ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2018/04/16 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ
自分のデザインが形になるのが楽しい

あのときズボンが破れていなければ
今ベトナムにいないかもしれない

日本でグラフィックデザイナーをしていた鈴木トミコさんが、バックパッカーとしてタイ、マレーシア、シンガポールなどアジア各国を回りベトナムを訪れたのは、今から約20年前のことだ。

「ホーチミン市1区のデタム(De Tham)通りを歩いていたときにズボンが破けて、近くのお店で直してもらったんです。その店の主人が『うちで作った商品を日本で売っているフランス人がいる』という話をしてくれて。あ、自分もその方法でやろう!って思ったんです」

帰国後、百貨店や駅ビルでのイベントを経て、東京・恵比寿に雑貨店「ティルタガンガ」を構えた。主に販売したのはホーチミン市のアトリエで作ったアオザイたち。当時日本で起こっていたベトナム文化の流行りに乗り、繁盛した。

「でも、ベトナムブームも終わってしまって。次は何をやろうかなって考えたときに、べトナムには刺しゅうがあるから、それでバッグを作ろうと思ったんです」

日本で3年間、革職人に弟子入りしてバッグ製作を修行、2009年に拠点をベトナムに移した。こうして刺しゅうバッグブランド「パンガンダラン」が誕生する。

「バッグは製作工程が多く、自分がベトナムにいないと難しいので住むことにしたんです。ベトナムとの縁の全ての始まりはズボンが破れたこと。それがなかったら、今ここにいないと思いますね」

手間も時間もかかる刺しゅうバッグ
それでも楽しいと思える瞬間がある

「1番好きなのは、やっぱりデザインするときですね。大変だし、ウンウン唸りながらやるんですけど(笑)」

「パンガンダラン」の店内に並ぶバッグやポーチの1つひとつについて説明する姿にも、愛情の深さが感じられる。

「このバッグはナイロンなのですごい軽いんですよ。麻やコットンなど生地や材料は、ベトナムで自分で調達しています」

まずは、生地をデザインと一緒に刺しゅう職人に渡し出来上がったら、自ら型通りに生地を切り、革と合わせて革職人へ。職人は手刺しゅう、ミシン刺しゅう、革の工程に各数人いるが、主力メンバーは開業時から変わらない。

1つのバッグが出来るのに、最短でも2ヶ月の時間を要するという。

「生地や革をデザインするのは自分でも、実際に出来上がったときにはまたイメージが変わるので、面白いんです」

刺しゅうバッグのデザインを始めた当初は、思い描いたものと異なる出来上がりになってしまうことがよくあった。

「この色にはこれ、この生地はこっちが良いとか、だいぶわかるようになりました」

人気シリーズ(写真内の鈴木さん所持)は2ヶ月ごとの製作サイクルで新デザインを加える。4月にはまた新しい絵柄や色のバッグが店頭に並ぶ予定だ。

「これからは、お土産向けの商品も増やしていけたらなと思ってます」

鈴木トミコ すずきとみこ
日本でグラフィックデザイナーとして勤務。1年間アジアを旅した後、東京でアジア衣料雑貨店をオープン。2009年に来越し、「パンガンダラン/pangan daran」を立ち上げた。現在はホーチミン市1区チャンフンダオ(Tran Hung Dao)通りに店を構える。
ウェブサイト:http://pangandaran.jp

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

佐久間静香 さん/ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー 佐久間静香 さん
ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー

ニューエイジキャリアサービスの質を高めて “意外にも”快適な空の旅を届けたい 営業ウーマンかキャビンクルーか 悩んで迷っ…

酒井俊 さん/歌手 酒井俊 さん
歌手

ベトナムで歌うことで得た 価値のあるおだやかな時間 音楽“鑑賞”が稀なベトナムで 盲目人ピアニストと共演し感じたこと 2…

野口亮祐 さん/健康インストラクター 野口亮祐 さん
健康インストラクター

薬を飲まなくても病気を治す方法がある 伝統療法による健康手段を海外でも提案したい 健康体に突如襲い掛かった激痛 操体法に…

鵜飼朋子 さん/「ZUZU Concept Store」 オーナー 鵜飼朋子 さん
「ZUZU Concept Store」 オーナー

モノの作り手と買い手を結ぶカフェ 込められた想いやストーリーを伝えていきたい ベトナム中部の古民家をリフォーム 空間作り…

野口健一 さん/EEカンパニー  ビジネスダイレクター 野口健一 さん
EEカンパニー ビジネスダイレクター

自分らしさを求め、新たな挑戦をベトナムで 表現者から、表現力のあるタレントの育成へ 夢を追いかけ掴んだデビュー 音楽プロ…

月森砂名 さん/「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー 月森砂名 さん
「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー

主役は日本酒”のバーを開いて3年 清酒を通して日本文化をもっと伝えていきたい ビジネスで日本文化を発信 結びついたホーチ…

溝尾 和也 さん/エウレカストーン代表 溝尾 和也 さん
エウレカストーン代表

「自分だけにしかできないこと=石材」だった ベトナムで感じたセメントタイル事業の将来性 競争相手のいなかったビジネス “…

石田安彦さん/兎家ゲストハウスオーナー 石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

目指したのは“自分が泊まりたい宿” 宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに 穴が空いた壁や天井を 完全リノベーション…

脇山 春香 さん/ベティック(VIETHICH)運営 脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

サポート役としての情報発信 “誰かのために”は必ず自分に返ってくる ウェブサイトを開設して約2年半 きっかけはすべて“人…

古賀昇さん/キックボクシングジム運営 古賀昇さん
キックボクシングジム運営

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営 見通しのないスタートから走り続けた4年間 始まりはとてもシンプル 自分…

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…

ベトナムの日本人/成田樹紀/カルダモン店主・商品企画開発者 ベトナムの日本人
成田樹紀
カルダモン店主・商品企画開発者

食の提供だけではなく、問題解決をしたい ランチを通して、新しいライフスタイルの提案を “持ち前の感性”で始めたカレー屋 …

ベトナムの日本人/桑原伸一郎/ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ ベトナムの日本人
桑原伸一郎
ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ

頭を使えば、タイムを上げられる 鍛えるだけではない水泳スタイルをベトナムに 強くなるために分析、研究 “頭を使う”、それ…