ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
鈴木朋美さん
日本学術振興会特別研究員DC

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2015/01/09 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナム考古学が「好き」だから、研究を始め
ベトナムが「好き」だから、研究が続けられる

撮影/勝恵美
japanese201501

ベトナム考古学研究を始めて5年目の鈴木朋美さん。屈託のない笑顔が人を惹きつけ、研究仲間のベトナム人だけでなく、初対面の人も話しやすい親しみを覚える。しかし、その温かい雰囲気の中にも研究者としてぶれない芯の強さを感じさせる女性だ。現在、日本学術振興会特別研究員DC(博士課程)として、中部の各省立博物館で、サーフィン文化(中部に存在した初期鉄器時代の考古文化)の遺物観察、図の作成、写真の撮影などを実施している。

近年、目覚ましい進展を見せるベトナム考古学。これまでベトナムの遺跡からは、ローマのコインや、インド・中国との関わりが深い遺物が多数発掘されており、ベトナム考古学の魅力を、「多国との繋がりを感じられるところ」と鈴木さんは語る。かつてのベトナム考古学は、「自国のアイデンティティの確立を促すもの」と位置づけられるが、
「現在のベトナム考古学は、文化の繋がりを認めベトナムの過去の魅力を引き出すような研究にシフトしています」。

ベトナムにおける研究環境は十分とは言えない。「ある遺物の図が必要な場合は、それが収蔵されている博物館に何度も足を運び、自分で一から図を作る必要があります。また、発掘調査の際に場所や時期によっては、蚊に100ヶ所以上刺されたり、貯めた雨水をシャワー代わりにする生活が3週間続くことも。辛く、研究そのものを何度も辞めたいと思ったことがあります」。

そんな心が折れそうな時に思い出すのが、修士課程1年目、修行のつもりで1ヶ月間ベトナム南部の遺跡巡りをした時の研究仲間からの一言だ。当時、ベトナム語が話せなかった鈴木さんをフォローするために、現地の調査仲間の男性が同行してくれることに。バスを乗り継ぎ6時間ほどかけて辿りついたとある地方の博物館は、長い間、手を付けていなかったような状態で遺物が保管されており、収蔵庫に入るのを躊躇してしまうほどだったそう。それでも「自分の目で見たい」との思いが勝り、過酷な暑さの中、遺物を手に取り真近で観察できたという。その時、この様子を見ていた彼から発せられた言葉が、「朋美は本当にベトナム考古学が『好き』なんだね」。

「彼の言葉を聞いて、『そうか! 私はベトナムの考古学が好きだから、頑張れているんだ』と思えました。くじけそうな時に、彼をはじめ、外国人の自分を分け隔てなく受け入れてくれる多くの仲間のことを思い出すと、この人たちの国のために頑張りたいと思えてきます」。

そしてもう1つ、「『好き』にもっともらしい理由はなくてよい」という恩師の言葉も思い出すという。

人に感謝し、謙虚に学ぶ姿勢。これは、先人の文化を尊重し、地道な作業を丁寧に続けられる考古学者としての素質に通ずるものなのだろう。そんな鈴木さんの元には、地方の博物館から、近い将来に発掘調査を行ってほしいという声が寄せられている。

鈴木朋美 すずきともみ
1985年、愛知県生まれ。同志社大学文学部在学中に早稲田大学に留学。現在は、早稲田大学文学研究科・人文科学専攻・考古学コースの博士後期課程に在籍。2013年から日本学術振興会特別研究員DCとして、ハノイに在住。現在、ハノイ国家大学にて研究を進めている。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表

環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「…

和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー

文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな…

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…