ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2018/08/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L

ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50億L、2025年には110億Lになると予想されている。

国家栄養研究所によると、1人当たりの清涼飲料消費量は過去15年間で7倍に増加している。

また、2017年のベトナム人の砂糖の消費量は1日46.5gで、WHO(世界保健機関)の推奨値(25g以下)の2倍近くとなっている。
(Sai Gon Tiep Thi 6月28日, P. 6)

解説

「1、2、3、4……(砂糖を)4杯いれたよ!!」。幼稚園児の子どもとベトナムで暮らす、ある日本人女性は、街の飲み物売りのおばさんからその場で搾ってくれるオレンジジュースを買った際に、我が子が発したこの言葉が今も忘れられないそうです。

ベトナムなど南国の飲み物の甘さは、日本でもかなり知られていると思いますが、その場で果物を搾る、シェイクする飲み物などでも、店の人が当たり前のように砂糖を3杯も4杯も入れる姿を見て、「イットドゥオン/It duong !」(砂糖少なめ!)と必ず注文をつける日本人女性も多いようです。

なぜこんなに甘いものを好むのか、正確な理由を知るには科学・歴史的な研究に頼る必要がありそうですが、「砂糖は体を冷やす働きをする」と言われており、これは頷ける理由の1つだと思います。

なお本記事では調査の詳細が不明ですが、「清涼飲料水」消費の伸びの背景には、その場で果物を搾ったりする街角の屋台での飲み物購入から、ボトル・缶飲料の購入へとシフトする傾向が強まっている、といった消費動向も影響しているかもしれません。

ベトナム人の輸入品好きが、
国産品の販売を低迷させる

ベトナム人の多くは、海外からの輸入品が常に国産品より高品質だと思い込んでいる。

ホーチミン市内のとあるベビー用品店には、タイ製の離乳食と国産品が並んでいる。成分はベトナム製品と大差ないが、価格はタイ製品の方が3倍高い。それでも店員によると、ほとんどの客が高価でも良質で安全と思っているようで、輸入品の方が売れ行きは良いという。
(Phu Nu 6月20日, P. 7)

解説

ベトナム人の輸入品好きは、自動車、家電、ファッション、食品と多岐にわたります。これは筆者の個人的見解に過ぎませんが、その“格付け”は、「欧米:最高級」「日本・韓国:高級」「タイ:良品」「中国:低級」といったところではないでしょうか。

ベトナム語の商品名を「英語」に変えたところ、売上が大きく伸びたという例もあるようで、こういった欧米に対する憧れは日本人に共通する気もしますが、ベトナムで輸入品が強く支持される背景には、「モノが欠乏し国産品と輸入品に圧倒的な品質差があった時代があった」、「高額な輸入品はステータスシンボルになった」…といった理由もあるでしょう。

ただ、モノに事欠くことがなくなり、ベトナム企業も力をつけつつある近年では、国産品を明らかに見下す傾向は、かなり縮小した気もします。昔から課題と言われていたデザインなどもずいぶん改善されました。
「低品質」の代名詞だった中国製品が実力をつけ世界でシェアを奪ったように、ベトナムでも国産品が支持されるようになる日はそう遠くないかもしれません。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

外国人の強制社会保険、 間もなく政令公告へ ベトナムで働く外国人の社会保険は、当面は、疾病、妊娠、労働災害・職業病の短期…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

「ベトナムに学べ」 中国紙がサッカー越U23代表を称賛 中国で開催された「サッカーAFC U-23選手権2018」で、ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

「どうせ聞いてもらえない」政策に 意見しないベトナム企業 「リーディングビジネスクラブ/Leading Business…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ホーチミン市に近代的な 予防接種センターがオープン ベトナムワクチン社は、ホーチミン市フーニュアン(Phu Nhuan)…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナムの台風被害に 日本が緊急支援 チャン・ダイ・クアン(Tran Dai Quang)国家主席は2017年11月7日…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2018年最低賃金6.5%増 最高は398万VNDに 国家賃金審議会は2017年8月7日(月)、2018年の地域別最低賃…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

外国人の強制社会保険 政令案提出を延期へ 労働傷病兵社会福祉省は、ベトナムで就労する外国人の社会保険加入義務化について、…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイ2030年バイク禁止、 決議承認へ ハノイ市の渋滞・環境汚染低減に向けた交通機関管理強化決議草案では、2030年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

25㎡のマンション建設認める 建設省 建設省は、ホーチミン市のダットラン(Dat Lanh)不動産社に対し、25㎡の商業…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

機能食品が急伸 健康意識の高まりで 保健省によると、2014年に新規登録された機能食品は1062点だったが、2015年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

裾野産業協会が発足 企業連携で産業発展 ベトナム裾野産業協会(VASI)が2017年3月18日(土)にハノイで発足。業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

全国民に「ヘルスレコード」 定期健診で病気を早期発見へ ベトナムで初めて、病気の早期発見を目的とした国民の「健康記録」を…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

日本留学の斡旋 悪質会社を処分・閉鎖へ 教育訓練大臣と梅田邦夫日本国特命全権大使は、ベトナム人留学生・実習生の管理、ベト…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2017年の不動産市場 主役は大衆向け住宅 ベトナム不動産協会は、住宅需要全体の70%を占める大衆向け物件が、2017年…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ニントゥアン省の原発計画 中止が決定 国会は2016年11月22日(火)、ニントゥアン(Ninh Thuan)省における…