ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2022/01/05 – 09:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

環境に負担をかけない有機農業を伝え、
ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい


農村の暮らしに関心を持ち
NGO団体を発足

「ベトナムで有機農業を広めたり、作る人と食べる人を繋いだり。私は黒子みたいなものです」
 
黒子と言えども、人を惹きつけるエネルギーを放っている伊能まゆさんがベトナムと関わり始めたのは1997年。ベトナム現代史研究者の古田元夫教授に出会ったことがきっかけで、大学を卒業後はハノイに留学。日本とアメリカ、アジアの国際関係論とベトナム語を学びながら、NGO団体による学術調査の翻訳者・通訳者として活動した。その過程で農村の暮らしや食文化に触れ、地域の在来種を守ることや小規模農家への支援、子どもたちの環境教育の必要性を知る。

「実際に農村へ足を運んだことで、各地の生態系に配慮した農業や地域づくりに関心が移っていったんです」
 
一時帰国の後、2003年に日本国際ボランティアセンターベトナム事務所に赴任。2005年から代表を務めたが、2009年に事務所が撤退することになった。

「当時、ホアビン(Hoa Binh)省での持続可能な農業の取り組みに一定の成果が見え始め、少数民族と関係性ができてきた頃でした。それを途中で投げ出すことがどうしてもできなかったので、自分でNGOを立ち上げることにしました。いちばん大変な道を選びましたね(笑)」

未来の人材を育て
農家との話し合いの場を作る

 
2009年に始動した「シードトゥーテーブル/Seed to Table」の活動の大きな傘は、自然環境を守りながら農家の人々の安定した暮らしを支援すること。そして、次世代を担うリーダーを育てていくことだ。

「世界で問題視されていることですが、ベトナムでも高齢化や農家の収入の低さから農業の担い手不足が起きています。私たちはカウンターパートナーである農業専門機関の若手スタッフをコーチングして、各地で実践する有機農業や学校菜園の講師を育成しています。農業大学で学んだアンテナの鋭い若者たちは、とても重要な存在です。彼らが誇りをもって農業を続けていけるような環境づくりや考える視点を提供していきたいです」
 
ベトナム農業省は今後、更に環境教育や有機農業を推進することを明確に打ち出している。また、シードトゥーテーブルが支援したベンチェー(Ben Tre)省やドンタップ(Dong Thap)省の農家が、生産者と消費者との交流を基盤に生産者を認定する「参加型認保障制度/PGS」を取得した事例もある。

「有機農法は栽培期間が長くなることで収穫量が減り、肥料を畑で作る必要があるなど手間がかかります。それでも、高値が付き、環境や人体への影響を考慮すると結果的に良いことを農家の人たちに説明しています。また、在来種の保存や栽培方法を伝える活動も行っています。『畑にまたヘンな日本人が来た』と思われながらも、農家の人々と対話を続けていきます」

伊能 まゆ いのう まゆ
国際ボランティアセンター(JVC)ベトナム事務所で代表を務めた後、2010年に特定非営利活動法人「シードトゥーテーブル/Seed to Table」の法人格を取得。2021年に社会貢献者表彰を受賞。
FB: @seedtotablevn
www.seed-to-table.org

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー

文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな…

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…