ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > スケッチ特別インタビュー > ...

「日本、アメリカ、ベトナムだけでなく、海外でメガホンをとる監督として活躍していきたい」

タグ:,
カテゴリ:スケッチ特別インタビュー
更新:2017/02/15 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

SpecialInterview_003

ホーチミン市を舞台としたアクションコメディ映画『サイゴンボディガード』が2016年12月に封切られた。ベトナム出資、ベトナム人フルキャストの本格作品に、日本人監督として初めて挑戦したのが落合賢氏だ。制作を経て、落合監督が新たに得た視点とは。苦労話やベトナム人キャストの印象など、撮影エピソードと共に聞いた。

――なぜ映画の舞台をサイゴンに?

ベトナムでは映画産業の中心がホーチミン市であり、撮影環境がハノイより整っていたことが理由の1つです。「サイゴン」(ホーチミン市の旧称)という音の響きもしっくりきました。撮影はホーチミン市の1~7区あたりで、レンタントン通りのCJオフィスなど、みなさんが知っている場所もたくさん出てくると思いますよ。

制作が決まった後も、かなり不安はありました。クランクイン自体できるかどうかも心配でしたし、脚本など検閲を受けなければいけなかったので、それが通るかどうかという危惧もありました。

――すべてベトナム人キャストですが、何かギャップを感じたことは。

そうですね、例えば、「これ、できる?」と尋ねて「できる、できる!」って返されたはずなのに、実は全くできていないとか(笑)。臨機応変に対応する必要があったので、それゆえに思い入れの強い作品になったという面はあります。

ベトナム人役者たちは「良い映画をつくろう」という意欲に満ち溢れていて、自分の意見を積極的に言ってくれるんですよ。チャレンジ精神も旺盛で、アクションシーンの9割は、本人がやってくれました。日本であればスタントマンを起用するであろう、バイクで路地を駆け巡るシーンも役者自身がやってくれるというのはベトナムならではでしたね。

――自身初のベトナム長編映画の制作を経て、これから目指す先は。

ベトナム映画を現地で撮る、というのは、日本映画やアメリカ映画をベトナムで撮るのとは大変さが全く違うと感じました。「単身でベトナムに乗り込む!」という心持ちだったので、きちんと形にすることができて、かなり自信がつきましたし、これなら世界中どこでも撮れるなと。

今まで日本やアメリカでの制作が多かったですが、“外国で映画を撮る監督”という強みを生かし、ベトナムはもちろん、他のアジアでも映画を作っていきたいです。ゆくゆくは“日本人とベトナム人共演のベトナム映画”も作れたらいいですね。ただ面白いものでないと観客に響かないので、その大前提は忘れないようにしたいです。

映画には、その時その時代の国の文化がとても色濃く反映されていると思っています。今回の映画がベトナムをさらに深く知るきっかけになったら、とても嬉しいです。

SpecialInterview_004

『サイゴンボディガード/Ve Si Sai Gon』
大企業の後継者誘拐をめぐって、キム・リー(Kim Ly)演じるトリン(Trinh)とタイ・ホア(Thai Hoa)演じるビエン(Vien)の最強のボディガード2人がサイゴンを駆け巡るアクションコメディ。笑いが満載のテンポ良い作品だ。2016年12月よりベトナム全国のCGV映画館などにて上映。

落合賢 
1983年生まれ。東京都出身。高校卒業後に渡米し、南カリフォルニア大学で映画制作を学ぶ。大学卒業後は、アメリカ映画協会付属大学院(AFI)映画監督科で修士号を取得。短編と長編合わせて30本以上の作品を国内外で監督している。代表作にウエンツ瑛士主演の『タイガーマスク』、『太秦ライムライト』など。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

スケッチレポート/西野亮廣氏が/出版記念講演会を開催 スケッチレポート
西野亮廣氏が
出版記念講演会を開催

2017年10月4日(水)に『革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜』を上梓した、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮…

世界の子どもたちに教えたい、野球の楽しさとワクワクを 世界の子どもたちに教えたい、野球の楽しさとワクワクを

名球会がベトナムにやって来た。2017年2月のハノイに続き、9月は南部で少年野球教室「名球会ASEANベースボールプロジ…

「イベントを通じて、日本 の質の高い美容技術や総合 的なクリエイティヴィティ をアジアの若者に発信した いんです」 「イベントを通じて、日本 の質の高い美容技術や総合 的なクリエイティヴィティ をアジアの若者に発信した いんです」

今や日本を代表するポップカルチャーとなった “kawaii”ファッションやメイクを通じて日越の文化交流を図るイベント「日…

公演は生命線。僕らの芝居を1回しか見られない方にも何かを持ち帰ってもらいたい。 公演は生命線。僕らの芝居を1回しか見られない方にも何かを持ち帰ってもらいたい。

2016年5月中旬、江戸糸あやつり人形芝居をベトナム演劇と融合させ、意欲的な舞台『野鴨中毒』を披露した結城座。380年の…

初来越! ももいろクローバーZが歌って踊る! 初来越! ももいろクローバーZが歌って踊る!

世界中のみんなから、 「ももクロ知ってるよ」と言われたい 日本で絶大な人気を誇る「ももいろクローバーZ」が初来越! 3月…

あらゆる芸能の中で最も “弱いもの”、それが落語。/笑うこと以外許されない 空間で、本物の面白さを 味わってほしい あらゆる芸能の中で最も “弱いもの”、それが落語。
笑うこと以外許されない 空間で、本物の面白さを 味わってほしい

2016 年で第 9 回目を迎える「志の輔らくご IN HCMC、芸春~笑う門には春来たる~」が3月26 日(土)に「ニ…

人気芸人の宮川大輔とケンドーコバヤシが来越!/トークライブ「あんぎゃー」を開催 人気芸人の宮川大輔とケンドーコバヤシが来越!
トークライブ「あんぎゃー」を開催

ベトナムには、また絶対遊びに来たいです。 というか、「常にいたい」ですね。 2015年11月10日(火)、吉本興業の人気…

海外ドラマ初出演!/松下奈緒さんがハノイで記者会見 海外ドラマ初出演!
松下奈緒さんがハノイで記者会見

『タイヨウのうた』の現場では「シンチャオ」と言うと、 みなさん笑顔で返してくれました。 写真/勝恵美 TBSの連続ドラマ…