ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2021/01/27 – 09:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナム米ST25、おいしさ世界2位

ベトナム食糧協会(VFA)は、ベトナム米「ST25」がザ・ライストレーダー(The Rice Trader)主催の「2020 ワールド・ライス・カンファレンス」で2位になったと発表した。1位はタイ米、3位はカンボジア米。ST25は、ソクチャン(Soc Trang)省の企業が開発した品種で適応性が広く、透き通る白さで甘く香り、柔らかさがありつつも粘り気が無いのが特徴。(Nguoi Lao Dong 12月5日, P.10)

解説

米大国ベトナム。農業農村開発省によると、ベトナムの米(籾)生産量は4350万t、うち国内消費量が2996万t(2020年計画値)です。
 
統計年鑑を見ると、生産量は2015年の4509万tをピークに、2016年は4317万t、2017年は4274万t、2018年4405万t、2019年4345万t(速報値)と横ばいになっています。
 
ただこれは、生産量が頭打ちになったというより、ベトナムの稲作が量から質へと軸足を移し始めたという見方が適切と考えられており、各地方が今盛んに、ベトナム版適正農業規範である「ヴィエットギャップ/VietGAP」を遵守し、オーガニック農法などによる良質な米作りに取り組んでいます。
 
ベトナム在住の皆さんは普段、どんな米を食べていますか? 自炊の場合、輸入品の日本の米か、市販のジャポニカ米を購入される方が多いと思います。ベトナムの米にもさまざまな種類があり、1kg100円以下など安く入手できるものも多いので、色々な種類を楽しんでみるのも面白いのではないでしょうか。

世界から高評価、魅力的なホーチミン市の生活

海外駐在者コミュニティサイト「インターネーションズ/InterNations」が発表した、外国人にとって生活費の安い国ランキングで、ホーチミン市が1位に選ばれた。同市に住む外国人の77%が、生活水準が自身の経済状況とマッチし満足していると回答している。都会ながら、他の都市と比べ生活費が安く、米国なら1000USDはかかるワンルームの家賃も月560USD程度である。(Nguoi Lao Dong 11月12日, P.6)

解説

ホーチミン市は天国ですね! 人は優しい、治安は良い、物価も安いし、ご飯もおいしい、さらには年中暖かい…こんな感想を、もう何人から聞いたでしょうか。
 
筆者はベトナム以外の国に住んだことがないので比較はできないのですが、ホーチミン市暮らし十数年、不満の種を探す方が難しいというのが正直なところです。「慣れただけでは?」と言われれば身も蓋もありませんが…。 
 
記事では、家賃を除いた平均的な生活費が月約463USDで、市内の英会話スクールで働くアメリカ人女性による、「月500万VND(約2万5000円)以下で部屋を探すのも簡単で、電気・水道・ネットなどの費用も月150万VND(約7500円)程度」といったコメントを紹介しています。この女性によると、中古バイクは1000万VND(約5万円)ほどで入手でき、ガソリン代は月40万VND(約2000円)程度、食費は自炊すれば400万VND(約2万円)ほどで済み、夜遊びも月400万VNDほどで満足できるそうです。
 
ちなみに筆者の家族4人の生活費は、家賃を除いて月1000USDほどです。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

年末に増加する、 偽ブランドショップ ホーチミン市では偽ブランド品を扱う店舗を多数摘発してきたが、年末が近づくにつれ、こ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

菅首相、最初の外遊先に ベトナムを公式訪問 菅義偉首相は2020年10月18日、ハノイを訪れ、9月の首相就任後初となる外…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

「卵かけご飯」も大丈夫 高級卵が続々登場 DHAやビタミンEを豊富に含み、生でもおいしいという卵がこのところ話題だ。1個…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

週末は市内の高級ホテルで。 驚きの宿泊料金 ホーチミン市内の高級ホテルが、割安で利用できるようになっており、この機会にラ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

ホーチミン市に「マスクATM」登場、「コメATM」発案者が運営 ホーチミン市タンフー(Tan Phu)区に「マスクATM…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…