ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
石橋英晴さん
ソムリエ&「レッドエプロン」 コーポレートマネージャー

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2017/04/16 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

変化するベトナムでのワイン事情を見つめ続ける
原動力は“お客様に喜んでもらいたい”

Japanese_5707

「私が初めてベトナムに来た2005年と比べ、きちんと温度管理をしているワインショップが随分増え、ベトナム人の若者もワインを飲むようになりましたね」

2016年12月よりワインショップ「レッドエプロン/RED APRON」のコーポレートマネージャーを務める石橋英晴さんは、20代前半、アメリカの鉄板焼き店で勤務していてワインに興味を持った。当時は大瓶の“がぶ飲みワイン”が主流だったが、ワインと料理の相性に衝撃を受けたのがきっかけだ。帰国後の1990年には日本ソムリエ協会認定呼称資格を取得した。

初めてホーチミン市を訪れたのは、ホテル内にできる和食店立ち上げの仕事のオファーを受けたからだった。「ベトナムに来たかったというより、また海外でチャレンジしたかったので、仕事があるなら行こう、と」

2007年にはウィンザープラザホテルの日本人マーケットのマネージャーに就任。

「集客のため、2ヶ月に1度ワインディナーを企画しました。フルコースに合わせたワイン3種の飲み放題を付けて50万VND。口コミで評判が広まり、予約が殺到しました」 

その後しばらくは運送業、製造業、不動産の営業を経験し、ワインは趣味としての楽しみに。実は、「この頃の経験が今も役立っている」と自信をのぞかせる。

「他業界を経験したことで、人のネットワークが広がりました。それぞれの業界の裏側を知り、ベトナムを多方向から見ることができたのもよかったですね」

2015年には知人の依頼で、東京のミシュラン一つ星のフランス料理店にてソムリエとして勤務し、現場復帰を果たした。別の仕事でホーチミン市に戻るも突然、会社都合で職を離れることになった時、声をかけてくれたのが「レッドエプロン」だった。

「実は新しい職場という気があまりしないんです。普段からよく買いに来ていて、どこに何があるかも知っていたので」

働き始めて特に感じているのは、ベトナムのワインを取り巻く環境の変化だ。

「2010年以降、経済も上向きになり、広がり方はすごいですね。特に富裕層や越僑の方たちのワイン消費量は日本人とは比べ物にならないほど多い。一気に何ケースも買われますし、舌が肥えていて、美味しいものを良くご存じです」

一方で、ワイン普及に関してはベトナムならではの問題も残されている。

「ワインは醸造酒なので、風味が輸送の状況に左右されやすい。店に搬入されるまでの様子は分からないので、お客様が『本当においしかった』と言って下さると、よい環境で運ばれてきたんだなとホッとします」

ソムリエの資格取得から27年目。

「ワインの仕事から離れていた間に変化したことは多い。いつも自信を持って勧められるよう、これからも勉強は続けます。お客様に喜んでもらいたい。それはいつも一番に思っていることですから」

すっと前を見据え、はっきりとした口調で語った。

石橋英晴 いしばしひではる
福岡県出身。アメリカでの飲食店勤務を経て、日本ソムリエ協会認定資格を取得。日本と海外を行き来しながら、ホテルや飲食店のマネジメント業を経験。2005年に来越して以降ホテル、飲食店などの勤務を経て、2016年12月より現職

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの日本人/榎本俊明さん/ラーメンエノ店主 ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して ホーチミン市10区に店を構え…

ベトナムの日本人/竹野和浩さん/ケイテンベトナム社長 ベトナムの日本人
竹野和浩さん
ケイテンベトナム社長

技術も自転車も“本物”を知ってもらいたい Uターンを知らない自転車乗りの、ベトナムでの挑戦 高校・大学と本格的に自転車競…

ベトナムの日本人/小田ならさん/京都大学特任研究員 ベトナムの日本人
小田ならさん
京都大学特任研究員

西洋医学が発展してもなお、ベトナムに根付く伝統医学。 時代とともに変化する様を楽しく追いかけていきたい 「苦しい状況に立…

ベトナムの日本人/和島祐生さん/株式会社ベーホーワークス/CEO・共同創立者 ベトナムの日本人
和島祐生さん
株式会社ベーホーワークス
CEO・共同創立者

「やりたい」だけで終わらせるのは“不健康” 起業もイベントも、おもしろそうなことは、どんどんやりたい 弱冠27歳にしてベ…

ベトナムの日本人/宇佐美淳さん/『ベトナムフットボール/ダイジェスト』編集長 ベトナムの日本人
宇佐美淳さん
『ベトナムフットボール
ダイジェスト』編集長

かつてJリーグに熱狂した少年が今、夢を託す先。 日本人としてベトナムサッカーの発展に貢献したい 日本人にはまだなじみの薄…

ベトナムの日本人/藪下成仁さん/バリア・ヴンタウ省人民委員会/ジャパンデスク事務局 ベトナムの日本人
藪下成仁さん
バリア・ヴンタウ省人民委員会
ジャパンデスク事務局

