ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 10月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2012/10/03 – 11:06

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナムニュース解説マクドナルドいよいよ進出
1号店はホーチミン市に

世界のファストフードチェーン「マクドナルド」がいよいよベトナムに進出する。同社はこれまでに数回の視察を行ったが、進出時期は明らかにされていなかった。

しかし、先日来越した上級幹部が、「現在フランチャイズパートナーを探しており、2年後をめどにベトナムに正式参入する。まずホーチミン市で1~2店舗、続いてハノイに出す」と話した。

(『Dau Tu』2012年8月27日、p.01)

解説

マクドナルド進出はこれまでに何度も噂が立っていましたが、なかなか実現していません。出店許認可、好立地の確保、物流、税金、衛生面、原材料の供給など、障害となっている問題についても、推測、噂はさまざま。なかには、街の至る所にある安価なフォーやバインミー(バゲットサンド)など、ベトナムの豊かな“ローカル”ファストフードと競争できないから、といった話もありました。

10年ほど前は、ベトナム最大の経済都市ホーチミン市でも、ファストフード店は片手で数えるほど。お昼時でも客は数人、それも外国人ばかり、といったことも多かったのですが、今やすっかり様変わり。時間帯によってはテーブルに空きがなく、学校帰りの中高生が制服姿でどやどや入ってきておしゃべりに花を咲かせる、日本のような光景が見られるようになりました。

ベトナムで広く展開しているファストフード店は「KFC」、「ロッテリア」、「ジョリビー」ですが、最近では「サブウェイ」や「バーガーキング」が出店しています。またご当地メニューとしてKFCなどではご飯メニューを提供しています。

ホーチミン市のビニール袋排出量は
1日50t

ホーチミン市廃棄物再生基金(Refu)の調査によると、市では毎日平均50tのビニール袋が排出されている。市場(いちば)では1ヶ所につき毎月1800kg、ショッピングセンターでは同1130kg、スーパーでは約9000kgのビニール袋が使用されている。

2020年までのビニール袋に起因する環境汚染抑制案によると、2020年までに、スーパー、ショッピングセンターで使用されるビニール袋を2010年比で65%削減し、環境に優しい包装用品を導入する。市場では同40%の削減を目指す。

(『Doanh Nhan Sai Gon』2012年8月29日~9月4日、p.07)

解説

袋はいりますか――日本では、買物の際によく耳にする言葉ですが、ベトナムで聞かれることは、まずありません。

スーパーでも市場でも、お店では必ず袋に入れてくれて、すでに幾つか袋を提げていても、まとめられることはなく、新たに袋が登場します。レジでは、清算後に買物袋の口をレシートとともにホチキスでとめることも多く、袋に入れることが、きちんと買ったものであることを示す面もあるのかもしれません。

最近では、生分解性のレジ袋を導入するスーパーもあるなど、「エコ」に対する取り組みも増えつつあるようですが、一般レベルではまだまだ。バイクや自動車からのポイ捨ては当たり前、家庭内でのゴミの分別もほとんど行なわれておらず、川や道端が「ゴミ箱」と化しています。

なお大都市では毎年20万tのプラスチック製品が廃棄され、うちビニール袋とプラスチック包装材が15万t程度を占めるという統計もあります。

ホーチミン市のホテル・レストラン
50軒が「脱煙」宣言

ホーチミン市健康教育広報センターと市内のホテル、レストラン47軒は、2012年8月24日(金)、ホテル、レストランのスモークフリープロジェクト実施で誓約を交わした。

これは、タバコ煙のないホテル、レストランの構築、完全禁煙の奨励、タバコ販売禁止、タバコの広告、スポンサーの禁止、警告看板の掲示、知識の普及などを目的とした、タバコ規制枠組条約の実施をサポートする活動の一環。同センターによると、市内のホテル、レストラン219軒のうち自由喫煙は40%、完全禁煙は30%あまり、喫煙スペースがあるのは20%。

(『Nguoi Lao Dong』2012年8月25日、p.02)

解説

禁煙、分煙が当たり前となった国で暮らす日本人愛煙家にとって、安価に買えて、どこでも吸えるベトナムは、天国と言えるかもしれません。大半のレストランで自由に吸えて、バイクを運転しながらのタバコもおなじみの光景です。通常の20本入りはもちろん5本入りのパッケージもあり、街角のタバコ屋や喫茶店では、1本から売ってくれます。

世界保健機関によるとベトナムは男性の約半数が喫煙し、世界で最も喫煙率が高い国のひとつ。公共施設での禁煙に関する規則(喫煙に罰金を科すなどの罰則)が最近制定されましたが、取り締りはほぼ行なわれておらず、この規則を知っている人もほとんどいません。

2013年5月1日にはコミュニティの健康保護やタバコに起因する病気の抑制等を目指したタバコ害防止法が発効しますが、喫煙文化が根強いベトナムで、禁煙や分煙の意識が浸透するにはまだまだ時間がかかりそうです。

情報提供「ベトナム最新情報」
TOHO CO., LTD.
日系進出企業向けのビジネスニュースを週6回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。
www.toho.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…