
(Tuoi Tre 1月7日,P.6)

解説
ホーチミン市のスーパーやコンビニでのベトナム人の買い物風景を眺めていると、カード決済はもはや当たり前となり、最近では若い人々、特に女性を中心に、スマホを使ってQRコード決済する人が非常に増えているようです。スマホ決済する「無人コンビニ」もホーチミン市に登場し、話題になりましたね。
移動も食事もショッピングも、スマホやネットでキャッシュレス。そんなご時世で、現金のやり取りをする機会自体かなり減った人も多いと思いますが、お釣り代わりの飴玉や、手もとに溜まる一方の200VND札や破れたお札に戦々恐々としていた時代が何だか懐かしいような気もします。
ベトナムは現金信仰が根強いと言われ、現状、東南アジアで現金決済依存度が最も高く、スタンダードチャータード銀行の調べでは、ネットショッピングでキャッシュオンデリバリーを選ぶ人が90%超(次に高いインドネシアで65%)といった数字も出ていますが、巷の買い物風景を見ていると、キャッシュレス決済が当たり前、という時代がすぐ目の前に来ているような気がします。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

カラオケ騒音問題、 年末までの解決を目指す 2021年、カラオケ騒音問題の徹底解決をはかるため、ホーチミン市人民委員会は…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

不用品をコメと交換、 ホーチミン市の取り組み ホーチミン市の複数の地域で、ゴミをお金やコメなどと交換する取り組みが進めら…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

年末に増加する、 偽ブランドショップ ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位 ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…