ベトナムスケッチ > ベトナム特集 > 今月の特集 > ...

ベトナム生まれの手作り陶器

タグ:, , ,
カテゴリ:今月の特集, 未分類
更新:2018/01/20 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

再び復活を遂げつつある

庶民のライティウ焼き

通常は10個単位で売られるライティウ焼き。プラスチック製に取って代わられるまで、一般家庭や屋台で使われる庶民的な食器だった。製造工程でひびが入ったり割れたりしやすく、使用中に欠けたり割れたりしても、すぐに新しいものに代えられる安さが魅力

北のバッチャンに対し、南の焼き物といえば通称“ソンベー焼き”だ。17世紀に中国・福建省から現ドンナイ(Dong Nai)省ビエンホア(Bien Hoa)に伝わり広まった、旧ソンベー(Song Be)省近隣の陶器を指す。とくに現ビンズオン省トゥアンアン町の「ライティウ焼き/Gom Lai Thieu」が有名で、一般に“ソンベー焼き”と呼ばれるものは実はライティウ焼きが多い。成型して釉薬をかけ、クロム、銅、コバルト、酸化鉄などの顔料を混ぜたもので絵付けし、効率よく焼くために何重にも積み重ね、登り窯で1200℃以下の低温で焼く。一時は工場の数が激減したが、壊れやすいものの素朴な味があることから、最近ではその良さが見直されている。

 

柄のバラエティが豊富な小皿。各5万VND

店名「トゥーフー」とは、托卵で知られるカッコウのこと。ライティウに伝わる伝統製法を守りつつ、従来の意匠を若い世代にも受け入れられやすいデザインにアレンジして、手頃な価格帯の作品をすべて手作りしている。2区の本店他、ベトナム料理店「クアンブイ/Quan Bui」(17A Ngo Van Nam St., Dist. 1, HCMC)などでも販売。

住所:42, Duong So 41 St., Thao Dien Ward, Dist. 2, HCMC
電話:090 694 7488
営業時間:(月・金・土曜)9:00~19:00、
(火~木曜)9:00~15:30
休日:日曜
Facebook:@tuhuceramics
ウェブサイト:www.tuhuceramics.com

 

花柄の小皿1万2000VND、青縁の中皿1万5000VND、花柄の中鉢1万6000VND、小蓋物(小)2万5000VND、茶碗9000VND(いずれも10個購入の場合の1個あたりの値段)

ホーチミン市から車で約45分の場所にある、ライティウ焼き工場の販売店。一時工場を閉めていたが、最近の需要の高まりを受けて再開。広い敷地内に食器類から家具や装飾品まで、ありとあらゆる種類と数の陶器がそろい、料理店が買い付けに来ることも多い。食器類はセット売りのみで、ばら売りはしていないので、数人で購入するのがおすすめ。

住所:120 Gia Long St., Long Thoi Area, Lai Thieu, Thuan An, Binh Duong Province
電話:090 360 0215 / 090 695 5485
営業時間:8:00~21:00
Facebook:@vuonnhagom
ウェブサイト:www.vuonnhagom.vn

看板などが出ていないため、近づいたら電話で場所を確認するのがベスト(ベトナム語)

 

植木鉢各2万VND、ライティウ焼きの小皿各3000VND

ビンズオン省の各種陶器の卸売り&小売り専門店。壺などの取り扱いが多いが、向かって左手の店舗には各種皿や植木鉢などが揃う。大量の陶器が積まれているので、1つ1つ手に取って確認してからの購入がおすすめ。ベトナム語のみだが、値段は電卓で示してくれるほか、複数購入すれば値引きにも応じてくれる。

住所:23 Nguyen Chi Thanh St., Ward 9, Dist. 5, HCMC
電話:090 783 3907 / 090 812 6634
営業時間:7:30~19:00

