ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2017/06/16 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに
もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して

ni hon jin

ホーチミン市10区に店を構える「ラーメンエノ/Mi Eno」店主の榎本俊明さんは、「日本人経営のラーメン屋として世界一安く、おいしい店」を目指して2015年1月に開業。1杯3万VNDという破格の値段が若者を中心にインターネット上で話題を呼んだ。

初来越は2006年。カメラマンのアシスタントとして働いたが、独り立ちできずに終わり、その後は職を転々とする。30歳を過ぎた頃、人生の先輩と慕う人に「このままではホームレスになってしまうぞ。おまえの一番好きなことは何だ!」と叱咤され、真っ先に浮かんだのが「ラーメン二郎」だった。

「僕は火がつくまでが他人より遅い。周りに後押しされ、心の炎を燃やしてもらっています」

いったん日本に帰国し、ラーメン二郎歌舞伎町店でアルバイトに明け暮れた。「人に雇われるのが大の苦手」というが、「辛い修行の中でも、大好きな二郎で働ける喜びを噛み締める日々でした」。

その後、再び来越して開業。当初は1日10杯さえ売れない日があるなど、試行錯誤の毎日が続いた。フォーなどベトナム麺のスープは透明で薄味が多く、しょうゆや味噌を入れた濃いスープの見た目や塩加減がなかなか受け入れられない。また、ベトナムのメディアに誤って “UDON”と記載されることがあるコシが強い極太の麺は、評価が大きく分かれるという。

「10人中6人が、再来店をしない」のが実情だが、かつて榎本さんが二郎に魅せられたように、熱狂的な“エノファン”もじわじわと出現。ほぼ毎日来店しては黙々と食し、さっと帰っていくベトナム人学生がいる。

「彼が来ないと、そわそわして不安になっちゃって」と笑う。その口数少ない学生が、「いつもと味が違う」と小声で意見してくれることもあるそうだ。

「毎日通ってくれているからこその気づき。エノに対する深い愛情を感じられ、本当にありがたく思っています」

厨房で黙々と麺を茹でる榎本さんの姿は、まさに職人。味を管理する自分の持ち場を守り、接客はスタッフに任せているのかと思いきや、「今の店は自分の理想とはかけ離れてしまっています」と思わぬ答えが返ってきた。

「店作りに関してはど素人。力及ばず、お客様とのコミュニケーションができていない状態です」と肩を落とす。

今一番の願いは、「『おうっ! 元気にやってるの?』なんて、ごくごく普通の会話が飛び交う温かな店にすること」。店に集う学生が社会に出て家庭を築いても、10年20年と通い続けてもらうために、「何とかして現状を打破しなければ」という思いがある。

実は、店舗の賃貸契約満了にともない2017年5月をもって閉店を決意。「自分の考えを持ち、実直な仕事をしたい」と新たな挑戦を目論んでおり、再始動は半年後を予定している。

「いつの日か“ラーメン”ではなく、『ミーエノ』が好きと多くの人に言ってもらいたい。ベトナムで1番のラーメン店を目指し、自分らしく突き進んでいきたいです」

榎本俊明 えのもととしあき
東京都出身。2006年に来越し、休職中にベトナム語を学ぶ。帰国後「ラーメン二郎」でのアルバイトを経て、2015年1月に再来越。「ラーメンエノ」を開業した。ベトナム人と日本人のコミュニケーションの場として、日越交流教室を無料で開催。閉店後の今も継続している

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…

小谷尚孝さん/柔術家 小谷尚孝さん
柔術家

昨日の自分より、少しでもかっこいい人間に 勝ち負けだけではない柔術の「良さ」がある ダイエットをきっかけに 柔術に出会い…

濱田恵理子 さん/画家 濱田恵理子 さん
画家

ハノイの“今”の風景を芸術作品にして残す ベトナムに伝わる絵画技法を受け継ぎ広めたい ハノイで本格的に画家活動 ベトナム…

小嶋宏弥 さん/プライベートネイルサロン 「美沙那」代表 小嶋宏弥 さん
プライベートネイルサロン 「美沙那」代表

ネイルが好きで好きで仕方ない 日本の技術とサービスをベトナムにも ネイルとの出会いは10代の頃 今も夢中で追いかけている…

竹森美佳 さん/「アジア工芸社」代表 竹森美佳 さん
「アジア工芸社」代表

伝統文化や環境に配慮したモノづくりを通して 持続可能なライフスタイルを守りたい 時を経て味わいが増す手仕事品 ベトナムク…

遠藤 亜矢子 さん/「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営 遠藤 亜矢子 さん
「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営

カカオについて、見て、触って、聞いて チョコレートの深みを知ってほしい 独立してカカオに出会い その可能性に魅了された …