ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2018/09/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結

国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金について、平均5.3%の引き上げ案を政府に提出することで一致した。

月額で、第1地域:418万VND、第2地域:371万VND、第3地域:325万VND、第4地域:292万VNDとなる。

議長はこの数字を、「物価上昇分を補てんしつつ、労働者が貯蓄でき、企業も対応できるもの」と評価した。
(VnExpress 8月13日)

解説

「600万~750万VND」――これは、「ホーチミン市で1人が1ヶ月生活するのに最低必要な額は?」とベトナム人オフィスワーカー数名に尋ね、「貯金はできませんが」との注釈付きで出てきた数字です。

どんなに長く現地で生活していても、日本人にはベトナム人のリアルな金銭感覚はよくわからないもの。上記の数字は、家賃200万VND、食費300万VND、交通費50万~60万VND、その他150万VNDといった内訳のようです。ベトナム労働総連盟の最近の調査でも、最低支出水準は月650万VNDと出ているようですから、このくらいは最低必要ということでしょう。労働傷病兵社会福祉省のまとめでは、2017年の労働者の平均月給は660万VND(前年比9.3%増)、外資では670万VNDとなっています。

今回の最低賃金改定案の労使交渉では当初、労働者側が8%増、企業側は据え置きを主張しました。企業側は、近年の物価上昇や企業競争力の伸びを大きく超えて最低賃金が急激に引き上げられていると強く主張していましたが、その後の交渉で今回の水準に落ち着きました。

世界遺産の国立公園で
44の新しい洞窟を発見

フォンニャー・ケバン国立公園(Vuon Quoc Gia Phong Nha-Ke Bang)で、自然のまま残され、人が未だ足を踏み入れていない44の洞窟が見つかった。

詳しい調査により、これらの洞窟が6つの異なる地質層の中にあることも判明した。今回見つかったこれらの洞窟を加えると、これまでに同地域では、計405の洞窟が発見されたことになる。
(Nguoi Lao Dong 8月7日, P. 2)

解説

ベトナムにおけるユネスコの世界遺産は、【文化遺産】フエの建造物群、古都ホイアン、ミーソン聖域、タンロン皇城、胡朝の城塞、【自然遺産】ハロン湾、フォンニャー・ケバン国立公園、【複合遺産】チャンアンの景観のほか、雅楽や中央高原のゴング文化も無形文化遺産に認定されています。

ベトナムでは戦争の影響から特に中部の開発が遅く、自然科学調査なども遅れていると言われています。フォンニャー・ケバン国立公園内にある世界最大のソンドン洞窟が見つかったのも2009年のことで、今後調査が進めば、洞窟以外にもさまざまな新発見があるかもしれません。

ところで、ベトナム観光開発の近年の“トレンド”にロープウェー建設があります。ハロン湾、インドシナ最高峰ファンシーパン山、世界的関心が集まるビーチリゾート、フーコック島にも作られ、ソンドン洞窟エリアにも建設計画の話が……。

ロープウェーを整備すれば一般人にも親しみやすくなり、観光の売り物になるのでしょうが、あえて手付かずのまま残すことも、ベトナムが考えるべき選択肢ではないかと思います。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

鎮静の青と安定の緑を取り入れて 緊張とストレスに疲れた心をほぐす 鎮静の青と安定の緑を取り入れて 緊張とストレスに疲れた心をほぐす

 仕事や対人関係といった緊張する場面や、金銭や健康に関する心配など、ストレスが溜まる原因は様々。そんな過度な緊張やストレ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

外国人の強制社会保険、 間もなく政令公告へ ベトナムで働く外国人の社会保険は、当面は、疾病、妊娠、労働災害・職業病の短期…