ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2019/09/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

2016~2018年の情報を知る
「企業白書」を初発行

「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータベースを作り、企業管理を進めたいと述べた。白書は、2016~2018年の企業情報を集めたもので、▽2018年の企業発展の背景、▽2016~2018年の企業発展の総括、▽企業発展対策などで構成、国営、民間、外資含むすべての企業セクターの発展状況を評価できるデータが示されている。

(Thoi Bao Kinh Te Viet Nam 7月11日, P. 4)

(Tuoi Tre 7月12日, P. 3)

解説

ベトナム初の「企業白書」。2018年に企業が最も多く設立されたのはホーチミン市、ハノイ、ビンズオン(Binh Duong)省、ダナン、ドンナイ(Dong Nai)省、ハイフォン市など、日本人にも馴染みのある地方ですが、企業数の伸びが最も著しい地方トップ10にホーチミン市とハノイは含まれず、ビンズオン省、バクザン(Bac Giang)省、ソクチャン(Soc Trang)省、バクニン(Bac Ninh)省などが挙がっていることは興味深いかもしれません。

ベトナムの産業や市場調査をしたくても、統計の数字が得られない……日本企業からこんな悩みを聞くことも多いですが、ベトナム政府はいま様々な統計に積極的に取り組んでおり、この白書も、産業・地方別の企業数、労働者数、平均所得、企業の固定資産、収益、高額納税企業など、かなり詳細なデータがまとめられています。

こういった統計は数字の信頼性はむろん、継続的にデータを取得し中長期的に見ていくことも重要だと思います。この企業白書は、今後毎年編集されるそうで、政府や地方自治体だけでなく、企業界にとっても有用なツールとなりそうです。

外国人の交通違反に関して、
取り締まりを強化

ホーチミン市公安は2019年8月16日~10月31日に、外国人の交通違反取り締まりを強化する。外国語に長けた専門部隊が取り締まるほか、関連当局と協力し外国人向けの広報も行う。

また市公安は8月1日から、市民からの交通違反に関する写真や動画の提供を受け付ける。当初は交通警察本部(341 Tran Hung Dao St., Dist. 1)で受け付け、今後市内各地に拡大する方針。

(Nguoi Lao Dong 8月5日, P. 6)

解説

来越する外国人の増加とともに、外国人が絡む交通事故も増えています。在住日本人にもバイクを運転する人がかなりいるでしょうし、自動車を運転する人もいるかもしれません。ですが免許は持っていますか?

日本で取得した国際免許を使っているという話も聞くことがありますが、ベトナムでは有効でありません。両国が加盟する条約が違うためです。日本の運転免許所持者がベトナムで運転するには、日本の運転免許からベトナムの運転免許に切り替えるか、試験を受けてベトナムの運転免許を取得する必要があります。

在住歴の長い筆者はバイク乗りです。ベトナム生活を始めて間もない人からバイクに乗りたいという相談を受けることも多いですが、「乗らずに生活が成り立つなら乗らない方がいい」と勧めています。飲酒運転をして大けがしたり、慣れない交通環境で人身・物損事故を起こしたりという話を多数聞いてきたからです。事故に遭い(起こし)、自分で救急要請できますか? 外国人の運転はリスクが非常に大きいため、運転するなら必ずベトナムの免許を取得し、くれぐれも安全運転で。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

外国人の強制社会保険、 間もなく政令公告へ ベトナムで働く外国人の社会保険は、当面は、疾病、妊娠、労働災害・職業病の短期…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

「ベトナムに学べ」 中国紙がサッカー越U23代表を称賛 中国で開催された「サッカーAFC U-23選手権2018」で、ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

「どうせ聞いてもらえない」政策に 意見しないベトナム企業 「リーディングビジネスクラブ/Leading Business…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ホーチミン市に近代的な 予防接種センターがオープン ベトナムワクチン社は、ホーチミン市フーニュアン(Phu Nhuan)…