ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2019/12/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナム人の英語力、
100ヶ国中52位

スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」の英語力ランキングによると、ベトナムは今年、100ヶ国中52位となり、4年連続でランクダウンした。過去のランキングは、2015年は29位/70ヶ国、2016年は31位/72ヶ国、2017年は34位/80ヶ国、2018年は41位/88ヶ国だった。ベトナムの英語力は2015~2018年の「平均」から今年は「低レベル」に下がった。
(TuoiTre.vn 11月6日)

解説

このコラムを読まれている方のほとんどはベトナム在住の日本人だと思いますが、皆さんは普段ベトナム人と何語で意思疎通していますか。

筆者は某大学の日本語教育のお手伝いで、企業における日本語利用についてホーチミン市の日系企業に尋ねたことがあるのですが、社内言語が日本語という企業は、そのとき問い合わせた限りでは、ほとんどありませんでした。地域や業態、企業規模などにもよると思いますので、社内言語が日本語という例ももちろん多いのでしょうが、採用や社内の意思疎通で日本語をあまり重視しないという日系企業は、最近特に増えた気がします。

身近でも英語が上手な人が増えたと実感していた昨今でしたので、ベトナムの英語力が低下しているというこの記事は腑に落ちないところもありますが、ランク対象国も増えていますから、ベトナムはざっくりと中位。ベトナムが下がっているというより、その他の国々が伸びているのかもしれません。ちなみに日本は今年のランキングでベトナムより1つ下の53位でした。

髙島屋、ベトナムを含め
東南アジアの成長に期待

髙島屋は、ベトナムの将来に大きく期待している。2018年の海外市場の利益39億円を2023年2月期までに110億円に伸ばしたい考えだが、カギを握るのが、バンコクやホーチミン市、上海店の黒字化だ。シンガポールを除く東南アジア、中国の各店舗で黒字化していない髙島屋は、タイではセントラルグループ、シンガポールでは北京華連集団、ベトナムではイオンなどと激しい競争を繰り広げている。
(NhipCauDauTu.vn 10月31日)

解説

世界貿易機関(WTO)に加盟した2007年以降、ベトナムでは地場、外資系の様々な大型商業施設が登場しました。

都市部では、中心部から郊外まで様々な地域に広く展開されており、かつての週末や祝日のお出かけ先が、今や日常生活に欠かせない施設となった人も少なくないでしょう。

ベトナムではまだ、こういった大型商業施設の「差別化」はあまり進んでいないように感じます。人々の行動も、自分のお目当てやお気に入りの商業施設に出かけるというより、新しくできたから、あるいは、近くにあるからといった要素に左右されやすい傾向が強い気がします。今後のモータリゼーション、ホーチミン市やハノイでの都市鉄道整備で商業施設がどう変化していくのかも非常に楽しみです。

記事によると、ホーチミン市の髙島屋は2019年度に1億円の営業利益を達成する見込みで、「もう1つのシンガポール店」との期待が高いとのこと。髙島屋はハノイでは都市開発にも投資、合弁でバイリンガルスクールの開校を計画しています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…