ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2017/06/24 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

25㎡のマンション建設認める
建設省

建設省は、ホーチミン市のダットラン(Dat Lanh)不動産社に対し、25㎡の商業マンション建設を認めた。

2005年住宅法でマンションの床面積は1戸45㎡以上と定められていたが、多くの地方・企業から30~40㎡の物件建設許可が提案されていた。

建設省は、1~3人の居住ができ都市部のニーズに合い、小面積物件は外国でも認められていると説明している。

(『Tuoi Tre』2017年5月5日、p.08、『Thanh Nien』2017年5月17日、p.12

解説

単身者が地域に定着しないという理由から、日本ではワンルームマンション建設のピークは過ぎました。現在では専有面積拡大やファミリータイプとの併設義務といった規制もみられます。

一方ベトナムでは、これまで実家での同居やルームシェアが一般的でした。しかし近年、低価格かつプライベートな空間を持ちたい低所得者、単身者、若い家族といった人々の間で大型都市区や工業団地における小面積マンションの需要が高まっており、すでに多くの地方で小規模マンションが建設されています。ホーチミン市では、既存マンションの1戸を2戸に分割する全体改修を行った物件もあります。

なお、45㎡の最小面積規制も2014年住宅法で廃止されています。

建設省は現在、集合住宅に関する技術基準の公告準備を進めており、これを待つ間、商業マンションは暫定的に、社会住宅と同じ25㎡を最小面積基準として適用できます。

近年不動産の値上がりが続くベトナム。不動産は最良の投資対象と考えられており、投資目的の購入者は非常に多く、転売も盛んに行われるなど、日本のバブル期を彷彿とさせます。

豚肉の消費促進を指示
供給過剰で

首相は2017年4月29日(土)、工業団地や軍隊などでの豚肉の消費促進や、買上を強化し冷凍保存すること、母豚の頭数削減などを指示した。2016年末からこれまで、生産が過熱し供給が需要を超えた状態になり、豚の出荷価格が以前の半値近くに下がっている。

このほか首相は、飼料や獣医薬など養豚業者のコスト抑制策や返済繰延べ、市場に合わせた品種調整、飼料工場の新規開設制限なども指示した。
(『VnExpress』2017年4月29日)

解説

農業農村開発大臣は、養豚業者の出荷価格が急落している問題について、①豚肉がベトナム人の食卓の主役でなくなりつつあるなか、供給が需要を超えていること、②生産、加工、販売までの業界構造に弱点があり、販売先が見つからず品余りが生じていることの2つを主因に挙げています。

農業農村開発省によると、ベトナムでは2900万頭の豚が飼育されているそうです。この数字は世界第4位となり、もともと飼育数が多いのですが、これまで頼っていた中国への国境貿易による輸出が引き締められ販売先が失われたこと、これまでに豚が大きく値上がりしていたことで養豚業者が増えすぎていたこと、小規模業者が多く業界全体としてコントロールし難い状態にあったこと、高コスト体質であったことなどがダメージの大きかった原因と見られます。

販売先の問題としては大規模な食肉加工業者が少ないことも挙げられます。一方で消費者への小売価格は高止まりしており、これは中間業者の多さが原因にあります。現在、スーパーなどでは豚肉の割引セールを実施するなどして、積極的に消費を促しています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

カラオケ騒音問題、 年末までの解決を目指す 2021年、カラオケ騒音問題の徹底解決をはかるため、ホーチミン市人民委員会は…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

不用品をコメと交換、 ホーチミン市の取り組み ホーチミン市の複数の地域で、ゴミをお金やコメなどと交換する取り組みが進めら…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

年末に増加する、 偽ブランドショップ ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位 ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…