ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2016/10/10 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

文洋さんが教えてくれた「責任」
人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい

img_0605

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思ったんよ」。

大切な宝物をそっと取り出すように、報道写真家・石川文洋氏との出会いを振り返るのは、ベトナムの社会問題を追うフォトジャーナリストの村山康文さんだ。

「世間で悪いとされていることは一通りやった」という荒んだ20代を過ごしていたが、1998年に大学の夜間コースへ入学。同時期に教授の紹介で石川氏のベトナムツアーに同行した。

「すべての所作から、優しさがにじみでている人」と村山さんが話す石川氏は、作品のひとつに『飛び散った体』がある。解放軍兵士の死体と、それを手に吊り下げて持つアメリカ兵の写真だ。

「悲惨な人殺しを目の前で見てきた人なのに、なぜこうも優しいのか。すべてを許し、理解をされている人だと感激しました」。

ツアー後、一人でもベトナムを訪れるように。「異臭が漂いゴミ溜めのようだった」バックパッカー街には麻薬の打ち損じで倒れている人がいるなど、この国のリアルを目の当たりにした。自分の辛かった過去とも重なったといい、「自分より苦しい生活をしてる人が、わんさかおった。なのに何でおまえらケラケラ笑ってんねん! ってめっちゃ腹が立った」と笑いながら振り返る。

これら一連の出会いと経験に背中を押され、フォトジャーナリストの道を進み始めた。

ジャーナリストの中には、取材対象者に感情移入はしない人もいるが、村山さんは「たやすいことではないのは百も承知やけど」と前置きした上で、「その人の人生をともに背負う覚悟でいる」と言い切る。50年にわたってベトナムに関わり続けている石川氏には、「一度関わったからには、責任をもつ」と教えてもらった。

「文洋さんのように優しい人になりたい。それが僕のすべてです」。

取材時に感じるジレンマは当然ある。

「僕に何ができるわけでもない。話す必要性なんかひとつもないじゃないですか」と口早に吐露する。それでも、悲しみを抱えて生きる人の声にならない声をさらけ出してもらえる瞬間は、「感動で胸が震える」という。

心に残っている取材の1つは、HIVに感染した男の子・フー君との1年半にわたる交流だ。心の距離が縮まるまでに時間を要したが、何度も会いに行き友達のように遊んでいた。

「最後に会った日、横たわったまま僕に向けたフーの柔らかな笑顔が今でも心に焼き付いています」。

ベトナム戦争中に娘を目の前で虐殺された、老婆レさんへの取材も印象深い。インタビュー後、堰を切ったように泣き崩れたレさんの姿を、自身も発狂しそうになりながら必死でシャッターを切り続けた。

最終目標は、世界が平和であることだ。

「世界が良い方向に向かっていくための作業をやる人がいても、いいんじゃないかな。僕にとっては、時代を記録していくことです」と村山さん。フォトジャーナリストとしてベトナムの今と真正面から向き合い、“真実”だけを切り取っていく。

村山康文 むらやまやすふみ

兵庫県出身。1998年9月、使い捨てカメラを手に石川文洋氏に同行し初来越。同時にカメラを始める。2008年3月、初の書籍となる『いのちの絆 エイズ・ベトナム・少女チャン』を出版。ホーチミン市の戦争証跡博物館に写真を常設展示。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

平野一孝 さん/「ジュエルダイナー」オーナー 平野一孝 さん
「ジュエルダイナー」オーナー

かつて通った、思い出の店を偲びながら 海外生活初の地で、アメリカの国民食に挑戦 帰任が決まり、退社&独立を決意 準備に1…

三輪枝里さん/美ボディメイク インストラクター 三輪枝里さん
美ボディメイク インストラクター

エクササイズで体を整え、健康メンテナンス 女性の“美しく変わりたい”をサポートしたい “治す”“整える”の2つの側面から…

佐久間静香 さん/ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー 佐久間静香 さん
ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー

ニューエイジキャリアサービスの質を高めて “意外にも”快適な空の旅を届けたい 営業ウーマンかキャビンクルーか 悩んで迷っ…

酒井俊 さん/歌手 酒井俊 さん
歌手

ベトナムで歌うことで得た 価値のあるおだやかな時間 音楽“鑑賞”が稀なベトナムで 盲目人ピアニストと共演し感じたこと 2…

野口亮祐 さん/健康インストラクター 野口亮祐 さん
健康インストラクター

薬を飲まなくても病気を治す方法がある 伝統療法による健康手段を海外でも提案したい 健康体に突如襲い掛かった激痛 操体法に…

鵜飼朋子 さん/「ZUZU Concept Store」 オーナー 鵜飼朋子 さん
「ZUZU Concept Store」 オーナー

モノの作り手と買い手を結ぶカフェ 込められた想いやストーリーを伝えていきたい ベトナム中部の古民家をリフォーム 空間作り…

野口健一 さん/EEカンパニー  ビジネスダイレクター 野口健一 さん
EEカンパニー ビジネスダイレクター

自分らしさを求め、新たな挑戦をベトナムで 表現者から、表現力のあるタレントの育成へ 夢を追いかけ掴んだデビュー 音楽プロ…

月森砂名 さん/「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー 月森砂名 さん
「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー

主役は日本酒”のバーを開いて3年 清酒を通して日本文化をもっと伝えていきたい ビジネスで日本文化を発信 結びついたホーチ…

溝尾 和也 さん/エウレカストーン代表 溝尾 和也 さん
エウレカストーン代表

「自分だけにしかできないこと=石材」だった ベトナムで感じたセメントタイル事業の将来性 競争相手のいなかったビジネス “…

石田安彦さん/兎家ゲストハウスオーナー 石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

目指したのは“自分が泊まりたい宿” 宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに 穴が空いた壁や天井を 完全リノベーション…

脇山 春香 さん/ベティック(VIETHICH)運営 脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

サポート役としての情報発信 “誰かのために”は必ず自分に返ってくる ウェブサイトを開設して約2年半 きっかけはすべて“人…

古賀昇さん/キックボクシングジム運営 古賀昇さん
キックボクシングジム運営

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営 見通しのないスタートから走り続けた4年間 始まりはとてもシンプル 自分…

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…