ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

古賀昇さん
キックボクシングジム運営

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/10/05 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営
見通しのないスタートから走り続けた4年間

始まりはとてもシンプル
自分の練習場所を作ろうと思った

サンドバッグを相手に構えると、スッと目つきが鋭くなる古賀昇さん。キックボクシングを始めたのは約10年前になる。現在、ホーチミン市1区で「サンライズ・キックボクシングジム」を運営しており、2018年4月に5年目を迎えた。

「ベトナムに来たきっかけはキックとは全く関係なかったんですけど、キックはやりたかったのでローカルのジムに通っていました」

2013年に来越した当初は、ジムの運営などまるで考えていなかった。
「自分のキック練習などに関してブログを書いていたら、キックをやりたいという日本人の方たちから問い合わせがあって。それなら…と、集まって公園で野外練習をするようになったんです」

半年ほど経ち、参加人数も増えた。雨季の不便さに頭を悩ませていた頃、「じゃあ自分でジムを作ってしまおう」と考えるように。
「ベトナムって、“無ければ作ればいい”の精神がありますよね。僕のジムもそれでした」

サンドバッグを吊り下げる器具も、知り合いのローカル鋼鉄店でオーダーメイドした。
「前例がなかったから、見通しも何もない。やってみないとわからないと思っていたし、とりあえず半年でもやってみて人が増えなかったら畳むつもりでもいたんです」

ジム開設から丸4年が経った今、強さを追求する猛者ばかりが常連となり、現在の会員数は9人ほどだ。

“勝つ”という結果が全ての格闘技
ジム運営も“継続”という結果を求めた

「帰任した後も日本でキックボクシングを続けて、短期出張の際に寄ってくれる元会員の方もいます。嬉しいですね」
ジム運営が安定してきた今が転換期だとも感じている。新たな試みとして、自身が一括管理するだけでなく、ジムでの経験を積み相応の実力がある会員には、彼らの知り合いを連れて来て教える場にして構わない、と話している。

「ジムの在り方としては今がベストだと思っています。これからは、現在のジム運営の形をきちんと保っていけるよう、補填するための他の事業に力を入れていくつもりです」

もともとジムの規模を大きくし、自分がプレーヤーではなく雇用などを含めた完全なマネジメントに回るつもりはなかった。
「強さを純粋に追い求め続け、“勝ち”という結果を出した者が強者となるのが格闘技。プレーヤーとしてその楽しみを貫くためにも、ジム運営を生活の糧にするつもりはなかったんです」

格闘技の世界では例えどんなに考えが立派であっても、結果弱いと誰にも見向きされない。自分を客観的に見つめ、弱さを認め、逃げずに向き合っていくことで強くなる。

「ジム運営も、継続できなければそこで終わり。格闘技の姿勢は、日々の生活や仕事の質を上げ結果を出すことにも繋がります。試行錯誤を繰り返しながらも、“キックが出来る場の提供、それを維持し続けてきた”という結果を出せて良かったなと思います」

古賀昇 こがのぼる
1985年佐賀県生まれ。19歳からキックボクシングを始める。2013年、27歳のときに来越。2014年4月から、ホーチミン市1区グエンヴァントゥー(Nguyen Van Thu)通りの路地にて「サンライズ・キックボクシングジム」を運営している。

ウェブサイト:https://ameblo.jp/keneikick-k

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…

小谷尚孝さん/柔術家 小谷尚孝さん
柔術家

昨日の自分より、少しでもかっこいい人間に 勝ち負けだけではない柔術の「良さ」がある ダイエットをきっかけに 柔術に出会い…

濱田恵理子 さん/画家 濱田恵理子 さん
画家

ハノイの“今”の風景を芸術作品にして残す ベトナムに伝わる絵画技法を受け継ぎ広めたい ハノイで本格的に画家活動 ベトナム…

小嶋宏弥 さん/プライベートネイルサロン 「美沙那」代表 小嶋宏弥 さん
プライベートネイルサロン 「美沙那」代表

ネイルが好きで好きで仕方ない 日本の技術とサービスをベトナムにも ネイルとの出会いは10代の頃 今も夢中で追いかけている…

竹森美佳 さん/「アジア工芸社」代表 竹森美佳 さん
「アジア工芸社」代表

伝統文化や環境に配慮したモノづくりを通して 持続可能なライフスタイルを守りたい 時を経て味わいが増す手仕事品 ベトナムク…

遠藤 亜矢子 さん/「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営 遠藤 亜矢子 さん
「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営

カカオについて、見て、触って、聞いて チョコレートの深みを知ってほしい 独立してカカオに出会い その可能性に魅了された …