ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/08/05 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

画家を目指してやってきたわけではない
絵も人生も、積み重ねた結果が今の形

いろんな縁が繋がって
ベトナムで絵を描いている

「エネルゲイア/Energeia」とは、アリストテレス哲学の用語で、可能性が具現化している状態を示す。2018年8月6日(月)まで、カフェ「ルージーンレタントン店」で行われている、山洋平さんの個展のタイトルの一部だ。
「可能性である種が行動として具現化している=成し遂げている、とする概念で、僕は絵を描く能力を種として持っていて描いている状態がエネルゲイアである、というか。僕の得意なことがたまたま絵だったんです」

子どもの頃から熱心に絵を描いてきたわけでも、美術を学んできたわけでもない。絵描きになりたいと思ったこともなかった。
「2009年にフランスのアルルに行ったとき、暇つぶしに道で絵を描いていて。その絵に道行く人から興味をもってもらえたんですよね」

それから真剣に絵を描くようになった。

「2011年頃からはフランスで生活していたんですが、場所に慣れて飽きてきちゃって。知らない土地のほうがワクワクするんです」

山さんが現在所属するヴィンギャラリー(Vin Gallery)は、ホーチミン市2区にある。2012年に東京の個展で出会ったオーナーのシュヴィン・スン(Shyevin S’ng)さんと、4年ほど前から一緒に仕事を始めた。2015年に個展開催で初めてホーチミン市を訪れ、雰囲気に惹かれ、2017年5月にベトナム・ホーチミン市へ移住した。

「いろんな出会い、運と縁があって、結果として今ベトナムで絵を描いている感じですね」

描きたいものを描き続けた
結果として完成形があるだけ

「オプアートを描いているわけではなくて、自分の望むままに描いていたらオプアートのような形になったんです」

山さんの作品がカテゴライズされるオプアート(Op Art)とは絵画作品のジャンルの1つで、騙し絵のように特殊な視覚的効果を与えるよう計算された絵画のことだ。

「この世界はとてもファンタジー。人は地球という星の上で生きていて、地球は太陽系の一部で、それは天の川銀河の一部で…。すごく不思議な世界のはずなのに、日常の仕事とかについ意識をもっていかれちゃう。それでも人はそれぞれの映画の主人公で、それぞれ異なる視点を持っているはず」

作品にはそんな考えが表現されている。

「これを描こう」と最終形態を目指して描くことはない。描き続けてキャンバスが埋まった結果として、完成画がある。
「人生も『こうしよう』と決定してきてなくて。なりたいものにはなれなかったし、なれる人なんて極僅か。でも、得意なことはあるはずで、みんながそれを発揮できたら世界のクオリティが上がると思う。僕も目標はないけれど、いけるとこまでいきたいとは思います」

作品は人生の時間をかけて生み出した、自分のかけらのようなものだと話す。
「僕が生きた証、みたいなもので。描いてないと意味がなくて、生活みたいな感じ」

終始落ち着いたトーンで話す山さん。自然体でいられるのは、今自分ができることを淡々と続けているからなのだろう。

山洋平 やまようへい
1977年埼玉県生まれ。2009年から日仏を行き来しながら、絵画作品を発表し、2011年にフランスへ移住。2017年5月、ホーチミン市へ。2018年8/6(月)までルージーンレタントン店にて「シーズンエネルゲイア/Season Energeia」を展示中。
ウェブサイト:http://yoheiyama.net

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

中野 崇之 さん/写真家・ 「インフィルベトナム」CEO 中野 崇之 さん
写真家・ 「インフィルベトナム」CEO

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 学びは一生、原点回帰。 ベトナムで写真道を行く 現地在住の写真家たちと ホーチミン…

米田 麻子 さん/「ママキッズサロン」 主宰 米田 麻子 さん
「ママキッズサロン」 主宰

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 子育てはみんなでしよう 子ども達の健やかな成長のために 保育士ならではの視点で 充…

ABE さん/「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト ABE さん
「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) ライブから日越文化活動まで いつでもどこでも“楽しい”に全力 素人バンドから10年…

羽根井 豊  さん/「ワナ」ファウンダー 羽根井 豊 さん
「ワナ」ファウンダー

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) レシピ動画と安心安全な食品の販売で ベトナムに食育の場を広げたい 実体験から食の安…

永嶋 茂  さん/「ニジゲンプロジェクト」 代表 永嶋 茂 さん
「ニジゲンプロジェクト」 代表

文/有田紳介 二次元アイドル「暁バンマイ」をデビュー! Vチューバ―の世界観を楽しんでほしい 若い自分を救ってくれた趣味…

松尾 英子 さん/「アスカサービス」 講師 松尾 英子 さん
「アスカサービス」 講師

文/佐々木朋美 接客業の経験を活かしベトナムでマナー研修 形だけでなく、相手を思いやる心を伝える ベトナムでも必須化する…

高野 有貴さん/「ホアリーダナン」 代表 高野 有貴さん
「ホアリーダナン」 代表

色とりどりのベトナム雑貨に囲まれて 夫婦で築いたオンリーワンの店 運命的な出会いが導いた ハノイ~ダナンへの移住   ダ…

伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表

環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「…

和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー

文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな…

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…