ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
小田ならさん
京都大学特任研究員

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2017/03/10 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

西洋医学が発展してもなお、ベトナムに根付く伝統医学。
時代とともに変化する様を楽しく追いかけていきたい

Japanese_201703_NEW

「苦しい状況に立たされたとき、西洋医学でも伝統医学でも頼れるものがあるのならすがりたいと思うのが『人間の性』だと思うんです」

もの腰柔らかながら、確信を突いた真っ直ぐな言葉が印象的な小田ならさん。大学院入学を機にベトナム伝統医学の研究を始め、現在は京都大学アジア・アフリカ地域研究科で研究員として活躍している。

この道へ進んだきっかけは、日本文化史専攻だった大学時代。戦国時代に持ち込まれた「南蛮医学」とキリスト教が、各地に根付く伝統医学とどのように融合し人々に浸透したかに興味をもった。また、ベトナムには“南薬”と“北薬”が存在し、「伝統医学が複数の要素で成り立っていることに面白さを感じて」研究対象をベトナムに選んだ。

北薬とは、ベトナムの「北」に位置する中国由来の薬のこと。対して南薬は、ベトナム産の生薬を使用する薬を指し、“庭の薬”とも呼ばれる。

これらを切り口として人々が伝統医学をどのように利用してきたのかを調査するため、2010年からハノイに留学。語学を勉強しながら、伝統医学病院や診療所でのインタビュー、公文書館での資料集めに奔走した。

「病院の守衛さんに『医者に会わせてほしい』って、拙いベトナム語と身振り手振りで。今思えば、必死の体当たりですね」
と笑いながら当時を振り返る。

日本では伝統医学は公的な医療制度内での診療は行われていないが、ベトナムは病院に「伝統医学科」の設置が義務付けられ、組織的な枠組みの構築に注力している。

「南北統一以前から国を挙げて伝統医学と西洋医学の良さを融合し、『統合医学』として発展させようという動きが活発です」

西洋医学の発達に伴い廃れるのではなく、補完的に、あるいは最後の手段として伝統医学を利用する人は今なお多い。

「西洋医学へのアクセスが難しい地方でも容易に手が届く南薬をはじめ、伝統医学の土壌が広いことがベトナムの良さですね」

留学中、不妊に悩む夫婦や末期がん患者の家族に同行して診療所での聞き取りを行う中で、新たな気付きも生まれた。

「結果がどうであれ『やれることは全てやった』と患者自身が思えれば、納得の仕方が全然違うということを目の当たりにしました」

ベトナムでは若い世代にも、体を温める・冷やす食べ物といった“おばあちゃんの知恵袋”的な知識が浸透しているが、これは世代間の同居が多いことが要因のひとつ。しかし最近は、「単身世帯や核家族が増え、親から子へと受け継がれる知識も少なくなっています」。また、最近ではスーパーの利用者が増えているが、「人が集まり、情報交換の場として大切な役割を担ってきたのが市場。世間話の場がなくなってしまうことは、伝統医学の伝承にも大きく影響を与えると思います」

現在は年に1度は来越して調査を続けている。ベトナムの発展や医療分野の海外との交流の進展に伴い、伝統医学のあり方にどのような展開が見られるのか。「自分の目で見てみたい」という“わくわく”を持ち続けながら、自身のフィールドを着実に進んでいく。

小田なら おだなら
兵庫県出身。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程研究指導認定退学。研究テーマは近現代ベトナムにおける医療と社会の歴史。2010年から2年間、ハノイ人文社会科学大学ベトナム学発展科学院に留学

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…

小谷尚孝さん/柔術家 小谷尚孝さん
柔術家

昨日の自分より、少しでもかっこいい人間に 勝ち負けだけではない柔術の「良さ」がある ダイエットをきっかけに 柔術に出会い…

濱田恵理子 さん/画家 濱田恵理子 さん
画家

ハノイの“今”の風景を芸術作品にして残す ベトナムに伝わる絵画技法を受け継ぎ広めたい ハノイで本格的に画家活動 ベトナム…

小嶋宏弥 さん/プライベートネイルサロン 「美沙那」代表 小嶋宏弥 さん
プライベートネイルサロン 「美沙那」代表

ネイルが好きで好きで仕方ない 日本の技術とサービスをベトナムにも ネイルとの出会いは10代の頃 今も夢中で追いかけている…

竹森美佳 さん/「アジア工芸社」代表 竹森美佳 さん
「アジア工芸社」代表

伝統文化や環境に配慮したモノづくりを通して 持続可能なライフスタイルを守りたい 時を経て味わいが増す手仕事品 ベトナムク…

遠藤 亜矢子 さん/「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営 遠藤 亜矢子 さん
「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営

カカオについて、見て、触って、聞いて チョコレートの深みを知ってほしい 独立してカカオに出会い その可能性に魅了された …