ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
尾島祥吾さん
ボクシングトレーナー

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2016/03/08 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

燃え尽きられなかった男がベトナム人に託す夢
初の日本プロボクサーとチャンピオンの誕生を目指す!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 2014年6月、27歳で左こぶしのけがを理由に引退した元プロボクサーの尾島祥吾さん。2015年1月から、ホーチミン市の日系ボクシングジムでトレーナーとして活動している。引退直後は、「地元に帰ってボクシングとは関わりのない仕事に就こうと考えていました。志半ばでしたから、完全燃焼できなかったという未練を断ち切りたくて」。そんな折、所属していたジムの会長から「ベトナムで選手を育ててみないか」と声がかかる。「自分が叶えられなかった夢を誰かに託す。そういう道もある」と決意し、指導者として再びボクシングと向き合うことになった。

日本ではメジャーなボクシングだが、ベトナムでの認知度は低い。日本のようなプロ制度はなく、競技人口も少ないのが現実だ。そんなベトナムのボクシング界に対し、尾島さんらジムが掲げる目標は、「ベトナム人の中から、初の日本のプロライセンス取得者を育て、チャンピオンとして凱旋させること」。こうした活動の一環として、ジムはホーチミン市のトップチームと交流しており、その過程で指導を頼まれたのが、当時、全国大会を3ヶ月後に控えたハイ(Hai)選手だった。前年の大会で敗退しており、「今年こそは!」と強い意気込みを持っていた。

「トレーナーが変わることは、選手の今までの経験を否定することにもなり、リスクも大きい。やりがいはあるけど、重圧もありました」と振り返る。トップチームに「力はあっても技術に欠ける」という印象を抱いていた尾島さん。練習も日本でいえば昭和の根性論で止まっているのが現状で、「身体能力は日本のプロにも負けないものを持っているのに、もったいないな」感じていたというが、ハイ選手のトレーニングを通じて、こうした思いを改めて実感することになる。尾島さんは、ジャブからの組み立てや重心の取り方など、日本のトレーニングでいえば基礎の基礎から教えた。日本人選手にとっては当たり前の方法論でも、ハイ選手にとっては「こんなの初めて!」と驚きの連続。

「できる能力はあるけど、単にそれを知らないだけ。実際にやらせてみると、飲み込みが早いことに驚きましたよ」。

結果、ハイ選手は晴れて大会で優勝を遂げることとなった。

「うれしかったし、ホッとしましたね。正直、日本のプロのレベルからいえば、まだまだですが、こうした日本の教え方が伝われば、すごい選手がたくさん出てくる可能性がある国だと改めて確信しました」。

その後、ハイ選手はテレビ放映もされた越韓対抗戦に出場。元チャンピオン相手に引き分けに持ち込むなど活躍が続いている。

尾島さんには今年、大きな目標が2つある。「日越対抗戦を開催したいんです。生徒の励みにもなるし、競技自体を盛り上げることにもつながる。もう1つは、ハイ君のような選手を日本に連れていくこと。どちらもスポンサーの獲得やビザの問題といった壁はありますが、夢に向けて1つひとつ乗り越えていきたいです」。

尾島祥吾 おじましょうご
1987年、岡山県生まれ。大学在学中より川崎新田ボクシングジムに所属し、2011年にバンタム級全日本新人王を獲得。2014年6月、左こぶしのけがのため現役を引退し、2015年1月よりホーチミン市の「サムライボクシングジム」でトレーナーを務める。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの日本人/藪下成仁さん/バリア・ヴンタウ省人民委員会/ジャパンデスク事務局 ベトナムの日本人
藪下成仁さん
バリア・ヴンタウ省人民委員会
ジャパンデスク事務局

ベトナム政府側に立ち、日本との架け橋に。 ヴンタウで培った経験をさらなる飛躍へと繋げたい ベトナム南部有数の観光地バリア…

ベトナムの日本人/高山徹さん/ブラジリアン柔術師範 ベトナムの日本人
高山徹さん
ブラジリアン柔術師範

道着1つあれば、世界中どこへ行っても友達になれる。 ブラジリアン柔術の波がベトナムに広がることを願って ハノイ中心部の、…

ベトナムの日本人/村山康文さん/フォトジャーナリスト ベトナムの日本人
村山康文さん
フォトジャーナリスト

文洋さんが教えてくれた「責任」 人生を背負う覚悟で、取材相手と向き合い続けたい 「文洋さんの背中をね、ずっと見てたいと思…

ベトナムの日本人/増田 悠さん/「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ ベトナムの日本人
増田 悠さん
「ぺぺラプール」オーナー兼シェフ

