ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/04/16 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ
自分のデザインが形になるのが楽しい

あのときズボンが破れていなければ
今ベトナムにいないかもしれない

日本でグラフィックデザイナーをしていた鈴木トミコさんが、バックパッカーとしてタイ、マレーシア、シンガポールなどアジア各国を回りベトナムを訪れたのは、今から約20年前のことだ。

「ホーチミン市1区のデタム(De Tham)通りを歩いていたときにズボンが破けて、近くのお店で直してもらったんです。その店の主人が『うちで作った商品を日本で売っているフランス人がいる』という話をしてくれて。あ、自分もその方法でやろう!って思ったんです」

帰国後、百貨店や駅ビルでのイベントを経て、東京・恵比寿に雑貨店「ティルタガンガ」を構えた。主に販売したのはホーチミン市のアトリエで作ったアオザイたち。当時日本で起こっていたベトナム文化の流行りに乗り、繁盛した。

「でも、ベトナムブームも終わってしまって。次は何をやろうかなって考えたときに、べトナムには刺しゅうがあるから、それでバッグを作ろうと思ったんです」

日本で3年間、革職人に弟子入りしてバッグ製作を修行、2009年に拠点をベトナムに移した。こうして刺しゅうバッグブランド「パンガンダラン」が誕生する。

「バッグは製作工程が多く、自分がベトナムにいないと難しいので住むことにしたんです。ベトナムとの縁の全ての始まりはズボンが破れたこと。それがなかったら、今ここにいないと思いますね」

手間も時間もかかる刺しゅうバッグ
それでも楽しいと思える瞬間がある

「1番好きなのは、やっぱりデザインするときですね。大変だし、ウンウン唸りながらやるんですけど(笑)」

「パンガンダラン」の店内に並ぶバッグやポーチの1つひとつについて説明する姿にも、愛情の深さが感じられる。

「このバッグはナイロンなのですごい軽いんですよ。麻やコットンなど生地や材料は、ベトナムで自分で調達しています」

まずは、生地をデザインと一緒に刺しゅう職人に渡し出来上がったら、自ら型通りに生地を切り、革と合わせて革職人へ。職人は手刺しゅう、ミシン刺しゅう、革の工程に各数人いるが、主力メンバーは開業時から変わらない。

1つのバッグが出来るのに、最短でも2ヶ月の時間を要するという。

「生地や革をデザインするのは自分でも、実際に出来上がったときにはまたイメージが変わるので、面白いんです」

刺しゅうバッグのデザインを始めた当初は、思い描いたものと異なる出来上がりになってしまうことがよくあった。

「この色にはこれ、この生地はこっちが良いとか、だいぶわかるようになりました」

人気シリーズ(写真内の鈴木さん所持)は2ヶ月ごとの製作サイクルで新デザインを加える。4月にはまた新しい絵柄や色のバッグが店頭に並ぶ予定だ。

「これからは、お土産向けの商品も増やしていけたらなと思ってます」

鈴木トミコ すずきとみこ
日本でグラフィックデザイナーとして勤務。1年間アジアを旅した後、東京でアジア衣料雑貨店をオープン。2009年に来越し、「パンガンダラン/pangan daran」を立ち上げた。現在はホーチミン市1区チャンフンダオ(Tran Hung Dao)通りに店を構える。
ウェブサイト:http://pangandaran.jp

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…

小谷尚孝さん/柔術家 小谷尚孝さん
柔術家

昨日の自分より、少しでもかっこいい人間に 勝ち負けだけではない柔術の「良さ」がある ダイエットをきっかけに 柔術に出会い…

濱田恵理子 さん/画家 濱田恵理子 さん
画家

ハノイの“今”の風景を芸術作品にして残す ベトナムに伝わる絵画技法を受け継ぎ広めたい ハノイで本格的に画家活動 ベトナム…

小嶋宏弥 さん/プライベートネイルサロン 「美沙那」代表 小嶋宏弥 さん
プライベートネイルサロン 「美沙那」代表

ネイルが好きで好きで仕方ない 日本の技術とサービスをベトナムにも ネイルとの出会いは10代の頃 今も夢中で追いかけている…

竹森美佳 さん/「アジア工芸社」代表 竹森美佳 さん
「アジア工芸社」代表

伝統文化や環境に配慮したモノづくりを通して 持続可能なライフスタイルを守りたい 時を経て味わいが増す手仕事品 ベトナムク…

遠藤 亜矢子 さん/「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営 遠藤 亜矢子 さん
「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営

カカオについて、見て、触って、聞いて チョコレートの深みを知ってほしい 独立してカカオに出会い その可能性に魅了された …