ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2019/11/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

外国人が「最も暮らしやすい国」、
ベトナムは世界で2位

「インターネーションズ/InterNations」 社は、2019年版外国人が世界で最も暮らしやすい国ランキングを発表した。1位は台湾、2位はベトナムで、初めてトップ3入りした。以下、ポルトガル、メキシコ、スペイン、シンガポール、バーレーン、エクアドル、マレーシア、チェコと続く。ベトナムの生活費は安く、外国人は必要な生活費レベルよりも多くの収入を得ている。外国人はベトナムでの就職機会にも満足している。
(Tuoi Tre 10月9日)

解説

ベトナムは2017年12位、2018年14位で、今年ジャンプアップした形ですが、特に個人財政や仕事の面でトップ評価されています。欧米人を中心とした調査のようでバイアスはあるでしょうが、在住日本人からも「暮らしやすい」という声はよく聞きますし、外国人概ねの評価であると言って良いのではないでしょうか。

同調査で、「回答者のほとんど(96%)は、収入がベトナムでの生活費をまかなうのに十分、またはそれ以上と回答している。さらに回答者の3分の1は、給与が必要とする金額以上だと回答している」とコメントされているように、現地の生活費水準に対して一般に外国人が得ている給与は十分だと思いますし、政情の安定や外国人を狙った重大犯罪の少なさも、外国人が暮らしやすいと感じる要素かもしれません。

一方で、調査回答者の3分の1以上(36%)が不満を持つ交通インフラや環境汚染は、ベトナム社会の今後の要改善点です。子育てをする筆者としては、外国人の子どもに対する教育サービスや娯楽の選択肢もこれから拡大していけば嬉しいものです。

日本のホテル業界、
ベトナム人の受け入れを促進

レ・タン・ズン(Le Tan Dung)労働傷病兵社会福祉副大臣は、2019年10月4日に行われた全日本ホテル旅館協同組合との調印式で、「宿泊・ホテル業界で働くベトナム人に、日本で働く新たなチャンスが加わった」と述べた。調印は、今年7月に両国首相の立会いのもと、労働傷病兵社会福祉省と日本の4省庁(法務省・外務省・厚生労働省・警察庁)とで交わされた「特定技能」制度に関する協力覚書を具体化したもの。
(Tuoi Tre Online 10月4日)

解説

労働傷病兵社会福祉省によると、ベトナムはこれまでに25万人あまりの実習生を日本に送り出しています。この数は2018年だけで7万人近く、同年に日本が受け入れた実習生の50%を占め、実習生送り出し実績のある15ヶ国で最多となっています。日本企業のベトナムに対する視線は様々な分野で非常に熱いですが、なかでも「人材」は、いま最もホットかもしれません。

従来の技能実習制度でも現在は「2人に1人がベトナム人」と日本におけるニーズの高さがわかりますが、2019年4月から始まった「特定技能」制度によって、日本で働くベトナム人はさらに増加すると考えられます。

この特定技能制度は、日本人労働者と同等の給与を得て日本で5年間働くことができ、転職も認められるもので、ズン副大臣は、「技能を持つベトナム人にとって、日本での良い労働条件で高収入の就職機会が増え、国内また国際労働市場での労働者の育成も進む。日本の人材不足も解決され、両国の労働協力、職業訓練、技術移転分野での交流・協力促進に繋がる」と期待を寄せています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

外国人の強制社会保険、 間もなく政令公告へ ベトナムで働く外国人の社会保険は、当面は、疾病、妊娠、労働災害・職業病の短期…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

「ベトナムに学べ」 中国紙がサッカー越U23代表を称賛 中国で開催された「サッカーAFC U-23選手権2018」で、ベ…