ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

川口 涼子 さん
「ママラ」代表

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2021/11/05 – 09:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

文/有田紳介

家事や育児も立派なキャリア!
主婦が活躍できる場を


身に着けたスキルは活かすべき
思い切って始めたイベントが好評

2002年、ホーチミン市を旅行中だった川口涼子さんは、縁あって和食店で働く機会を得た。そこから本格的なベトナム生活が始まり、将来の夫との出会いもあった。

「夫は現地で会社を経営していまして、結婚後も、出産時の一時帰国以外はサイゴンで暮らしています。結婚してから2011年まではずっと専業主婦でした」
 
長女が幼稚園に上がり、ママたちとの交流が増えると、自身と同じような悩みを持つ人が多いことを知った。

「家にずっといて、子育てや家事に追われる毎日。でも、独身時代はパティシエだった、服飾関係の仕事に就いていたというママたちもいて、そんな話題で盛り上がるんです。『持っているスキルを活かさないなんて、もったいない!』と考えるうち、イベントを開催しようと始まったのが『ママラ/mamara.』でした」
 
主婦の手作り商品を中心に販売するイベント「ママラ」は2011年、2区の小さな店舗の一角から始まった。

「初回は7~8人が商品を手掛けて、来場客は50人ほどでした。やりがいを感じ、年1回ですが開催を続けてきました」
 
開催規模は少しずつ大きくなり、2017年からは企業ブースを設置するほどまでのイベントに成長を遂げていった。企業との接点が生まれたことで、仕事として成り立たせられないかと考えたことが、2018年の事業化につながった。

コロナ禍で重宝された宅配事業
主婦目線の商品選び・企画も挑戦

「ママラ」の事業化後、イベントは現在コロナ禍により休止中だが、オンラインで日系商品の販売を中心に行っている。

「イベントは、2017年からはホテルやホールでの開催ができるまでになりました。2022年はコロナ禍が落ち着いたら開催予定です。商品は、日本からの輸入品、日系企業商品、主婦の作家品などをウェブ上で販売しています」
 
2020年5月からは宅配サービスも開始。コロナ禍でさらに多くの日本人が利用するようになった。

「日本人以外にも日本の食・文化をより多くの方々に伝えられたら。ウェブサイトはベトナム語と英語を準備中。宅配サービスエリアを拡大したりと、今も試行錯誤中です」
 
次なる目標は、商品開発への参加だ。

「主婦の意見を、販売企業とシェアしながら開発を進める企画を始めています。主婦は料理や掃除のプロであり、尊敬に値する職業です。そういった主婦の視点を取り入れることで、ベトナムに合った製品とサービスを提供できます。何より、主婦が参加し活躍できる大変貴重な場にもなります」
 
これから主婦の活躍の場が増えることが楽しみだと、わくわく感を隠せない。

「主婦が社会の一部になる、その想いと共に共感してくださる方たちと一緒に活動できたらうれしいですね」

川口 涼子 かわぐち りょうこ
福岡県北九州市出身。「主婦だけじゃない居場所」をコンセプトに、日本人によるハンドメイド商品の販売イベント「ママラ/mamara.」を2011年から主催、2018年に事業化。日系商品の販売も手掛け、今後は輸入商品を増やす予定。
FB: Mamara.vietnam
IG: @mamara.mamara
https://mamaravn.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…