ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2016/01/12 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、
日米から210億USD

2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パートナーシップ(TPP)協定に関する記者会見で財務省幹部は、参加各国はベトナム製品に対し、税コードベースで78~95%の品目の関税即時撤廃を約束していると明らかにした。残りは5~10年内に撤廃され、一部10年超、または関税割当制度が適用される。

2014年の貿易額に基づき省は、ベトナムはTPP発効で直ちに250億USD程度の利益を得ると試算している。うち日本と米国から各105億USD程度もたらされる。
(『財務省ウェブサイト』2015年11月9日/『Tien Phong』2015年11月10日、p.02)

解説
2015年10月5日(月)の大筋合意の1ヶ月後、ベトナムでTPP協定の全文(英語版)が公表されました。

ベトナムは、大きな経済パートナーである日本や米国への輸出拡大や投資誘致増を大いに期待しており、特に繊維、履物、農水産物といった分野で追い風が吹くと考えられます。

対日輸出について駐日ベトナム大使館商務部のグエン・チュン・ズン(Nguyen Trung Dung)公使参事官は、「ほとんどのベトナム製品に有利に働き、特に水産品が恩恵を受ける」と期待を示しています。ベトナムは日本の輸入エビの約18%を占め国別トップで、現在2%の関税は、TPPにより撤廃されます。

一方、参加国で最も経済発展が遅いベトナムには試練も多いのですが、一定の配慮もあり、例えばベトナムが協定発効時すぐに関税撤廃するのは、税コードベースで65%超です。

ホーチミン市、4人に1人が洪水の影響

ホーチミン市洪水防止プログラム運営センターによると、現在市では人口の26%が洪水の影響を受けており、将来的に62%まで高まる可能性がある。洪水による経済的損失は年間数兆VNDに達する。

また気候変動で天候はますます不利になっており、洪水は長期化、広範化するなど深刻化している。

最近行われた洪水対策会議で市は、洪水による経済・社会的損失を抑えるために2016~2020年にかけて、総額68兆VNDにおよぶ緊急対策事業を多数展開しなければならないとした。
(『Sai Gon Tiep Thi』2015年11月2日、p.05)

解説
ホーチミン市で発生する洪水には、「上から」と、「下から」の2種類あります。市はほとんど勾配のない平地で、排水系統の整備も遅れているため、ちょっとしたスコールで、あちこちが冠水します。また、海抜1m未満の地域が全体の4割程度を占める低い地形であるため、潮位により排水路や河川から水が溢れ出てきます。

この高潮による洪水は、新月や満月の頃の大潮に発生し、旧暦9月から旧正月頃に深刻なものが起きることが多いのですが、そこにスコールが重なると広範囲が長時間にわたり水浸しになり生活はマヒ。大人の腰あたりまで浸かる地域も多数あります。

喫緊の課題として市は排水路や堤防、水門、貯水池の整備など対策を急ぎ、各国の支援も多数なされていますが、対象地域が広く資金もかかるため、水との「共生」は今後しばらく続きそうです。

ユーチューブ視聴時間、ベトナムは世界トップ10

グーグル(Google)は2015年10月28日(水)、動画共有サイト「ユーチューブ/YouTube」のベトナム版開設1周年記念イベントを開催した。

グーグルアジア・太平洋のベトナム市場マーケティング責任者によると、サイト開設1年でYouTube上の動画視聴時間は前年比120%伸びた。

ベトナムはYouTubeの動画視聴時間が多い10ヶ国に入り、2014年からこれまでに1分あたり400時間の動画がアップロードされている。
(『CafeBiz』2015年10月29日/『Sai Gon Tiep Thi』2015年10月30日、p.04)

解説
ベトナムで人気のある動画共有サイトと言えば、やはり「ユーチューブ」だと言えるでしょう。

よく見られているものは、クイズやコメディ、ドラマなどのテレビ番組、人気歌手のミュージックビデオ(MV)、「○○してみた」系の自作動画、世界的に話題の動画など様々ですが、おおむね共通するのは、「ワハハ」と笑って気分がハッピーになるもの、のような気がします。

視聴、投稿ともに若者の利用は特に多く、認知度アップに使わない手はないと、各社こぞって広告を出したり、公式チャンネルを開設したりしています。若者にもおカタいニュースに関心を持ってもらおうと、ベトナム通信社はラップでニュースを伝える「Rap News Plus」という動画を定期的にアップしています。

また、自作動画ではMVのパロディや替え歌も多く、ベトナムで制作された「実写版ドラえもん」は日本でも話題になりました。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

外国人の強制社会保険、 間もなく政令公告へ ベトナムで働く外国人の社会保険は、当面は、疾病、妊娠、労働災害・職業病の短期…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

「ベトナムに学べ」 中国紙がサッカー越U23代表を称賛 中国で開催された「サッカーAFC U-23選手権2018」で、ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

「どうせ聞いてもらえない」政策に 意見しないベトナム企業 「リーディングビジネスクラブ/Leading Business…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ホーチミン市に近代的な 予防接種センターがオープン ベトナムワクチン社は、ホーチミン市フーニュアン(Phu Nhuan)…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナムの台風被害に 日本が緊急支援 チャン・ダイ・クアン(Tran Dai Quang)国家主席は2017年11月7日…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2018年最低賃金6.5%増 最高は398万VNDに 国家賃金審議会は2017年8月7日(月)、2018年の地域別最低賃…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

外国人の強制社会保険 政令案提出を延期へ 労働傷病兵社会福祉省は、ベトナムで就労する外国人の社会保険加入義務化について、…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイ2030年バイク禁止、 決議承認へ ハノイ市の渋滞・環境汚染低減に向けた交通機関管理強化決議草案では、2030年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

25㎡のマンション建設認める 建設省 建設省は、ホーチミン市のダットラン(Dat Lanh)不動産社に対し、25㎡の商業…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

機能食品が急伸 健康意識の高まりで 保健省によると、2014年に新規登録された機能食品は1062点だったが、2015年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

裾野産業協会が発足 企業連携で産業発展 ベトナム裾野産業協会(VASI)が2017年3月18日(土)にハノイで発足。業界…