ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > スケッチ特別インタビュー > ...

日越の絆を深めるべく、今、自分ができることを

タグ:,
カテゴリ:スケッチ特別インタビュー
更新:2019/05/01 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!


2018年10月に本誌で実施した「読者アンケート」で、「ベトナムスケッチ特別インタビュー記事」に当選した松本健嗣さん。現在、財務省から国際協力機構(ジャイカ/JICA)へ出向中という。今回、本誌の取材に緊張しながらも朗らかに答えてくれた松本さんに、来越のきっかけやベトナムでの仕事などについて伺った。

――― ベトナムでの仕事について教えてください。

ジャイカでは運輸・交通インフラを担当し、質の高いインフラ投資を促進しています。最近は、日越両政府初の官民連携案件であり、ジャイカが円借款で支援したラックフェン(Lach Huyen)国際港建設事業に従事。日越政府の動向にアンテナを張り、現場の進捗確認や関係機関との協議、各種手続きがスムーズに進むような調整をし、各事業を円滑に進めるべく作業を行っています。職場は協力体制もあり、風通しが良いと感じています。

――― ベトナムへの渡航は自身の希望ですか?

学生時代は短期で渡米したり、途上国から来日した人との交流などを経験し、財務省では政府開発援助や国際金融などに携わり、以前から海外の現場で働きたいと希望を職場へ提出していました。その気持ちが上層部に伝わったのか、人事面談でジャイカ(ベトナム)へ出向の打診を受け、「行きます!」と即答したら数ヶ月後には来越していましたね(笑)。

――― ベトナムでの生活はいかがですか?

そうですね、「七転び八起き」です(笑)。今でも環境に対応するのが本当に大変です。仕事面は、当然ながら日本での常識が通用するものではなく、まずは自分の常識を疑うようにして、現地スタッフが何を考えどう動いているか理解するよう常に努めています。

生活面は、例えば、バイクが道路だけでなく歩道も縦横無尽に走り迂闊に歩けないですし、言語の壁もあり様々な場面でストレスを感じることがありますが、本格的な海外生活を経験したことのない自分にとっては新鮮で、良い勉強だと考えています。

国際関係の仕事に就きたいと思うようになったきっかけの1つは、大学時代の米国ペンシルベニア大学での新たな出会い。大学院では、修士論文研究でトンガ王国を訪れて現地で取材したこともある

ジャイカの事業はベトナム全土にわたる。2018年9月は、ジャイカなどが融資した高速道路の全線開通式典に出席。ベトナムは交通インフラの需要が高いと感じているという

――― 今後の目標を教えてください。

自分ができることで日越両国の関係性を深めたいし、両国以外でも役に立てる人材でありたいです。あとは、ベトナムの人はプライベートの時間を大切にしているので、そこはしっかりと見習っています。先日は日本人学校で開催されたハノイ日本祭りのボランティアに参加しましたし、大学で体育会陸上競技部に所属していたので日越交流事業の駅伝大会にも出場しました。そういった新しい経験を増やして、たくさんの人と触れ合いたいとも考えています。ベトナムでの任期があとどれくらいかわからないですが、今後もグローバルに働き、良識ある国際人を目指したいです。


松本健嗣 まつもとけんじ

1986年生まれ。長崎県長崎市出身。大学卒業後、財務省本省や地方支分部局で勤務。2017年6月からジャイカへ出向となりハノイへ。現在は、ベトナムの運輸・交通インフラを担当。趣味は水泳やランニングなど。大の猫好きで、テレビや雑誌の特集が楽しみという。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナム人事のプロフェッショナルでありたい ベトナム人事のプロフェッショナルでありたい