子どもたちの可能性を広げるために店を持った 人生を大きく変えたボランティアでの出会い タイ(Tay)湖を望むレストラン「…

ベトナムの日本人/とも/メイド ベトナムの日本人
とも
メイド

人との関わりを避けて生きてきた私が、周りに支えられている。 真っ白なハートでメイド修行を絶賛継続中! 「出身はキラキラ☆…

ベトナムの日本人/須田卓哉さん/ベトナム弓道クラブアドバイザー ベトナムの日本人
須田卓哉さん
ベトナム弓道クラブアドバイザー

ベトナム人の弓道への情熱に突き動かされて。 教えるという立場ではなく、同じ目線で一緒に練習 とある日曜の午後、ハノイ市内…

ベトナムの日本人/井出一博さん/中川新介さん/お笑い芸人・ダブルウィッシュ ベトナムの日本人
井出一博さん
中川新介さん
お笑い芸人・ダブルウィッシュ

語学ができない、仕事も足りない。全然満足していない。 ベトナム語の壁を突破し、「超有名お笑い芸人」に跳ね上がりたい 真っ…

ベトナムの日本人/小林由紀夫さん/佐瀬新さん/野菜宅配サービス「しゅん」運営 ベトナムの日本人
小林由紀夫さん
佐瀬新さん
野菜宅配サービス「しゅん」運営

豊かな食生活とは、「自分の食べているものがたどれる」こと。 畑と食卓、生産者と消費者の想いをつなげることが使命です 残留…

ベトナムの日本人/河田恵美さん/翻訳家 ベトナムの日本人
河田恵美さん
翻訳家

身近にあるもので暮らしや心を豊かにできる! 肌に優しい手作り石けんで魅せられたベトナムの天然素材の力 女心をくすぐるシン…

ベトナムの日本人/金田力さん/会社経営者 ベトナムの日本人
金田力さん
会社経営者

ベトナムのディープな「信仰」に魅せられて カメラを手に続くエネルギッシュな巡礼の日々 「ベトナムで人気の女神は、なんとい…

ベトナムの日本人/大谷彩乃さん/アーティスト ベトナムの日本人
大谷彩乃さん
アーティスト

フランス人の友人が見初めた絵から、アーティストに。 ここでの交流を通してヨーロッパに羽ばたける作品を作りたい! 幾何学模…

ベトナムの日本人/池山諒太さん、三谷謙太さん/日系サッカースクール「F.C.JATS」コーチ ベトナムの日本人
池山諒太さん、三谷謙太さん
日系サッカースクール「F.C.JATS」コーチ

サッカーを通じて、感情をもっと素直に表現する大切さと どこにいても通用するハングリー精神を培ってもらいたい 「どこにいて…

ベトナムの日本人/丹羽隆志さん/建築家 ベトナムの日本人
丹羽隆志さん
建築家

べトナムの風景を担う作品を。 現場に柔軟に対応しながら緑あふれる空間づくり 「前面の木を切れないかと相談されましたが、あ…

ベトナムの日本人/萩原周一さん/居酒屋「魚源」店主 ベトナムの日本人
萩原周一さん
居酒屋「魚源」店主

直感を信じ、流れ流れて彼女の故郷バリア・ブンタウ市へ 「本物」がある大好きな場所で、家族とともに生きていきたい 「自分で…

ベトナムの日本人/長谷部太さん/長崎大学熱帯医学研究所ベトナム拠点教授 ベトナムの日本人
長谷部太さん
長崎大学熱帯医学研究所ベトナム拠点教授

ラボでのウイルス分析にとどまらずフィールドへ 人間とコウモリの接触にひそむ感染リスクを追究 「ベトナムでは、コウモリは幸…

ベトナムの日本人/氏家嘉宏さん/うどんと炭火焼えびす店長 ベトナムの日本人
氏家嘉宏さん
うどんと炭火焼えびす店長

おいしさは1人1人の口を通じて伝わってゆく 日本人を満足させるうどんで、ベトナム人を魅了したい フォー(Pho)をはじめ…

ベトナムの日本人/岡田健一郎さん/ベトナム航空パイロット ベトナムの日本人
岡田健一郎さん
ベトナム航空パイロット

パイロットに憧れて40年、副操縦士になって20年 ようやく叶えた機長の夢。日本人だからこそできることを 「今日もよろしく…

ベトナムの日本人/佐々木将雄さん/動物病院院長 ベトナムの日本人
佐々木将雄さん
動物病院院長

日本の技術や知識をしっかりと伝授し、 優秀なベトナム人獣医師たちに道を作りたい 「日本では動物病院でする治療を、ここベト…

ベトナムの日本人/生山葵さん/日本こままわし普及協会ベトナム支部代表 ベトナムの日本人
生山葵さん
日本こままわし普及協会ベトナム支部代表

一緒に遊ぶのに国も文化も言葉も関係ない こまは最強のコミュニケーションツールです 毎週日曜の午前中、ハノイのリータイトー…

ベトナムの日本人/井芹信之さん/ハノイドラゴンボートチーム世話役 ベトナムの日本人
井芹信之さん
ハノイドラゴンボートチーム世話役

漕ぐ舟は、みんなで力を合わせて担ぎ運ぶもの。 ドラゴンボートの不思議な魅力に魅せられて 「みんなの息がぴったり合い、舟が…