ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
増田 悠さん
「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ

タグ:,
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2016/09/14 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

子どもたちの可能性を広げるために店を持った
人生を大きく変えたボランティアでの出会い

IMG_0219

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイ(Tay)湖を望むレストラン「ぺぺラプール」を経営する増田悠さんが初めて来越したのは2010年7月。それまで料理人をしていたが、国内外で活躍していた憧れの兄が29歳で他界し、その兄と同じ歳になったときに人生を変える決断をした。

「仕事にも仲間にも恵まれていたけれど、何か納得いかないんです。兄貴はずっとかっこいい生き方をしていたのに、何で俺はそれをしていないんだろうと」。
このままではまずい、とりあえず1年くらい国外へ出ようと海外ボランティアを探し、唯一、英会話が条件になかったハノイへ向かった。「僕は英語がまったくできなかったし、料理人募集とあったんで完璧だなと。やるとなったら100%でやってやる、っていうものすごい覚悟があって。あの時の気合が半端じゃなかったのはすごく覚えているんです」。

派遣先はロンビエン(Long Bien)橋周辺の川の上や橋のたもとで暮らす、貧しさや無戸籍などの理由から学校に通えない子どもたちのための施設。そこで給食作りや寝かしつけをして、子どもたちと仲良くなった。

「初めて家に行った時は、すげえな、ここで暮らすのかと思いました。ただ想像と違ったのは、貧困を感じさせない雰囲気。こんなに明るいものなのかと」。

そんな彼らに「ぞっこん」になり夢中で活動に取り組んだが、ある時転機が訪れた。

「施設がなくなるって言われたんです。出生証明書がある子だけが引き受け先の学校に入れると聞いて、じゃあ持ってないほとんどの子はどうするんだと」。

ボランティア団体と揉め、仲間でフランス人のぺぺさんと脱退した。

「僕がまずしたのは出生証明書を取ること。彼らの親をバイクの後ろに乗せて、生まれた町の役所を廻ったんです」。

子どもたちが学校に行けたらという一心で再取得を果たし、1年の滞在期限を迎えた。「帰国する前に、子どもたちに『レストランを作る』って約束したんです」。

彼らのチャンスを少しでも広げるために、唯一自分にできることは店を開くことだった。

帰国後、ホーチミン市で店を始めるからと声がかかり、ハノイでの開業を目処に立ち上げから2年間だけの約束で手伝うこととなった。その後ハノイに戻り、仲間たちの協力のもと「ぺぺラプール」を開業し、施設にいた子どもたち6人を雇った。これまで採用したのは15人ほどで、中には店で働いたことで元々行けなかった職業訓練校に行けるようになった子もいる。今は2人のみだが、「働きたいと言ってくればいつでも無条件で受け入れますよ」というスタンスで、あえて誘ったりはしないそう。

「ボランティアはされている側よりも、している側の方が大きく変わることを、自分も含めたくさん見てきました。今、僕はハッピー。満足しちゃっているのがちょっと恐いかな」と言う一方で、ベトナム人スタッフを店長に据えた新店舗の開業も視野に入れている。

「僕ね、ラッキーなんです。いろんな人に助けてもらって、いい場所で店ができて。兄貴のパワーだと思ってます、本当に」と言い、今なら兄にも胸を張れると笑った。 

増田悠 ますだゆう

東京都出身。2010年7月に初来越し、1年間のボランティア活動ののち帰国。2012年に再来越し、ホーチミン市のレストランの立ち上げとシェフを務める。2014年にハノイでレストラン「ぺぺラプール/PePe la poule」を開業。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

石田安彦さん/兎家ゲストハウスオーナー 石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

目指したのは“自分が泊まりたい宿” 宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに 穴が空いた壁や天井を 完全リノベーション…

脇山 春香 さん/ベティック(VIETHICH)運営 脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

サポート役としての情報発信 “誰かのために”は必ず自分に返ってくる ウェブサイトを開設して約2年半 きっかけはすべて“人…

古賀昇さん/キックボクシングジム運営 古賀昇さん
キックボクシングジム運営

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営 見通しのないスタートから走り続けた4年間 始まりはとてもシンプル 自分…

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…

ベトナムの日本人/成田樹紀/カルダモン店主・商品企画開発者 ベトナムの日本人
成田樹紀
カルダモン店主・商品企画開発者

食の提供だけではなく、問題解決をしたい ランチを通して、新しいライフスタイルの提案を “持ち前の感性”で始めたカレー屋 …

ベトナムの日本人/桑原伸一郎/ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ ベトナムの日本人
桑原伸一郎
ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ

頭を使えば、タイムを上げられる 鍛えるだけではない水泳スタイルをベトナムに 強くなるために分析、研究 “頭を使う”、それ…

ベトナムの日本人/長谷川舞さん/管理栄養士 ベトナムの日本人
長谷川舞さん
管理栄養士

食を通じて、健康や未来、幸せをたくさん提供したい そのために、今自分にできることをコツコツと 急速に発展していくベトナム…

ベトナムの日本人/中谷茜理/YouTubeチャンネル『aNcari room』運営 ベトナムの日本人
中谷茜理
YouTubeチャンネル『aNcari room』運営

ベトナム語で自分の言葉を世界中に発信 一歩足を踏み出したら、新しい景色が見えてきた! 始まりはベトナム人の 親友との出会…

ベトナムの日本人/月嶋カリンさん/歌手 ベトナムの日本人
月嶋カリンさん
歌手

相棒のピアニストと出会い、自分の「音楽」が変わった 歌に愛される歌手になり、心に寄り添える音楽を届けたい 衝撃的な日々の…

ベトナムの日本人/安蔵彩香さん、寿苗さん/ハノイインターナショナル スクール 12 年生 ベトナムの日本人
安蔵彩香さん、寿苗さん
ハノイインターナショナル スクール 12 年生

外国にいるからこそ、母国語の大切さを忘れずに。 母子の二人三脚で言語の壁を越えて大学進学 「勉強しろって強くは言われず、…

ベトナムの日本人/榎本俊明さん/ラーメンエノ店主 ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して ホーチミン市10区に店を構え…

ベトナムの日本人/竹野和浩さん/ケイテンベトナム社長 ベトナムの日本人
竹野和浩さん
ケイテンベトナム社長

技術も自転車も“本物”を知ってもらいたい Uターンを知らない自転車乗りの、ベトナムでの挑戦 高校・大学と本格的に自転車競…