ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
河田恵美さん
翻訳家

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2016/04/08 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

身近にあるもので暮らしや心を豊かにできる!
肌に優しい手作り石けんで魅せられたベトナムの天然素材の力

IMG_8877-1

女心をくすぐるシンプルで可愛らしいパッケージに、「Handmade」と「100%Natural」の文字。ベトナム中部のショップで取り扱われているこの「サポ/SAPO」ブランドの手作り石けんは、ホイアンで翻訳業を営む河田恵美さんの手で作られている。

「最初は家庭で使うために作っていたんですが、友人にあげると好評で、商品化を勧められました。天然素材の石けんが手に入りにくいベトナム中部で、現地の人に使ってもらいたいという思いもありましたね」と語る。

オリーヴオイルやココナッツオイルといった植物性油やハーブなど天然素材だけを使用し、2014年の販売開始以来、着実に評価を得ており、今ではダナンの5つ星ホテルでも販売されている。

畑違いの石けん作りにのめり込んだのは、現地のJICA隊員から廃油を利用した石けんの作り方を教えてもらったことがきっかけだ。

「来越以来ひどい手荒れに悩まされていたんです。市販の食器洗い洗剤やボディソープなどには、油と水を混ぜ合わせたり汚れを落とす効果を上げるために合成界面活性剤が配合されているのですが、ベトナムの洗剤は含有量が多いようで、逆に肌を破壊してしまうんですね。手作り石けんで食器を洗うようになると、うそのように改善されました」。

素材ひとつで石けんの肌への影響が全く違うことを知った河田さん。時を同じくして生まれた長男が自分同様に肌が弱く、アトピー体質だったことも石けん作りを後押しする。

「ここホイアンはないもの尽くし。ないなら自分で作ってしまおうと。日本にいたら、こんな発想は生まれなかったでしょう」。

興味のあることはとことん追求したくなる性分。根っからの“文系人間”だったが、本業の傍ら1年ほどかけて石けん製作に必要な化学知識などを調べ上げ、試行錯誤を繰り返した。河田さんの石けんは、製作に1ヶ月以上の時間がかかるが、熟成過程でできる天然の保湿成分、グリセリンがたっぷり含まれる「コールドプロセス」という伝統的な製法を採用。配合されているハーブなどはベトナム中部産のものだけだ。

「ベトナムには健康にも肌にも良い天然資源が豊富にあることを、石けんを通して知ってもらいたいという思いがあります。肌のトラブルを抱えたベトナム人は多く、高価な輸入化粧品を使っている人もいますが、大昔から人間が培ってきた自然の素材を使う知恵、お金をかけずに身近にあるもので暮らしや心を豊かにすることができるということを多くの人に気付いてもらいたいんです」。

こうした石けんづくりを通して、オーガニック製品や環境保護に関心のある人たちとの出会いがあり、2014年の「ホイアン日本祭り」では石けん講座を開催。その翌年には地域の子ども向けに廃油石けん作りを紹介した。

「今後ますます、廃油のリサイクル石けん作りなどを通じて環境保護や天然素材の効果、健康への影響などを、現地の人にシェアできるような活動をしていきたいと思ってます。今は自宅でコツコツ作ってますが、いつか工房を建て、見学や石けん作り体験を通して地域に環境保護の根を育てていきたいですね」。

河田恵美 かわだめぐみ
京都府生まれ。大学卒業後、コピーライターなどを経て、2009年7月からホイアン在住。翻訳業の傍ら、石けんの手作りを続け、2014年よりナチュラルハンドメイドの「サポ/Sapo」ブランドとして販売。
Facebook:SAPO – Natural Handmade Soap Hoi An

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー

文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな…

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…