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

昔ながらのベトナムの知恵<br>ハーブ&スパイス美的生活 昔ながらのベトナムの知恵
ハーブ&スパイス美的生活

ベトナムにも昔から、自然の恵みを利用した民間療法がある。なかでも市場で気軽に手に入る身近なハーブやスパイスを手に入れて、…

経験談から知る<br>本帰国後の学校選び 経験談から知る
本帰国後の学校選び

ベトナム暮らしが終わりを告げると同時に、本帰国や他国への赴任には準備が必要だ。子どもの学校選びもその1つ。先輩の体験談を…

健康を支えてくれる白い恋人 ベトナム★ミルクラブ 健康を支えてくれる白い恋人 ベトナム★ミルクラブ

健やかな毎日を送るのに欠かせない、自然の栄養がいっぱい詰まった牛乳。店頭でよく目にする有名メーカー以外にも、街中の牛乳屋…

オフィス&学校の強い味方 ベトナム快適文具 オフィス&学校の強い味方 ベトナム快適文具

4月は異動や転職、入学などで新しい文房具をそろえたい季節。仕事用なら、オリジナリティがあり仕事が楽しくなるアイテムをおさ…

愛され続けるベトナムの国民食Mì Gói三昧 愛され続けるベトナムの国民食Mì Gói三昧

ベトナムで即席麺(ミーアンリエン/Mi An Lien)と言えば、中華麺(ミー/Mi)を包んだ(ゴーイ/Goi)袋麺「ミ…

愛のカタチは進化する ベトナム 恋愛白書 愛のカタチは進化する ベトナム 恋愛白書

時代が変われば、人々の考え方も変化するもの。日本では恋愛や結婚の価値観がひと昔前と大きく変わっていると言われているが、ベ…

北・中・南部、各地で味もマナーも違う!<br>ベトナムの食卓 北・中・南部、各地で味もマナーも違う!
ベトナムの食卓

国土が南北に長いベトナムは、地域によって言葉から気候までそれぞれ特徴が異なる。今回はとりわけ違いがよく分かる「食卓」に着…

おいしい・ヘルシー・ビューティフル!<br>愛しのベジごはん おいしい・ヘルシー・ビューティフル!
愛しのベジごはん

栄養価が高いうえ、満足感があってセンスも抜群。ベトナムにはベジタリアンフードを提供するカフェやレストランが街中にたくさん…

週末アクティビティのすすめ<br>俺たち、GET WILD! 週末アクティビティのすすめ
俺たち、GET WILD!

疲れを言い訳に週末ステイホームでだらだら過ごすなんてもったいない! そんな諸君を代表してベトナム在住の働く男たちに、初心…

自分が自分らしくあるために、声を上げてきたベトナムの人々<br>ベトナムの虹のむこうに 自分が自分らしくあるために、声を上げてきたベトナムの人々
ベトナムの虹のむこうに

「LGBTsに関して、ベトナムはオープンだ」。近年そういった声が聞こえるのは、さまざまな運動が続けられてきた背景がある。…

いまさらですが、主役に注目<br>ベトナム米・徹底解剖! いまさらですが、主役に注目
ベトナム米・徹底解剖!

米を主食とするベトナムでは、魅力的な米文化が育まれてきた。輸出大国でもある名産地だけあり、米の品種は200種以上に上るう…

モデル4 0 人に聞きました! ベトナム人がスリムな理由ワケ モデル4 0 人に聞きました! ベトナム人がスリムな理由ワケ

体の肉付きが気になる人も、年中無休のダイエッターも、参考にすべき痩身法がベトナムにある! 世界保健機構(WHO)が195…

知る人ぞ知るベトナムご当地名物 3度目のお土産 知る人ぞ知るベトナムご当地名物 3度目のお土産

定番土産は配り終え、流行のおしゃれアイテムも渡した。さて、次は何を贈ろう‥。そんな時は、「日本人はあまり知らない、とって…

新しい価値観が生まれる ベトナムオルタナティブクリエイターズ! 新しい価値観が生まれる ベトナムオルタナティブクリエイターズ!

世界に台頭するアジアのカルチャー。2020年、ここベトナムも、土地に根付いた文化に敬意を払いながら、しなやかに新しい表現…

職人技と美学は 国を越えてベトナム人が繋ぐ日本文化 職人技と美学は 国を越えてベトナム人が繋ぐ日本文化

日本人が継承してきた伝統文化は、職人の高齢化や人手不足が問題視されている。一方、ベトナムにその技術を伝え、担い手を育成・…

創刊20周年特集ベトナムと日本人の20年 創刊20周年特集ベトナムと日本人の20年

『ベトナムスケッチ』は2000年4月の創刊以来、ベトナムの発展と共にこの20年を過ごしてきた。同期間、この国と関わり続け…

お詫びと訂正 お詫びと訂正

『ベトナムスケッチ』2020年4月号の特集p.10「数字で見る20年史 日本とベトナムの熱い関係」の記述に一部誤りがあり…

体にやさしく、子どもにも安心。 ヘルシースイーツを、手土産に。 体にやさしく、子どもにも安心。 ヘルシースイーツを、手土産に。

家にお呼ばれした時などの手土産にはスイーツが便利だ。でも、各家庭で子どもに禁止令を敷いていたり、ダイエット中で控えていた…

地域の担い手  伝統継承者 地域の担い手 伝統継承者

ベトナム各地に存在する伝統工芸村。そこではどんな伝統技術を、誰がどのように受け継いでいるのか。近年観光地としても人気を集…

新年を華やかに。中部料理万歳! 新年を華やかに。中部料理万歳!

ベトナム中部のフエ、ホイアン、クアンナム、ニャチャンの料理は「中部料理」と一括りにされることが多いが、多少なりとも地域差…