ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2018/11/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金

ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控えるよう警告することを航空会社に指示した。

危険な事故は特に離着陸時に集中するため、航空会社は乗客がこのときに携帯電話やパソコン、音楽再生機器を使用しないよう厳重に注意しなければならない。機内での使用に対し300万~500万VND(約1万5000~2万4000円)の罰金が科される可能性がある。
(Phap Luat 10月5日, P. 9)

解説

「600万~750万VND」――これは、「ホーチミン市で1人が1ヶ月生活するのに最低必要な額は?」とベトナム人オフィスワーカー数名に尋ね、「貯金はできませんが」との注釈付きで出てきた数字です。

一般のベトナム人にもごく当たり前の交通手段になった飛行機。地方空港の施設にも美しいものが増え、航空会社の新規参入や空港の拡張・新設の話題も尽きません。

飛行機の利用者が増加する一方で、トラブルやハプニングも増加しています。「荷物に爆弾が…」と冗談で口にしてみたり、非常口を開けてみたり……。飛行機の利用で気持ちが高ぶっているのか、地上係員などに暴力をふるうというニュースもよく聞きます。数年前には、歌手が4歳の息子に座席でおしっこをさせたことも話題になりました。ちょうど着陸時のトイレ制限時であったためエチケット袋にさせて、“一滴たりとも外に垂らしてない”などと弁明しましたが、400万VNDの罰金が科されたようです。

係員に暴力をふるうといった悪質なケースは、国際線を含めベトナムで運航されている全ての航空会社の一定期間の利用禁止などの処分になります。2017年には搭乗禁止処分が40件ほど出ているようです。

ただ、搭乗禁止となっていたはずの人のすり抜け事例も、今年報道されています。

「労働者の食事」規定を労働法に導入か

ベトナム労働総連合は2018年10月9日(火)、繊維・履物業界の労働者の食事セミナーを開いた。

総連は2016年、工場労働者の社食1食のコストを1万5000VND以上にすることを目標に、企業に食事の質向上を促したが無関心な企業は多く、特に同業界は労働者が多いものの栄養への関心が低い。総連は、労働法の改正時には労働者の食事を雇用主の責任として規定すべきと主張している。
(Thanh Nien 10月10日, P. 7)

解説

食事は、特にベトナムの工場においてはストライキの原因になりやすく、円滑な労使関係を築くために軽んじてはならない問題です。

日系企業ではあまり聞きませんが、その他外資企業では食事を一因とするストライキがたびたび報道されています。食事の質の低さや衛生面で従業員に不満が募ることが多いようです。工場では集団食中毒が発生することも多く、これも社食の費用設定と無関係ではないと思います。

工場労働者は低賃金で、定時勤務だけでは食べるのがやっと。残業や副業をして収入を増やしつつ、食費をできる限り切り詰めるというのが一般的な工員像であり、栄養豊かな食事を自宅で十分にとれないため、工場で会社負担などで提供される給食は非常に重要なものと言えます。

記事にある1食1万5000VNDは約70円。給食業者の中には大きく費用を切り詰めて食材調達する例もあり、実際に労働者が口にする食事はこの金額相当にもなっていない可能性があります。こういった切実な現状が、食事について法律に盛り込むべきという考えに至っている一因と考えられます。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

カラオケ騒音問題、 年末までの解決を目指す 2021年、カラオケ騒音問題の徹底解決をはかるため、ホーチミン市人民委員会は…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

不用品をコメと交換、 ホーチミン市の取り組み ホーチミン市の複数の地域で、ゴミをお金やコメなどと交換する取り組みが進めら…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

年末に増加する、 偽ブランドショップ ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位 ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…