ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2016/12/25 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ニントゥアン省の原発計画
中止が決定

国会は2016年11月22日(火)、ニントゥアン(Ninh Thuan)省における原子力発電所プロジェクトの実行中止決議案を可決した。

記者会見で政府は、他の重要プロジェクトに投資を集中させる経済的な問題のためで、安全性や技術のためではないと強調。支援パートナーの日本とロシアからも理解を得られたと説明した。

(『Tuoi Tre』2016年11月23日、p.03)

解説

原発開発計画が国会で正式承認されたのは2009年。支援パートナーがロシアと日本に決まり、人材育成など様々な準備作業が進められていました。元々は2014年着工、2020年に運転開始となっていた予定が大幅に遅れ、事業が難航していた面はありましたが、中止という判断に至ったのはやはり衝撃的で、力を入れていた日本にとっては大きな打撃と言えます。

福島第1原発事故を受け、より高く・安全な技術が必要になったことによるコスト増、建設費が決定時と比べ倍増しているなど財政的な問題が主

な理由として挙げられています。加えて、電力需要の伸びの低下、輸入電力や風力・ソーラーなど再生可能エネルギーの導入拡大、2016年4月に発生した製鉄所による海洋環境汚染、東海(Bien Dong)における問題なども含め慎重に判断したようです。

課題である電力でベトナムは近年、風力やソーラーを中心に再生可能エネルギーを活用したプロジェクトを多数進めているほか、社会問題のひとつであるゴミを使った発電に対する期待も高まっており、日本企業も参画しています。

休暇2週間も当たり前
各社のテト対応

首相が2017年のテト休暇を1月26日(木)から2月1日(水)の7日間と決めたことで、故郷が遠い工場労働者には、帰省にかかる時間に対して休暇が短いと感じる人も多い。ただし、この7日間というのは公務員に適用されるもので、企業は各社がそれぞれに休暇計画を決める。実際には多くの企業がもっと長い休暇を設定しており、2週間休みになる企業もある。

(『Lao Dong』2016年11月17日、p.01)

解説

ベトナム人にとって1年で最も重要なイベントである旧正月「テト/Tet」。例年、新暦1月後半から2月中旬に重なり、クリスマス、新正月、旧正月と約2ヶ月にわたって街中は賑やかな様子が続きます。

日系企業を含め各社は数ヶ月前からテトの準備に余念がありません。年に1度の長期休暇の帰省ラッシュを懸念し、会社で従業員の送迎バスを出したり、交通費を支援したりするのは珍しくなく、休暇をずらして交通混雑を避けたり、地方出身者の休暇を増やしたりする例もあります。従業員の

日頃の貢献に感謝を示そうと、年末年始にカラオケ大会や文化・芸術公演などのイベントを開く企業も多く、自社製品の割引販売や抽選会を実施したり、帰省できない従業員にプレゼントを贈ったりするところもあるようです。

誰もが待ち望むテト休暇ですが、帰省した従業員が休み明けに職場に戻らず、人材確保に悩む企業も少なくありません。戻らない理由は様々ですが、より給料の高い会社への転職や、地方出身者の場合は都会の生活費が高く、帰省したまま戻らないといった話もよく耳にします。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

裾野産業協会が発足 企業連携で産業発展 ベトナム裾野産業協会(VASI)が2017年3月18日(土)にハノイで発足。業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

全国民に「ヘルスレコード」 定期健診で病気を早期発見へ ベトナムで初めて、病気の早期発見を目的とした国民の「健康記録」を…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

日本留学の斡旋 悪質会社を処分・閉鎖へ 教育訓練大臣と梅田邦夫日本国特命全権大使は、ベトナム人留学生・実習生の管理、ベト…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2017年の不動産市場 主役は大衆向け住宅 ベトナム不動産協会は、住宅需要全体の70%を占める大衆向け物件が、2017年…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

入国ビザ発給手数料を引き下げ 財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…