ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2017/05/25 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

機能食品が急伸
健康意識の高まりで

保健省によると、2014年に新規登録された機能食品は1062点だったが、2015年には1万493点にまで増加し、2016年は9ヶ月で8008点(国産4855点、輸入3153点)となっている。

また、10年前には全国13ヶ所しかなかった機能食品の生産施設は、2016年には輸入・メーカー計4000社(うち国内生産施設837社)に達している。

(『Thoi Bao Kinh Te Sai Gon Online』2017年4月10日)

解説

「日本からコラーゲンを買ってきて」。一時帰国の際、ベトナム人にこう頼まれたことがある在住日本人は結構いるのではないでしょうか。現在ベトナムでは、所得や健康意識の向上からサプリメントなどのいわゆる機能食品の利用が伸びており、日本製品では霊芝なども人気のようです。

機能食品を使用する成人の割合はハノイで6割、ホーチミン市で4割に上るという数字もあり、国内外の多くの企業がこの市場を狙っています。筆者の周囲では若者よりも中高年に利用者が多いでしょうか。新聞などを見ても、実に様々な商品の広告が掲載されています。最近ではフィットネスジム利用者の増加もあってか、プロテインなどの販売も目立ちます。

一方、日本製品などで効果や用量等をよく分からないまま使用している人が多く、こういった消費者の知識不足に付け込んだ商品の偽造、品質や商標、産地などの偽装も複雑化しており、特にホーチミン市とハノイで多いそうです。偽造品・悪質品は中国から国境貿易などで入るものがほとんどで、パッケージや産地を変えるなどして全国各地で販売されています。

小学生にICタグ持たせ行動把握
渋滞・安全対策の一環

2017年3月31日(水)に開かれたホーチミン市との会議で1区人民委員会は、児童の安全を確保しつつ交通渋滞を抑制する対策の一環として、ICタグ(チップ)を持たせたり、バスに監視カメラを設置したりすることを提案した。渋滞を抑制するために児童を徒歩・バス通学させる上で、子どもが今どこで何をしているか保護者が把握できるようにするもの。

(『Thanh Nien』2017年4月1日、p.08)

解説

ホーチミン市などベトナムの都市部で深刻化する交通渋滞。これまでにも時間差通学・通勤など様々な対策がとられています。最近、全国的に行われている歩道を占有した商売の一掃などもこの一環ですが、根本的な解決策はいまだ出ていません。

ベトナムでは交通事故・犯罪防止の観点から、小学生までは親が子どもを学校まで送り迎えすることが一般的で、登下校時の校門周辺はバイクで溢れ大混乱。最近ではマイカーの利用拡大もあり、学校前の渋滞に拍車がかかっているようです。

今回のICタグを持たせるという提案は、渋滞緩和を目指して徒歩やスクールバス等を利用した通学(バスの乗降場も校門から離しておく)を浸透させるにあたり、子どもが親や教師の目から離れる時間に心配せずに済むように、という安心策のようです。

ただ、すでにスクールバスを試験導入した学校でも利用率は高くないそうで、やはり小学生では子どもを教師に直接引き渡したいという心理が根強いようです。そのため今回の提案に対しても、補助的な対策でしかなく、より根本的な解決策を求める声が出ています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

カラオケ騒音問題、 年末までの解決を目指す 2021年、カラオケ騒音問題の徹底解決をはかるため、ホーチミン市人民委員会は…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

不用品をコメと交換、 ホーチミン市の取り組み ホーチミン市の複数の地域で、ゴミをお金やコメなどと交換する取り組みが進めら…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

年末に増加する、 偽ブランドショップ ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位 ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…