ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

酒井俊 さん
歌手

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2019/06/05 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナムで歌うことで得た
価値のあるおだやかな時間

音楽“鑑賞”が稀なベトナムで
盲目人ピアニストと共演し感じたこと

2019年4月20日(土)に、ホーチミン市3区「サロンサイゴン/Salon Saigon」にて、コンサートを開催した酒井俊さん。一緒に演奏したのは、盲目のベトナム人ピアニスト、ピーター・バートマンズ(Peter Baatmans)さんだ。約1年半前から、レストラン「ルブ/Lubu」で月に1度演奏しているが、2人だけでの公演は初めて。約50人の観客が楽しんだ。

「ベトナムには純粋に音楽を聴くためのコンサート自体が少なく、彼は目が見えないこともあって、最初はレストランのお客様に向けて演奏するときと同じ心持ちだったんだろうけど、だんだんと“自分たちの音楽を聴きに来ている、食事に訪れているわけではないんだ”と感じたんだと思う。どんどん顔つきが変わっていっていろいろ感じているんだなと、胸が熱くなっちゃった」

正直、「こんなにお客様が集まってくださるとは思っていなかった」と言う。

「ベトナムはまだ、“音楽のみを聴き楽しむ”という文化が希薄だとは感じていて…。ただ、サイゴンという街において、技術を磨くためにも現場で切磋琢磨できる環境は必要。1人でうまくなるのは難しくて、高め合える仲間がいるからこそ。そういう意味ではここは発展途上で、これからもっと変わっていくと思います」

自分がやりたい音楽は、ふとした生活の中で「こんな歌をやろうかな」と思い浮かぶという。だからこそ、「これからやりたいことはわからない」。
「それでも今後10年歌い続けるためには、と今は考えています」

ベトナムに来て得た
息子夫婦とのゆるやかな時間

「ベトナムに来ようと思ったきっかけは、実は息子なの」とにこやかに笑う。

親子2人でともに生きてきた一人息子は、16歳で日本を離れアメリカに旅立ってからずっと離れて暮らしており、11年ほど前からベトナムで生活している。

「彼が32歳になったときにふと、彼の半生を一緒に過ごしていないんだなって衝撃を受けちゃった。親らしいこともしてないと思ったし、自分が死ぬときにね、“あれ、私子どもがいたはずなんだけど”なんて思ってしまうんじゃないか、それはまずいなあと思ったんです」

現在は、毎週日曜に息子夫婦が自宅にやって来て食卓を囲むのがルーティーン。

「そうするようになって1年ぐらい経ちます。息子の嫁はイタリア人なんだけど、いわゆる “日本のご飯”がとても好きで、余ると持って帰ってくれたりするの。お嫁さんとも触れ合えて、彼の幸せを感じるし、そういうゆったりとした団欒のような時間を持てたことが嬉しい。それだけでベトナムに来た価値があったなって本当に思っています。有難いなって」

これからの自分の時間は誰かのために使っていけたらなと思っている。

酒井俊 さかいしゅん
1977年、日本にてアルバム『SHUN』を発表しデビュー。2011年に初めてホーチミン市で公演を行う。2015年に本格的に来越。ホーチミン市2区にあるレストラン「ルブ/Lubu」にて月1回程度公演を行っている。次回は2019年9月予定。
ウェブサイト:http://shunsakai.net

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

中野 崇之 さん/写真家・ 「インフィルベトナム」CEO 中野 崇之 さん
写真家・ 「インフィルベトナム」CEO

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 学びは一生、原点回帰。 ベトナムで写真道を行く 現地在住の写真家たちと ホーチミン…

米田 麻子 さん/「ママキッズサロン」 主宰 米田 麻子 さん
「ママキッズサロン」 主宰

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 子育てはみんなでしよう 子ども達の健やかな成長のために 保育士ならではの視点で 充…

ABE さん/「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト ABE さん
「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) ライブから日越文化活動まで いつでもどこでも“楽しい”に全力 素人バンドから10年…

羽根井 豊  さん/「ワナ」ファウンダー 羽根井 豊 さん
「ワナ」ファウンダー

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) レシピ動画と安心安全な食品の販売で ベトナムに食育の場を広げたい 実体験から食の安…

永嶋 茂  さん/「ニジゲンプロジェクト」 代表 永嶋 茂 さん
「ニジゲンプロジェクト」 代表

文/有田紳介 二次元アイドル「暁バンマイ」をデビュー! Vチューバ―の世界観を楽しんでほしい 若い自分を救ってくれた趣味…

松尾 英子 さん/「アスカサービス」 講師 松尾 英子 さん
「アスカサービス」 講師

文/佐々木朋美 接客業の経験を活かしベトナムでマナー研修 形だけでなく、相手を思いやる心を伝える ベトナムでも必須化する…

高野 有貴さん/「ホアリーダナン」 代表 高野 有貴さん
「ホアリーダナン」 代表

色とりどりのベトナム雑貨に囲まれて 夫婦で築いたオンリーワンの店 運命的な出会いが導いた ハノイ~ダナンへの移住   ダ…

伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表

環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「…

和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー

文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな…

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…