2020年10月に本誌で実施した「読者アンケート」で、「ベトナムスケッチ特別インタビュー記事」に当選した稲垣成美さん。現…

ベトナム人実習生を我が子同様に育て教育、そして日本へ ベトナム人実習生を我が子同様に育て教育、そして日本へ

2019年10月に本誌で実施した「読者アンケート」で、「ベトナムスケッチ特別インタビュー記事」に当選した伊藤均さん。現在…

桂小春團治が初来越! 上方落語をベトナムで披露 桂小春團治が初来越! 上方落語をベトナムで披露

上方落語の国際派で、計13ヶ国を巡り各国の言語字幕を用いて落語を披露してきた桂小春團治氏が、2019年6月8日(土)にホ…

DA PUMPが初来越!「ジャパンベトナムフェスティバル」でパフォーマンスを披露 DA PUMPが初来越!「ジャパンベトナムフェスティバル」でパフォーマンスを披露

2019年1月19日(土)・20日(日)の2日間にわたりホーチミン市で開催された「第6回ジャパンベトナムフェスティバル」…

スケッチレポート/西野亮廣氏が/出版記念講演会を開催 スケッチレポート
西野亮廣氏が
出版記念講演会を開催

2017年10月4日(水)に『革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜』を上梓した、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮…

世界の子どもたちに教えたい、野球の楽しさとワクワクを 世界の子どもたちに教えたい、野球の楽しさとワクワクを

名球会がベトナムにやって来た。2017年2月のハノイに続き、9月は南部で少年野球教室「名球会ASEANベースボールプロジ…

「日本、アメリカ、ベトナムだけでなく、海外でメガホンをとる監督として活躍していきたい」 「日本、アメリカ、ベトナムだけでなく、海外でメガホンをとる監督として活躍していきたい」

ホーチミン市を舞台としたアクションコメディ映画『サイゴンボディガード』が2016年12月に封切られた。ベトナム出資、ベト…

「イベントを通じて、日本 の質の高い美容技術や総合 的なクリエイティヴィティ をアジアの若者に発信した いんです」 「イベントを通じて、日本 の質の高い美容技術や総合 的なクリエイティヴィティ をアジアの若者に発信した いんです」

今や日本を代表するポップカルチャーとなった “kawaii”ファッションやメイクを通じて日越の文化交流を図るイベント「日…

公演は生命線。僕らの芝居を1回しか見られない方にも何かを持ち帰ってもらいたい。 公演は生命線。僕らの芝居を1回しか見られない方にも何かを持ち帰ってもらいたい。

2016年5月中旬、江戸糸あやつり人形芝居をベトナム演劇と融合させ、意欲的な舞台『野鴨中毒』を披露した結城座。380年の…

初来越! ももいろクローバーZが歌って踊る! 初来越! ももいろクローバーZが歌って踊る!

世界中のみんなから、 「ももクロ知ってるよ」と言われたい 日本で絶大な人気を誇る「ももいろクローバーZ」が初来越! 3月…

あらゆる芸能の中で最も “弱いもの”、それが落語。/笑うこと以外許されない 空間で、本物の面白さを 味わってほしい あらゆる芸能の中で最も “弱いもの”、それが落語。
笑うこと以外許されない 空間で、本物の面白さを 味わってほしい

2016 年で第 9 回目を迎える「志の輔らくご IN HCMC、芸春~笑う門には春来たる~」が3月26 日(土)に「ニ…

人気芸人の宮川大輔とケンドーコバヤシが来越!/トークライブ「あんぎゃー」を開催 人気芸人の宮川大輔とケンドーコバヤシが来越!
トークライブ「あんぎゃー」を開催

ベトナムには、また絶対遊びに来たいです。 というか、「常にいたい」ですね。 2015年11月10日(火)、吉本興業の人気…

海外ドラマ初出演!/松下奈緒さんがハノイで記者会見 海外ドラマ初出演!
松下奈緒さんがハノイで記者会見

『タイヨウのうた』の現場では「シンチャオ」と言うと、 みなさん笑顔で返してくれました。 写真/勝恵美 TBSの連続ドラマ…