ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/12/05 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

目指したのは“自分が泊まりたい宿”
宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに

穴が空いた壁や天井を
完全リノベーションして開業

2017年8月15日にオープンしたゲストハウス「兎家(うさぎや)」。オーナーの石田安彦さんは、20歳から20年以上バックパッカーとして世界各国を旅行し、多くの宿泊施設を体験してきた。

「清潔さや美味しい朝食付きなど、自分がバックパッカーのときに感じていた“こうしてほしい”を詰め込み、細やかなサービスを提供しています。もちろん室料も最低限に抑えています」

開業から約1年間で宿泊客は1500人を超える。9割は日本人だ。

開業準備を始めたのは2017年2月。ベトナム人スタッフとホーチミン市内を見て回った。しかし目ぼしい物件が全く見つからず、5月まで粘ってそれでも無ければ日本に帰ろうと考えていた。

「20~30軒ぐらいは見たと思います。ギリギリで見つかったのが今の物件で、条件はほぼ満たしていたんですけど、天上にも壁にも穴が空いてるわ、ボロボロだわで、全てリノベーションしました」

草木や動物などが描かれた各部屋の壁はかわいらしく温かみがあり、2部屋分を繋げた1階のキッチンダイニングやリビングスペースには宿泊客が集まる。屋上に作ったテラスでバーベキューをすることもある。

「結果的に見つかって今の形があるので、ベトナムでゲストハウスを始めることができて良かったです」

「いってらっしゃい」と見送り、
「おかえり」と迎える

「口コミや紹介で泊まりにきてくれる人がいて、それが嬉しいですね」

“気に入ってくれたからだ”と自信に繋がる。オープン当初は人が全く来ず、18時には鍵を締め、たった1人の宿泊客を連れてローカル飯を食べに行ったこともあった。

「基本的に毎晩お客さんを誘って食事に行きます。“ど”ローカルは1人だとハードルが高いし、1人で来ても寂しくない宿だなって思ってもらえたらいいなと」

もともと大人数でわいわいするのが好きだった。日本にいたときにはバックパッカーのオフ会を開き、延べ1500人以上の参加者を集めた経験もある。

テラスでのバーベキューは1ヶ月に2~3回ほど。「朝から市場に買い出しに行って準備しなくちゃいけないので、大変なんですけどね」と笑う。時に日本語を学ぶベトナム人学生との交流会を開くこともある。宿泊客の繋がりから生まれた会だ。

やがて人が去っていくときには、「いってらっしゃい」と声をかける。

「どうせ、またどこかで会えるんですよ。なので、“さよなら”じゃないですね」

自分のバックパッカー経験の集大成ともいえる形を作り上げ、今後何をしていくかは悩み中だ。

「将来的には2号店、3号店を開きたいなと。でもそれには同じ気持ちの日本人がいないと無理ですね(笑)。同じクオリティを保たないと意味がないですから」

石田安彦 いしだやすひこ
京都府出身。20歳のときからアジア・ヨーロッパ・アフリカ・北中米などを旅する。2015年に渡越し、1年の駐在勤務を経て、2017年8月からホーチミン市公認ライセンス取得の兎家(うさぎや)ゲストハウスを1区にて運営している。

ウェブサイト:http://usagiyah.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…

小谷尚孝さん/柔術家 小谷尚孝さん
柔術家

昨日の自分より、少しでもかっこいい人間に 勝ち負けだけではない柔術の「良さ」がある ダイエットをきっかけに 柔術に出会い…