ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2016/04/13 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ASEAN経済共同体が
正式発足

2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政治・安全保障共同体、社会・文化共同体とともに構成されるASEANの3本柱のひとつで、人口6億4000万人あまり、国内総生産(GDP)2兆4000億USD、2014年貿易額2兆5300億USD。

物品の自由化に向けてベトナムは、2015年から税コードベースで93%の関税を撤廃。残る7%は2018年まで維持し、2018年からはセンシティブ農産品を中心に約3%でのみ最高5%の税率を維持する。
(『VnExpress』2015年12月31日、『VOV』2016年1月2日)

解説

ASEAN域内の物品、資本、サービス、投資、熟練労働者の動きを自由化し、内需や貿易、投資の拡大を狙うAEC。関税撤廃に加え、ベトナムで注目されているのが労働者の移動です。AECでは医師、看護師、エンジニア、建築士、会計士、観光業専門職など8職種で労働者の域内移動を自由化し、向こう10年で域内の雇用は28%増加すると予想されています。

ただベトナムでの注目の高さは「就職機会の拡大」というプラス面より、「就職機会を奪われるかもしれない」というマイナス面の方が強いようです。ベトナム人労働者の弱点としてはよく、スキル、外国語能力、規律や責任感といった就業マナーが挙げられます。

また、各国が国内の雇用を守る技術的障壁を設けていたり、職種の呼称や資格も不統一であったりと、移動は簡単に進まないという声も挙がっています。

銀行を15行程度に整理
健全経営の有無で判断

2011~2015年の金融機関再編の成果を受け、国家銀行は引き続き整理再編を進め、最終的には15行程度に減らす。

国家銀行によるとベトナムのような経済規模なら15行程度で十分で、これは大小で区別するのではなく、安全な活動を行っているか、健全か否かに基づく。

この目標に向けて各行には、活動におけるリスク保障で国際基準を導入させ、規定通りの資本金に増資させる。
(『Thanh Nien』2016年1月4日、p.07)

解説
2008年の世界金融危機を受け、ベトナムは景気浮揚のために貸し出しを拡大しました。ところがこれがインフレを加速させ、経営効率の悪い国営企業や不動産への不良債権が拡大。特に中小銀行を中心に経営難に陥るようになりました。このなかで大きな問題として、国際基準と異なるなど不良債権の実態がはっきりつかめないこともありました。

財務状況の悪い銀行の整理に着手し、2011年はじめに42行あった商業銀行のうち9行が消滅。2015年に国家銀行は、建設銀行、オーシャンバンク、GPバンクを国有化して、これらの経営を国が支配株を持つ商業銀行に任せました。また、この再編を進めるなかで、複数の銀行の元経営幹部が背任や不正融資で逮捕されています。

ただし、中小銀行の再編は比較的順調に進んでいますが、大銀行の再編は難しく、金融再編は今後複数年にわたって進めなければならない問題となっています。

2015年のビール生産34億l
平均消費量アジア5位

ベトナムビール・酒・清涼飲料協会(VBA)によると、この5年の業界の年平均成長率は7%超で、2015年のビール生産量は推計34億l、2010年比で41%増。2020年までに生産量を40億~42億5000万lに引き上げる考え。

2015年半ばのVBAの報告によると、ベトナムはビール・酒の平均消費量で日本、韓国、タイ、中国に続くアジア5位。
(『Dan Tri』2016年1月6日)

解説
ベトナム国民にずば抜けて人気の酒類といえば、やっぱりビール。近年は輸入品が増え、サッポロ、バドワイザーなど外資ブランドの新規参入や生産拡大もありますが、シェアはやはり、サイゴン、ハノイ、ハイネケン、タイガー、カールスバーグといった古参組ブランドがガッチリ抑えており、業界の勢力図はそう簡単には変わらないようです。

一方で楽しみ方は、屋根と扇風機しかない道路脇の大衆酒場で、流しのシロウト歌手の微妙な歌声を聞きつつプラスチックの低いテーブルで氷を浮かべるものから、最近では凝ったデザインのオシャレなビアクラブで、DJのかけるノリのいい音楽に体を揺らしつつ飲むのが流行りになっています。ビールを飲む若い女性の姿も非常に増えました。

ところで、今も昔もあまり変わらないのが「酔っぱらい運転」。最近では、飲み屋とタクシー会社などが提携し、無料で酔客を自宅まで送り届けるといった取り組みも見られてはいますが、これからは「飲んだら乗るな」が当たり前に変わってほしいところです。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

入国ビザ発給手数料を引き下げ 財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

外国人との結婚はほとんど金銭目的、南部の女性が圧倒 法務省によると、2011~2014年に全国で5万人が、外国人・在外ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 7月号

鉄・プラ・紙廃材の原料輸入に保証金、ゴミ排出源では分別 廃棄物・廃材の管理に関する新政令38/2015/ND-CP号によ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

年間0.8冊――読書が嫌いなベトナム人 文化スポーツ観光省の統計によると、1人のベトナム人が1年間に読む本は0.8冊。多…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、 市民の猛反対受け ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 4月号

日本に留学する外国人、ベトナム2位・前年比倍増 日本学生支援機構(JASSO)の「外国人留学生在籍状況調査」によると20…