ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2020/01/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

改正労働法が成立
定年引上げ、年間残業は変更無し

国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念日の前後いずれか1日が新たに祝日となる。

定年退職年齢は、2028年に男性満62歳、2035年に女性満60歳となるよう段階的に引き上げる。時間外労働は月間40時間まで、年間では原則200時間までしか認めない。ただし、縫製や履物、電子、農林水産物加工などの一部業種等では300時間まで。
(Vnexpress.vn 11月20日)

解説

発効は2021年1月1日とまだ先ですが、ほとんどの国民と企業に影響する労働法の改正は、その動向が非常に注目されていました。

企業は、年間残業時間の引き上げを強く訴えていましたが、最終的には月間の制限が現行の30時間から40時間へとやや緩和されたものの、年間では現行維持となりました。

祝日は、現在年間10日と少ないため1日増えるというのはうれしいものです。個人的には、どこか祝日の無い月に新たに設定してくれたほうが…、とも思いましたが、企業などは連休になった方が業務スケジュールを立てやすいかもしれません。

ユニークなのは、定年退職年齢を8~15年かけて少しずつ延ばしていくこと。2021年の定年退職年齢は男性満60歳3ヶ月、女性満55歳4ヶ月、2022年は男性満60歳6ヶ月、女性満55歳8ヶ月と、毎年男性は3ヶ月、女性は4ヶ月ずつ延ばしていきます。ベトナムはなるべく早く退職したい人が多いそうですから、突然数年延ばすよりこのように緩やかな移行の方が、国民の気持ちに寄り添っているということなのでしょう。

ホーチミン市、
「診療所ランク」を公表

ホーチミン市保健局は12月2日、「市内の総合クリニックの医療の質ランキング」を公表した。質が高いと評価された施設は6ヶ所、低いと評価された施設は41ヶ所だった。また、「おおむね高レベル」が42ヶ所、「平均より高い」が39ヶ所、「平均レベル」が74ヶ所。

2019年4月現在、ホーチミン市では公立と私立合わせて216の総合クリニックが認可を受けて活動している。
(Phap Luat 12月3日)

解説

ランキングは、市の保健局が定めた品質基準で評価されたもので、外資系クリニックを含みます。

ホーチミン市保健局のウェブサイトに公表されていますので、ベトナム語ができる方は覗いてみるとよいかもしれません。在住外国人に知られるクリニックが意外に低評価を受けていて、なかなか興味深いランキングです。

さて、ベトナムの純ローカル医療機関にかかったことがある日本人はきっと少数派なのでしょうが、筆者は過去に日本人の医療関係者から、「言葉など、もしローカルの病院に行くことができる環境があるなら、それも視野に入れるといいですよ」とアドバイスされたことがあります。

ローカル病院にも優れた医師は多いし、当地の病気にもちろん詳しく、かつ料金が手頃という説明でしたが、なるほど外資系クリニックにも、普段はローカル病院に勤務する医師が当番で勤務されていることも多いですよね。

そのアドバイスに妙に納得した筆者は、以来できるだけローカル病院を選ぶようにしています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…