ベトナム政府側に立ち、日本との架け橋に。 ヴンタウで培った経験をさらなる飛躍へと繋げたい ベトナム南部有数の観光地バリア…

ベトナムの日本人/高山徹さん/ブラジリアン柔術師範 ベトナムの日本人
高山徹さん
ブラジリアン柔術師範

道着1つあれば、世界中どこへ行っても友達になれる。 ブラジリアン柔術の波がベトナムに広がることを願って ハノイ中心部の、…

ベトナムの日本人/村山康文さん/フォトジャーナリスト ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

文洋さんが教えてくれた「責任」 人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい 「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思…

ベトナムの日本人/増田 悠さん/「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ ベトナムの日本人
増田 悠さん
「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ

子どもたちの可能性を広げるために店を持った 人生を大きく変えたボランティアでの出会い タイ(Tay)湖を望むレストラン「…

ベトナムの日本人/とも/メイド ベトナムの日本人
とも
メイド

人との関わりを避けて生きてきた私が、周りに支えられている。 真っ白なハートでメイド修行を絶賛継続中! 「出身はキラキラ☆…

ベトナムの日本人/須田卓哉さん/ベトナム弓道クラブアドバイザー ベトナムの日本人
須田卓哉さん
ベトナム弓道クラブアドバイザー

ベトナム人の弓道への情熱に突き動かされて。 教えるという立場ではなく、同じ目線で一緒に練習 とある日曜の午後、ハノイ市内…

ベトナムの日本人/井出一博さん/中川新介さん/お笑い芸人・ダブルウィッシュ ベトナムの日本人
井出一博さん
中川新介さん
お笑い芸人・ダブルウィッシュ

語学ができない、仕事も足りない。全然満足していない。 ベトナム語の壁を突破し、「超有名お笑い芸人」に跳ね上がりたい 真っ…

ベトナムの日本人/小林由紀夫さん/佐瀬新さん/野菜宅配サービス「しゅん」運営 ベトナムの日本人
小林由紀夫さん
佐瀬新さん
野菜宅配サービス「しゅん」運営

豊かな食生活とは、「自分の食べているものがたどれる」こと。 畑と食卓、生産者と消費者の想いをつなげることが使命です 残留…

ベトナムの日本人/河田恵美さん/翻訳家 ベトナムの日本人
河田恵美さん
翻訳家

身近にあるもので暮らしや心を豊かにできる! 肌に優しい手作り石けんで魅せられたベトナムの天然素材の力 女心をくすぐるシン…

ベトナムの日本人/尾島祥吾さん/ボクシングトレーナー ベトナムの日本人
尾島祥吾さん
ボクシングトレーナー

燃え尽きられなかった男がベトナム人に託す夢 初の日本プロボクサーとチャンピオンの誕生を目指す!  2014年6月、27歳…

ベトナムの日本人/金田力さん/会社経営者 ベトナムの日本人
金田力さん
会社経営者

ベトナムのディープな「信仰」に魅せられて カメラを手に続くエネルギッシュな巡礼の日々 「ベトナムで人気の女神は、なんとい…

ベトナムの日本人/大谷彩乃さん/アーティスト ベトナムの日本人
大谷彩乃さん
アーティスト

フランス人の友人が見初めた絵から、アーティストに。 ここでの交流を通してヨーロッパに羽ばたける作品を作りたい! 幾何学模…

ベトナムの日本人/池山諒太さん、三谷謙太さん/日系サッカースクール「F.C.JATS」コーチ ベトナムの日本人
池山諒太さん、三谷謙太さん
日系サッカースクール「F.C.JATS」コーチ

サッカーを通じて、感情をもっと素直に表現する大切さと どこにいても通用するハングリー精神を培ってもらいたい 「どこにいて…

ベトナムの日本人/丹羽隆志さん/建築家 ベトナムの日本人
丹羽隆志さん
建築家

べトナムの風景を担う作品を。 現場に柔軟に対応しながら緑あふれる空間づくり 「前面の木を切れないかと相談されましたが、あ…

ベトナムの日本人/萩原周一さん/居酒屋「魚源」店主 ベトナムの日本人
萩原周一さん
居酒屋「魚源」店主

直感を信じ、流れ流れて彼女の故郷バリア・ブンタウ市へ 「本物」がある大好きな場所で、家族とともに生きていきたい 「自分で…