ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2020/03/05 – 09:30

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価
日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て

一筋縄ではいかなかった来越
人に恵まれ、得たチャンス

日本では建築士だったが、エンドユーザーの顔を直接見てみたいと地元の飲食店に転職。30代前半に縁があり、ベトナムで飲食店の開業計画に参加することを決めた。
「せっかく会社を辞めたのに、計画が頓挫してしまったんです。ベトナムに行く! という意気込みだけが残ってしまって。行くだけでも行ってみようと、つてを頼りに1人だけでいいからと現地のベトナム人を紹介してもらい、ハノイに向かいました」
その時紹介してもらったのが、不動産会社の代表で現在ビジネスパートナーでもあるフン(Hung)さんだった。
「数日ハノイを案内してもらい、その際、何か商売をやるなら協力してくれると言ってくださったんです。この出会いには本当に感謝しています」
しかし、その後の具体的な計画はすぐには決められなかった。
「やるなら居酒屋かな? となんとなくの考えはありましたが、もちろん1人ではできない。まずはその不動産会社で働きながら今後の道を探ることにしました」
その間、ベトナム人の働き方を観察し、ベトナム語の勉強にも集中した。この経験がひらめきを与えてくれた。
「1日の終わりに日本語を話したくなるし、おいしい酒が飲みたくなったんです。そこで、ベトナムには日本にあるようなバーが無いと気が付いたんです」

試行錯誤し、安定するまで2年
日本式バーの定義を確立したい

2012年2月、日本語が話せて酒好きが気軽に集まれる「バーウォーク/Bar Walk」が誕生。開業当初は客足が少なく客数が0の日もあったが、紹介を受けたり口コミで広がったり、ブログでもアピールして、徐々に運営は軌道に乗っていった。
「日本にあるような、地域密着型のバーを目指しました。常連の方が増えてきて、忙しくなったのは2年たった頃。今でも私に会いに来てくださる方がいらっしゃいます」
2015年12月には2号店となる「バース」を開業。次の目標は「バー=不良が行くところ」という悪い印象がつきまとっていたベトナムで、バーテンダーとの会話を楽しみ洗練された大人の雰囲気を楽しむといった、日本式のバーを定着させることだった。
「ベトナムの経済成長に伴い、バーの印象が変わっていくと見込んで10年は地道に頑張ろうと決めました。今はワインやウィスキーなどは贈答品になっておしゃれなバーも増加。ようやくこの時代が来ましたね」
2019年のクリスマスは、「バース」でうれしい悲鳴をあげた。
「満席で、ベトナム人のお客様が全体の60%。ここのお酒がおいしいと言ってくださる方もいて、お酒をわかる人が増えてきたと実感しています。しかし、ジャパニーズバーとは何か? に関しては模索中です」
ようやく光が見えてきたと語った佐野さん。今日もカウンター越しに楽しい会話が繰り広げられている。

佐野 元 さのはじめ
千葉県浦安市出身。2011年8月に来越。2012年に「バーウォーク」、2015年に「バース」をオープン。現在は1店の経営に集中するためバーウォークは閉店、バースをハイバーチュン(Hai Ba Trung)区で運営している。今後はスタッフの独立も支援したいと話す。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

小谷尚孝さん/柔術家 小谷尚孝さん
柔術家

昨日の自分より、少しでもかっこいい人間に 勝ち負けだけではない柔術の「良さ」がある ダイエットをきっかけに 柔術に出会い…