ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/12/05 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

目指したのは“自分が泊まりたい宿”
宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに

穴が空いた壁や天井を
完全リノベーションして開業

2017年8月15日にオープンしたゲストハウス「兎家(うさぎや)」。オーナーの石田安彦さんは、20歳から20年以上バックパッカーとして世界各国を旅行し、多くの宿泊施設を体験してきた。

「清潔さや美味しい朝食付きなど、自分がバックパッカーのときに感じていた“こうしてほしい”を詰め込み、細やかなサービスを提供しています。もちろん室料も最低限に抑えています」

開業から約1年間で宿泊客は1500人を超える。9割は日本人だ。

開業準備を始めたのは2017年2月。ベトナム人スタッフとホーチミン市内を見て回った。しかし目ぼしい物件が全く見つからず、5月まで粘ってそれでも無ければ日本に帰ろうと考えていた。

「20~30軒ぐらいは見たと思います。ギリギリで見つかったのが今の物件で、条件はほぼ満たしていたんですけど、天上にも壁にも穴が空いてるわ、ボロボロだわで、全てリノベーションしました」

草木や動物などが描かれた各部屋の壁はかわいらしく温かみがあり、2部屋分を繋げた1階のキッチンダイニングやリビングスペースには宿泊客が集まる。屋上に作ったテラスでバーベキューをすることもある。

「結果的に見つかって今の形があるので、ベトナムでゲストハウスを始めることができて良かったです」

「いってらっしゃい」と見送り、
「おかえり」と迎える

「口コミや紹介で泊まりにきてくれる人がいて、それが嬉しいですね」

“気に入ってくれたからだ”と自信に繋がる。オープン当初は人が全く来ず、18時には鍵を締め、たった1人の宿泊客を連れてローカル飯を食べに行ったこともあった。

「基本的に毎晩お客さんを誘って食事に行きます。“ど”ローカルは1人だとハードルが高いし、1人で来ても寂しくない宿だなって思ってもらえたらいいなと」

もともと大人数でわいわいするのが好きだった。日本にいたときにはバックパッカーのオフ会を開き、延べ1500人以上の参加者を集めた経験もある。

テラスでのバーベキューは1ヶ月に2~3回ほど。「朝から市場に買い出しに行って準備しなくちゃいけないので、大変なんですけどね」と笑う。時に日本語を学ぶベトナム人学生との交流会を開くこともある。宿泊客の繋がりから生まれた会だ。

やがて人が去っていくときには、「いってらっしゃい」と声をかける。

「どうせ、またどこかで会えるんですよ。なので、“さよなら”じゃないですね」

自分のバックパッカー経験の集大成ともいえる形を作り上げ、今後何をしていくかは悩み中だ。

「将来的には2号店、3号店を開きたいなと。でもそれには同じ気持ちの日本人がいないと無理ですね(笑)。同じクオリティを保たないと意味がないですから」

石田安彦 いしだやすひこ
京都府出身。20歳のときからアジア・ヨーロッパ・アフリカ・北中米などを旅する。2015年に渡越し、1年の駐在勤務を経て、2017年8月からホーチミン市公認ライセンス取得の兎家(うさぎや)ゲストハウスを1区にて運営している。

ウェブサイト:http://usagiyah.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

福田誠治・華子夫妻/「ステン・デ・クレンネ」 店主・ママ 福田誠治・華子夫妻
「ステン・デ・クレンネ」 店主・ママ
「おもしろそう」で4匹の猫と一緒にベトナムへ 久留米らしいおもてなしの憩いの場を 友人の誘いでケーキ工場へ コロナに翻弄...
伊藤 崇将・梨恵 夫妻/「花美」店主・女将 伊藤 崇将・梨恵 夫妻
「花美」店主・女将
成長を続けるスタッフと共に 愚直に良質の味とサービスを極める 公邸料理人の経験を元に ベトナムの地で挑戦 「日本のホテル...
浅井 友香里 さん/ネイリスト・アイリスト 浅井 友香里 さん
ネイリスト・アイリスト
他人にやさしいベトナムの人たちに 安心で安全なネイルで喜んでもらいたい 留学を機にネイルを仕事に 国内での立ち上げから海...
中野 崇之 さん/写真家・ 「インフィルベトナム」CEO 中野 崇之 さん
写真家・ 「インフィルベトナム」CEO
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 学びは一生、原点回帰。 ベトナムで写真道を行く 現地在住の写真家たちと ホーチミン...
米田 麻子 さん/「ママキッズサロン」 主宰 米田 麻子 さん
「ママキッズサロン」 主宰
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 子育てはみんなでしよう 子ども達の健やかな成長のために 保育士ならではの視点で 充...
ABE さん/「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト ABE さん
「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) ライブから日越文化活動まで いつでもどこでも“楽しい”に全力 素人バンドから10年...
羽根井 豊  さん/「ワナ」ファウンダー 羽根井 豊 さん
「ワナ」ファウンダー
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) レシピ動画と安心安全な食品の販売で ベトナムに食育の場を広げたい 実体験から食の安...
永嶋 茂  さん/「ニジゲンプロジェクト」 代表 永嶋 茂 さん
「ニジゲンプロジェクト」 代表
文/有田紳介 二次元アイドル「暁バンマイ」をデビュー! Vチューバ―の世界観を楽しんでほしい 若い自分を救ってくれた趣味...
松尾 英子 さん/「アスカサービス」 講師 松尾 英子 さん
「アスカサービス」 講師
文/佐々木朋美 接客業の経験を活かしベトナムでマナー研修 形だけでなく、相手を思いやる心を伝える ベトナムでも必須化する...
高野 有貴さん/「ホアリーダナン」 代表 高野 有貴さん
「ホアリーダナン」 代表
色とりどりのベトナム雑貨に囲まれて 夫婦で築いたオンリーワンの店 運命的な出会いが導いた ハノイ~ダナンへの移住   ダ...
伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表
環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「...
和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー
文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな...
川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表
文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント...
倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者
文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ...
二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表
自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを...
山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表
ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題...
池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表
日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン...
五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー
愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住...
小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表
素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する...
長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター
新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ...