ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2016/10/10 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

文洋さんが教えてくれた「責任」
人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい

img_0605

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思ったんよ」。

大切な宝物をそっと取り出すように、報道写真家・石川文洋氏との出会いを振り返るのは、ベトナムの社会問題を追うフォトジャーナリストの村山康文さんだ。

「世間で悪いとされていることは一通りやった」という荒んだ20代を過ごしていたが、1998年に大学の夜間コースへ入学。同時期に教授の紹介で石川氏のベトナムツアーに同行した。

「すべての所作から、優しさがにじみでている人」と村山さんが話す石川氏は、作品のひとつに『飛び散った体』がある。解放軍兵士の死体と、それを手に吊り下げて持つアメリカ兵の写真だ。

「悲惨な人殺しを目の前で見てきた人なのに、なぜこうも優しいのか。すべてを許し、理解をされている人だと感激しました」。

ツアー後、一人でもベトナムを訪れるように。「異臭が漂いゴミ溜めのようだった」バックパッカー街には麻薬の打ち損じで倒れている人がいるなど、この国のリアルを目の当たりにした。自分の辛かった過去とも重なったといい、「自分より苦しい生活をしてる人が、わんさかおった。なのに何でおまえらケラケラ笑ってんねん! ってめっちゃ腹が立った」と笑いながら振り返る。

これら一連の出会いと経験に背中を押され、フォトジャーナリストの道を進み始めた。

ジャーナリストの中には、取材対象者に感情移入はしない人もいるが、村山さんは「たやすいことではないのは百も承知やけど」と前置きした上で、「その人の人生をともに背負う覚悟でいる」と言い切る。50年にわたってベトナムに関わり続けている石川氏には、「一度関わったからには、責任をもつ」と教えてもらった。

「文洋さんのように優しい人になりたい。それが僕のすべてです」。

取材時に感じるジレンマは当然ある。

「僕に何ができるわけでもない。話す必要性なんかひとつもないじゃないですか」と口早に吐露する。それでも、悲しみを抱えて生きる人の声にならない声をさらけ出してもらえる瞬間は、「感動で胸が震える」という。

心に残っている取材の1つは、HIVに感染した男の子・フー君との1年半にわたる交流だ。心の距離が縮まるまでに時間を要したが、何度も会いに行き友達のように遊んでいた。

「最後に会った日、横たわったまま僕に向けたフーの柔らかな笑顔が今でも心に焼き付いています」。

ベトナム戦争中に娘を目の前で虐殺された、老婆レさんへの取材も印象深い。インタビュー後、堰を切ったように泣き崩れたレさんの姿を、自身も発狂しそうになりながら必死でシャッターを切り続けた。

最終目標は、世界が平和であることだ。

「世界が良い方向に向かっていくための作業をやる人がいても、いいんじゃないかな。僕にとっては、時代を記録していくことです」と村山さん。フォトジャーナリストとしてベトナムの今と真正面から向き合い、“真実”だけを切り取っていく。

村山康文 むらやまやすふみ

兵庫県出身。1998年9月、使い捨てカメラを手に石川文洋氏に同行し初来越。同時にカメラを始める。2008年3月、初の書籍となる『いのちの絆 エイズ・ベトナム・少女チャン』を出版。ホーチミン市の戦争証跡博物館に写真を常設展示。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

福田誠治・華子夫妻/「ステン・デ・クレンネ」 店主・ママ 福田誠治・華子夫妻
「ステン・デ・クレンネ」 店主・ママ
「おもしろそう」で4匹の猫と一緒にベトナムへ 久留米らしいおもてなしの憩いの場を 友人の誘いでケーキ工場へ コロナに翻弄...
伊藤 崇将・梨恵 夫妻/「花美」店主・女将 伊藤 崇将・梨恵 夫妻
「花美」店主・女将
成長を続けるスタッフと共に 愚直に良質の味とサービスを極める 公邸料理人の経験を元に ベトナムの地で挑戦 「日本のホテル...
浅井 友香里 さん/ネイリスト・アイリスト 浅井 友香里 さん
ネイリスト・アイリスト
他人にやさしいベトナムの人たちに 安心で安全なネイルで喜んでもらいたい 留学を機にネイルを仕事に 国内での立ち上げから海...
中野 崇之 さん/写真家・ 「インフィルベトナム」CEO 中野 崇之 さん
写真家・ 「インフィルベトナム」CEO
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 学びは一生、原点回帰。 ベトナムで写真道を行く 現地在住の写真家たちと ホーチミン...
米田 麻子 さん/「ママキッズサロン」 主宰 米田 麻子 さん
「ママキッズサロン」 主宰
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 子育てはみんなでしよう 子ども達の健やかな成長のために 保育士ならではの視点で 充...
ABE さん/「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト ABE さん
「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) ライブから日越文化活動まで いつでもどこでも“楽しい”に全力 素人バンドから10年...
羽根井 豊  さん/「ワナ」ファウンダー 羽根井 豊 さん
「ワナ」ファウンダー
撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) レシピ動画と安心安全な食品の販売で ベトナムに食育の場を広げたい 実体験から食の安...
永嶋 茂  さん/「ニジゲンプロジェクト」 代表 永嶋 茂 さん
「ニジゲンプロジェクト」 代表
文/有田紳介 二次元アイドル「暁バンマイ」をデビュー! Vチューバ―の世界観を楽しんでほしい 若い自分を救ってくれた趣味...
松尾 英子 さん/「アスカサービス」 講師 松尾 英子 さん
「アスカサービス」 講師
文/佐々木朋美 接客業の経験を活かしベトナムでマナー研修 形だけでなく、相手を思いやる心を伝える ベトナムでも必須化する...
高野 有貴さん/「ホアリーダナン」 代表 高野 有貴さん
「ホアリーダナン」 代表
色とりどりのベトナム雑貨に囲まれて 夫婦で築いたオンリーワンの店 運命的な出会いが導いた ハノイ~ダナンへの移住   ダ...
伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表
環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「...
和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー
文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな...
川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表
文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント...
倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者
文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ...
二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表
自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを...
山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表
ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題...
池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表
日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン...
五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー
愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住...
小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表
素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する...
長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター
新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ...