ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2016/03/13 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ジャポニカ米の輸出が
100%の伸び

ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、うち約50%が高級白米と香り米。フィリピン、インドネシア、中国が買い入れを増やした。

ジャポニカ米が100%あまり伸びているが、量は少なく総輸出量の約1%。ベトナムの主なコメ輸出先はアジアが74%近くを占め、中国が最多。

VFAによると、2016年の最初2四半期のニーズが少なくコメ輸出に厳しい年となる。
(『Phap Luat』2015年12月16日、p.11))

解説
2期作、3期作が可能なベトナムのコメ(籾)生産量は年間約4500万t(2014年)、輸出でも世界トップ3常連国ですが、品質の低さなどから国際的な知名度は、まだ低いのが現状です。

そこで2015年5月に、ベトナム米の国際競争力向上に向けた「2020年までのブランド開発計画、2030年までのビジョン」が承認されました。このなかで、ブランド化する品種として香り米や特産米を優先的に選ぶことになっているのですが、VFAはこれにジャポニカ米を含めることを提案しています。ニーズがある、生産に適した条件があるという2つの理由を挙げていますが、なぜ、ベトナムにコメの品種がたくさんありながら、わざわざ「ジャポニカ」を国のブランドとして育てる必要があるのかという批判が多数出ています。

ベトナム国内で開かれたセミナーで日本人専門家も、日本で減反などが行われてきた事情も踏まえ、ベトナムはジャポニカ米の生産を拡大すべきではないと指摘しています。

クレジットカード利用伸びる、
決済額は倍増

ベトナムでカード市場が急発展している。カード決済額は2011年の320億USDから、2014年には647億USDと倍増している。

ベトナムカード協会によると、2015年6月末時点で国内カード発行枚数は約7500万枚、国際クレジットカードは265万枚で、前年同期比で順に20%、31%増えている。。国内デビットカード利用額は700兆VNDで22.5%増、国際クレジットカード利用額は24兆VNDで38%増と大きく伸びている。
(『Thanh Nien』2015年12月5日、p.06)

解説
ベトナムではまだ現金払いが主流で、カードを持っていても、ATMカード(デビットカード)がほとんどです。

ただ、盗まれる危険がある、目に見えず金銭管理がしづらい、安全性に不安といった理由で敬遠されてきたクレジットカードも近年は保有者が増え、特に航空券購入やホテル予約など旅行関連で利用が伸びているようです。スーパーでの買物や食事、ネットショッピングなど、日常生活にも浸透しつつあります。また専門家によると、ベトナム人には高級ホテルやブランドショップで1回1億VND超を使う人も珍しくなく、銀行関係者によると平均利用額も、外国人の1回平均40~50USDに対しベトナム人は約130USDと高いそうです。

一方で利用の増加に伴い、偽造などの犯罪が増えているほか、限度額まで利用しカードを破棄してしまう、外国人であれば帰国してしまうなど、利用代金が回収不能になるケースも少なくないようです。

偽造カードで引き出し
外国人を逮捕

カインホア(Khanh Hoa)省公安は2015年12月、オランダ人、イギリス人の2人を詐欺で逮捕した。

複数国の口座から偽造ATMカードで現金を引き出したもので、2人のダナンの住まいからも、多額の現金やスキミング機、口座情報が保存されたパソコンなどが押収された。

銀行によると、この2人により偽造ATMカードから5億VND超が引き出されている。
(『Nguoi Lao Dong』2015年12月15日、p.05)

解説
国際化が進み、観光地や都市部でなくとも外国人の姿が珍しくなくなったベトナムでは、外国人による犯罪も増加しています。

近年目立つのは、このような偽造カードによる引き出しです。ほかにも、ベトナムを拠点に電話やインターネットを使って母国を狙う事件も多く、例えば「犯罪(マネーロンダリングや麻薬取引など)に関係した可能性があるので、捜査のためお金を指定口座に移してください」と警察をかたるものや、賭博サイト運営などが摘発されています。母国で罪を犯した人間がベトナムに逃亡し、拘束される例も複数報じられています。

結婚や恋愛を利用しベトナム女性から金銭をだまし取ったり、麻薬の運び屋として使ったりする例もあり、結婚関連では、結婚した台湾人が独身でないとわかり帰国した女性が、連れ戻しに来た夫に刺し殺される事件も起きています。日本人男性と子どもをもうけたものの、夫が子どもを連れ帰ったまま音信不通となった事件も報道されています。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2018年最低賃金6.5%増 最高は398万VNDに 国家賃金審議会は2017年8月7日(月)、2018年の地域別最低賃…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

外国人の強制社会保険 政令案提出を延期へ 労働傷病兵社会福祉省は、ベトナムで就労する外国人の社会保険加入義務化について、…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイ2030年バイク禁止、 決議承認へ ハノイ市の渋滞・環境汚染低減に向けた交通機関管理強化決議草案では、2030年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

25㎡のマンション建設認める 建設省 建設省は、ホーチミン市のダットラン(Dat Lanh)不動産社に対し、25㎡の商業…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

機能食品が急伸 健康意識の高まりで 保健省によると、2014年に新規登録された機能食品は1062点だったが、2015年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

裾野産業協会が発足 企業連携で産業発展 ベトナム裾野産業協会(VASI)が2017年3月18日(土)にハノイで発足。業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

全国民に「ヘルスレコード」 定期健診で病気を早期発見へ ベトナムで初めて、病気の早期発見を目的とした国民の「健康記録」を…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

日本留学の斡旋 悪質会社を処分・閉鎖へ 教育訓練大臣と梅田邦夫日本国特命全権大使は、ベトナム人留学生・実習生の管理、ベト…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2017年の不動産市場 主役は大衆向け住宅 ベトナム不動産協会は、住宅需要全体の70%を占める大衆向け物件が、2017年…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ニントゥアン省の原発計画 中止が決定 国会は2016年11月22日(火)、ニントゥアン(Ninh Thuan)省における…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…