ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

タグ:,
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2018/08/27 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L

ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50億L、2025年には110億Lになると予想されている。

国家栄養研究所によると、1人当たりの清涼飲料消費量は過去15年間で7倍に増加している。

また、2017年のベトナム人の砂糖の消費量は1日46.5gで、WHO(世界保健機関)の推奨値(25g以下)の2倍近くとなっている。
(Sai Gon Tiep Thi 6月28日, P. 6)

解説

「1、2、3、4……(砂糖を)4杯いれたよ!!」。幼稚園児の子どもとベトナムで暮らす、ある日本人女性は、街の飲み物売りのおばさんからその場で搾ってくれるオレンジジュースを買った際に、我が子が発したこの言葉が今も忘れられないそうです。

ベトナムなど南国の飲み物の甘さは、日本でもかなり知られていると思いますが、その場で果物を搾る、シェイクする飲み物などでも、店の人が当たり前のように砂糖を3杯も4杯も入れる姿を見て、「イットドゥオン/It duong !」(砂糖少なめ!)と必ず注文をつける日本人女性も多いようです。

なぜこんなに甘いものを好むのか、正確な理由を知るには科学・歴史的な研究に頼る必要がありそうですが、「砂糖は体を冷やす働きをする」と言われており、これは頷ける理由の1つだと思います。

なお本記事では調査の詳細が不明ですが、「清涼飲料水」消費の伸びの背景には、その場で果物を搾ったりする街角の屋台での飲み物購入から、ボトル・缶飲料の購入へとシフトする傾向が強まっている、といった消費動向も影響しているかもしれません。

ベトナム人の輸入品好きが、
国産品の販売を低迷させる

ベトナム人の多くは、海外からの輸入品が常に国産品より高品質だと思い込んでいる。

ホーチミン市内のとあるベビー用品店には、タイ製の離乳食と国産品が並んでいる。成分はベトナム製品と大差ないが、価格はタイ製品の方が3倍高い。それでも店員によると、ほとんどの客が高価でも良質で安全と思っているようで、輸入品の方が売れ行きは良いという。
(Phu Nu 6月20日, P. 7)

解説

ベトナム人の輸入品好きは、自動車、家電、ファッション、食品と多岐にわたります。これは筆者の個人的見解に過ぎませんが、その“格付け”は、「欧米:最高級」「日本・韓国:高級」「タイ:良品」「中国:低級」といったところではないでしょうか。

ベトナム語の商品名を「英語」に変えたところ、売上が大きく伸びたという例もあるようで、こういった欧米に対する憧れは日本人に共通する気もしますが、ベトナムで輸入品が強く支持される背景には、「モノが欠乏し国産品と輸入品に圧倒的な品質差があった時代があった」、「高額な輸入品はステータスシンボルになった」…といった理由もあるでしょう。

ただ、モノに事欠くことがなくなり、ベトナム企業も力をつけつつある近年では、国産品を明らかに見下す傾向は、かなり縮小した気もします。昔から課題と言われていたデザインなどもずいぶん改善されました。
「低品質」の代名詞だった中国製品が実力をつけ世界でシェアを奪ったように、ベトナムでも国産品が支持されるようになる日はそう遠くないかもしれません。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

貸店舗、借り手不足で 厳しい状況続く 新型コロナウイルス感染症が落ち着き、経済活動が再開されたにもかかわらず、ホーチミン…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

航空各社、 国内線を平常運航へ 航空各社によると、社会隔離措置が終わり、観光需要を刺激するためにプロモーションを行ったこ…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

訪日ベトナム人に“生”の情報発信 「KOKOROプロジェクト」 在ベトナム日本国大使館は「ベトナム人の留学・就労・在留を…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

KFCベトナム、 ドラゴンフルーツバーガーを発売 武漢肺炎の影響を受ける農産物を救うべく、ファストフードKFCベトナムが…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

酒を販売する飲食店に 警告文を義務付け 政府が公告したアルコール被害防止法の細則政令によると、アルコール15度未満の酒、…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ベトナム人が自動車を選ぶ基準 どんな自動車を好むのか 税関総局によると、2019年11ヶ月の自動車輸入台数は前年同期比9…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

改正労働法が成立 定年引上げ、年間残業は変更無し 国会は11月20日、改正労働法案を賛成多数で可決した。9月2日建国記念…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナム人の英語力、 100ヶ国中52位 スイスの教育機関「エデュケーションファースト/Education First」…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

外国人が「最も暮らしやすい国」、 ベトナムは世界で2位 「インターネーションズ/InterNations」 社は、201…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

11月、カントー市で 日越経済・文化交流フェス ベトナム商工会議所(VCCI)とカントー市は東京で2019年8月9日、同…

ベトナムの今がよくわかる /ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2016~2018年の情報を知る 「企業白書」を初発行 「ベトナム企業白書2019」発表式で、副首相は最新の正確なデータ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

2020年の最低賃金、 5.5%引き上げ 国家賃金審議会は2019年7月11日、月額最低賃金を現行より5.5%(15万~…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説8月号

アフリカ豚コレラ、 被害が180億円に ベトナムではこれまでに55地方でアフリカ豚コレラ(ASF)が発生し、豚220万頭…

ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる ベトナムニュース解説7月号

ビングループが AI研究所を設立 複合企業「ビングループ/Vingroup」は2019年4月17日、人工知能(AI)の科…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ベトナムの高齢化が急速に進行、平均寿命は東南アジア3位 ベトナム高齢者協会は、「アジアの高齢化への適応」をテーマとしたセ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

新春の縁起の良い日に「ゴールド」を買う 旧暦1月10日は「財神」(Than Tai)の日。この日にゴールドを買えば1年中…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ハノイでF1、開催費6000万USD ハノイは、2020年4月に自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」を開催…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ベトナム米を国際ブランドに、ロゴマークを発表 農業農村開発省は「第3回ベトナム稲作フェスティバル」でベトナム米のロゴを公…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

コンビニ競争激化、本格的な成長期に 不動産管理会社「サヴィルズ/Savills」は、10年間の模索期を経てコンビニが本格…