ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/11/05 – 10:10

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

サポート役としての情報発信
“誰かのために”は必ず自分に返ってくる

ウェブサイトを開設して約2年半
きっかけはすべて“人助け”から

ハノイを中心に、「筆者が見たこと、感じたこと」をそのまま伝える現地情報ウェブマガジン『ベティック』は、2016年4月19日に開設された。全ての運営を担う脇山春香さんの本業は別にある。
「普段は日系企業に勤めています。実は、ハノイ生活はもう6年目。仕事以外の時間を使って、取材や執筆を行っています」

ウェブサイトを開設したきっかけは、ちょっとした人助けからだった。

「文章を書くのが得意なので、仕事とは別に友人のウェブサイト運営を手伝っていた時期がありました。ある程度やってみると、自身でもウェブサイトを開設できるなと感じたんです。ライターとしての経験を生かしてハノイの情報を拡散する場を設ければ宣伝の手助けができるし、サイト自体が軌道に乗れば広告収入も期待できるし、と。そうして始めたのが『ベティック』です」

ハノイでの就職を決めた時も、人助けをした結果だったと振り返る。
「ワーキングホリデーでオーストラリアにいた当時、海外で就職したいという友人のために、いろいろと情報リサーチの手助けをしていたんです。そうしたら見事に私がアジアに興味を持ってしまって。その友人は今、日本なのに(笑)」

人のために何かしたことは、必ず自分のためにもなる。『ベティック』開設後も、その意識を持ち続けた。

想像以上に広がった新しい世界
今後も無理なく記事を更新予定

これまでに大変だったことは、「特になく、本当に楽しいことばかり」と話す脇山さん。ただし、楽しく続けるためのマイルールがある。

「無理して更新しないこと! ネタが無かったらそれはそれで休みというスタンスだったんです。それが不思議とネタが尽きず、定期的に更新できているんですよね」
 自分の書きたいことを書く。ハノイに限らず、ダナンやホーチミン市、日本やアジア諸国についての記事もあり、話題は豊富だ。記事執筆の依頼も途切れない。

「セメントタイルを作っている日本人と出会ったり、ミントやコーヒーなどめずらしい風味のクラフトビールが飲めるツアーに参加させてもらったりもして、たくさんの新しい経験を積み、視野も広がっています」

現在、『ベティック』は1日に2000人以上が訪れる人気サイトに成長した。 
「PR記事の執筆は無料なので喜ばれるし、読者は楽しく読んでくださる。私も楽しく取材できているので、理想のウィンウィンな関係が築けています。強いて言えば私が少々無理しているところがあるし、今は広告収入以外は得られていないので、今後は運営資金をどう捻出していくかが課題です」

それでも、自分のためには特にアクションを起こさないと決めている。
「なぜなら、私のすべてはまず人助けから。今はたくさんの人をサポートする時期。いつか動くその運命を待ちたいと思います」

脇山春香 わきやまはるか
宮城県仙台市出身。大学卒業後は映像制作や映画などのキャスティング業務に携わる。その後はワーキングホリデーでオーストラリアへ渡り、滞在中にアジアに興味を持ち、ハノイ就職を志す。現在『ベティック』では、ベトナムから地元の仙台市を盛り上げる方法を模索中。

ウェブサイト:https://viethich.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

FUYUKO さん/宙旅ナビゲーター® FUYUKO さん
宙旅ナビゲーター®
日本やベトナムの人々に 煌めく天文の楽しさを広めたい 動物好きから星空好きへ 異国ならではの特別体験を共有 誰もの頭上に...
福田誠治・華子夫妻/「ステン・デ・クレンネ」 店主・ママ 福田誠治・華子夫妻
「ステン・デ・クレンネ」 店主・ママ
「おもしろそう」で4匹の猫と一緒にベトナムへ 久留米らしいおもてなしの憩いの場を 友人の誘いでケーキ工場へ コロナに翻弄...
伊藤 崇将・梨恵 夫妻/「花美」店主・女将 伊藤 崇将・梨恵 夫妻
「花美」店主・女将
成長を続けるスタッフと共に 愚直に良質の味とサービスを極める 公邸料理人の経験を元に ベトナムの地で挑戦 「日本のホテル...
浅井 友香里 さん/ネイリスト・アイリスト 浅井 友香里 さん
ネイリスト・アイリスト
他人にやさしいベトナムの人たちに 安心で安全なネイルで喜んでもらいたい 留学を機にネイルを仕事に 国内での立ち上げから海...
中野 崇之 さん/写真家・ 「インフィルベトナム」CEO 中野 崇之 さん
写真家・ 「インフィルベトナム」CEO
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 学びは一生、原点回帰。 ベトナムで写真道を行く 現地在住の写真家たちと ホーチミン...
米田 麻子 さん/「ママキッズサロン」 主宰 米田 麻子 さん
「ママキッズサロン」 主宰
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 子育てはみんなでしよう 子ども達の健やかな成長のために 保育士ならではの視点で 充...
ABE さん/「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト ABE さん
「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) ライブから日越文化活動まで いつでもどこでも“楽しい”に全力 素人バンドから10年...
羽根井 豊  さん/「ワナ」ファウンダー 羽根井 豊 さん
「ワナ」ファウンダー
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) レシピ動画と安心安全な食品の販売で ベトナムに食育の場を広げたい 実体験から食の安...
永嶋 茂  さん/「ニジゲンプロジェクト」 代表 永嶋 茂 さん
「ニジゲンプロジェクト」 代表
文/有田紳介 二次元アイドル「暁バンマイ」をデビュー! Vチューバ―の世界観を楽しんでほしい 若い自分を救ってくれた趣味...
松尾 英子 さん/「アスカサービス」 講師 松尾 英子 さん
「アスカサービス」 講師
文/佐々木朋美 接客業の経験を活かしベトナムでマナー研修 形だけでなく、相手を思いやる心を伝える ベトナムでも必須化する...
高野 有貴さん/「ホアリーダナン」 代表 高野 有貴さん
「ホアリーダナン」 代表
色とりどりのベトナム雑貨に囲まれて 夫婦で築いたオンリーワンの店 運命的な出会いが導いた ハノイ~ダナンへの移住   ダ...
伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表
環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「...
和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー
文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな...
川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表
文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント...
倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者
文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ...
二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表
自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを...
山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表
ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題...
池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表
日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン...
五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー
愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住...
小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表
素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する...