ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2021/06/05 – 09:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店
ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも


初海外、移住、転職乗り越え
友人と雑貨屋をスタート

「市場や骨董市に足を運んで、古くてかわいいものを探し集めるのが趣味なんです」
 
相手の心をほぐすような人懐っこい笑顔が印象的な五十嵐珠美さんは、イベント会社「AABベトナム」に勤務する傍ら、雑貨屋「タマオ」を友人と共同友人と共同で営む。

「生活環境を変えたい、海外に行ったことがないし、住んでみようかな」。そんな思いつきがきっかけとなり、在住4年目を迎える。

「ベトナムなら英語があまりできなくても生きていけるらしいよ」と、たまたま東京の飲み屋で隣に座っていた人から聞き、この地へ来た。

「帰りの航空券は捨てるつもりで、往復航空券とホテル3日間分だけ予約して入国しました。仕事先も家も決まっていないのに、なぜか住むことだけは決めていました」
 
日本に住む知人を介してジャパンベトナムフェスティバルや日系企業のセレモニー、インバウンドのイベントPRなどを手がける「AABベトナム」で勤務することになった。知らない土地では「まず人と出会うことから」と、積極的に街に出てはお酒の場からじわじわと人脈を広げていった。

「そうして出会った気の合う友人と2人で、架空の雑貨店風にウェブサイトとインスタグラムのアカウントを作りました。ただひたすらそれぞれの家のお気に入りの雑貨を写真に撮ってはアップする、という自己満足の遊びをしていたんです。『いずれ本当にお店ができたらいいね』と話しながら」
 
それが実現したのが2020年10月。コロナウィルスの流行を機に、明るく楽しいことをやろうと「タマオ」をオープンした。

雑貨マニアの視点と直感で選ぶ
私たちの「好き」を詰め込んで

オープンの5ヶ月前、本業でハノイへの異動が決まった。店を直接訪れることは難しくなったが、北部の仕入れ担当として休日は市場や骨董市を巡る。

「本場のバッチャン焼きやビアホイ(生ビール)グラスなど、北部らしさが楽しいです。マイチャウ(Mai Chau)県の村では、いろいろな部族が集まって、各村の特徴を表した布製品を販売する市場を見学してきました」と、好奇心いっぱいの表情で話す。
 
そういったザ・ローカル市場に行っても、暑さと雑多さに疲れてしまい、見るだけでお腹いっぱいになってしまう人が多い。加えて、市場ではまとめ売りが多く、1つから買えるところは少ない。

「市場には掘り出し物がたくさん眠っています。日の目を見せてあげたいアイテムを、私たちが代わりに買ってきて、ばら売りしているんです」
 
心にグッときたものだけを即購入。「売れなかったら自分で使うから」という気持ちで、仕入れる数はその時に自分で持てる分だけ。3つの時もあれば、1つだけのときもある。

「日本の雑貨店や雑貨好きな人からの問い合わせも届くようになり、いずれは買い付け代行もやってみたいです。今後はもう少し掘り下げて、民芸品やお店のオリジナル商品を増やしていきたいです」

五十嵐 珠実 いがらしたまみ
イベント会社「AABベトナム」に勤務する傍ら、友人のスパ「リラフィールマッサージ&ヘアリムーブ」の一角で、雑貨店「タマオ」を運営。ベトナム各地の民芸品や日用品を主に販売する。
Facebook: @tamao2020
Instagram: @tamao_2020

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…