ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2019/07/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

アフリカ豚コレラ、
被害が180億円に

ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭が殺処分されている。殺処分の補助費などを含めた被害額は推定3兆6000億VND(約180億円)。北部ナムディン(Nam Dinh)省では省内飼育頭数の30%にあたる17万8000頭が殺処分されており、同省の農業農村開発副局長は「台風などの自然災害でも今回ほど被害を受けたことはない」と深刻さを表現している。

(Tuoi Tre 6月5日, P. 7)

解説

アジア諸国で拡大している、豚やイノシシに感染する伝染病アフリカ豚コレラ(ASF)。ベトナムでの初めての感染確認は2019年2月で、4ヶ月ほどでほぼ全国に広がりました。

病気になった豚は殺処分し、養豚施設では畜舎の消毒や出入りする車両・人間を制限するなどの取り組みを進めていますが、食い止めるのはなかなか難しいようです。

ベトナム人が消費する食肉の約7割は豚。国は、ベトナム人の食卓に欠かせない豚肉が不足しないよう、早い段階で解体して冷凍保存しておく、といった案を出しているようですが、企業はコストが多大になり過ぎると難色を示しています。一方で、これをきっかけに鶏肉生産に大きく舵を切った畜産会社も多いようです。

一般的に流通している豚でも対策がなかなか進まないのが現状のようですが、より貴重で数の少ない各地の特産豚については、このような対策に加え、一気に被害が広がらないよう飼育群をできるだけ分散させる対策が出ているほか、さらに病気が深刻化すれば離島などに避難させて何とか種を守ろうという案も挙がっているようです。

生活ゴミの分別、
2019年6月1日から実施

ホーチミン市は、2019年6月1日(土)から施行の生活ゴミ管理規定を発行した。個人や家庭は生活ゴミを出す前に、▽分解性有機ゴミ(残飯、野菜、果物、動物の死骸等)、▽再利用・再生可能ゴミ(紙、プラスチック、金属、ゴム、ガラス等)、▽その他に分別し、それぞれ袋に保管するか保管設備に入れ識別印をつける。人口密集地では1日1回以上、それ以外でも毎日ないしは2日に1回はゴミ収集する。

(Phap Luat 5月22日, P. 8)

解説

「ほら環境を守らないと」。本気度は不明ですが、ベトナムの若者の会話にこんな言葉を聞く機会が増えたような気がします。最近ではベトナムのスーパーでバナナの葉を食品包装に利用し始めたというニュースもありましたが、社会活動としてゴミ拾いをする企業もよく見かけるようになりました。

街頭にもゴミ箱、特に分別型が増えましたが、残念なのはゴミが溢れていたり、分別がなされていなかったりすること。先進国でもゴミ問題はあるわけですから、長い時間をかけ少しずつ取り組むしかないと思いますが、ひとつ早めに改善すべきだと思うのは、街中の分別型ゴミ箱の「有機ゴミ」「無機ゴミ」の表示。この表示でどちらに捨てるべきか、パッとイメージするのは難しいでしょう。

さて、脱線する気もしますが、ホーチミン市ではアオザイフェスティバルなどのイベントに合わせて、女性に積極的にアオザイを着用するよう、全市的に呼びかけて支持を得た実績があります。ゴミ問題も、多くの人が楽しく喜んで取り組めるイベントにすることが、意識を生むためには有効かもしれません。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

カラオケ騒音問題、 年末までの解決を目指す 2021年、カラオケ騒音問題の徹底解決をはかるため、ホーチミン市人民委員会は…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

不用品をコメと交換、 ホーチミン市の取り組み ホーチミン市の複数の地域で、ゴミをお金やコメなどと交換する取り組みが進めら…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

年末に増加する、 偽ブランドショップ ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位 ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…