ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
大谷彩乃さん
アーティスト

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2016/01/07 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

フランス人の友人が見初めた絵から、アーティストに。
ここでの交流を通してヨーロッパに羽ばたける作品を作りたい!

Ootani_ayano

幾何学模様のように精巧な鉛筆画、かすかに憂いを含んだような少女の横顔。モノトーンを基調とした色使いの中に、時折差し込む淡くも鮮烈な原色。ホーチミン市在住者なら、大谷彩乃さんの作品をどこかで知らずに目にしたことがあるかもしれない。

2010年、日系出版社の駐在員として初めてベトナムの土を踏んだ大谷さん。「小さいころから、個人的に絵は描いていましたが、それを人に見せるという発想はありませんでした」と語る。

そんな大谷さんがアーティストとして活動することになったきっかけは、彼女の部屋でその絵を目にしたフランス人の友人の言葉。「絶対に個展を開いた方がいい」という強い勧めに従い、2012年10月、人生初の個展を開催。今までは自分の心だけを満たすためのものだった作品が、多くの人の目に触れることになった。

「私の作品に見える日本人の繊細さが、新鮮なものとして捉えられたのでしょう」と語るように、ホーチミン市とパリを行き来して活動するフランス越僑をはじめとするアーティストが大谷さんに興味を示し、作品のコラボレーションを持ちかけられることになる。大谷さんのイラストをファッションデザイナーが生地のプリントやパターンとして印刷して洋服やスカーフ、バッグを作ったり、クラブやホテルの壁画のデザインを頼まれたり。また、香港やシンガポール、ソウルでの国際展示会にも参加した。

「日本人が重んじるのは協調性ですよね。でも、フランス人はまったく逆。意見と意見のぶつかり合い。自分が大切と思うことをはっきりと主張し、周囲に影響を与えられなければ、ビジネスパートナーとして認めてもらえないんです」。

こうした小さなパリのようなコミュニティを通じた創作活動は、大谷さんの性格や作風にも影響を及ぼしていったという。

「明るくなりましたね、性格も作風も。日本にいたころは、シャイでした。作風も暗くって、一見して『病んでる』みたいな。もともと自己完結の世界でしたからね。ここで人と関わり、互いの個性を生かし合いながら創作していくことの楽しさを知りました」とほほ笑む。

また、芸術に関して発展途上のベトナムだからこそ、しがらみが少なく新しいことを始めやすいという利点があるという。のびのびとした創作環境ゆえに個性を発揮できていると思う反面、ベトナム人とのやり取りの中では、首をかしげざるを得ないようなことも。

「今のベトナムは生活の質の向上が第一。芸術はまだ二の次なんです。見る目や作品の質はもちろん、著作権意識など芸術家に対するマナーも低いのが現状です。ただ、若い人たちの好奇心の旺盛さやダイナミックな作風は目を見張るものがありますよ」。

着実にアーティストとしての成功を積み重ねてきている大谷さん。

「ここを起点にキャリアを重ね、いつかはヨーロッパに羽ばたきたいですね」。

大谷彩乃 おおたにあやの
東京都生まれ。大学卒業後、グラフィックデザインの勉強を経て、駐在員として渡越。2012年よりアーティスト活動を開始。ファッションデザイナーのリンダ・マイ・フン(Linda Mai Phung)ら、多数のアーティストとコラボなどを行う。
http://ayanootani.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…

山本 沙織さん& 坂本 美希さん/「wacca(ワッカ)」主催者 山本 沙織さん& 坂本 美希さん
「wacca(ワッカ)」主催者

子育てに悩むママに、仲間がいるよと伝えたい 「輪」のように繋がり「和」むママカフェを発足 異なる2人の力を合わせて ママ…

山田 貴仁 さん/建築家 山田 貴仁 さん
建築家

図面通りには進まない ベトナム人と一緒に正解を追いかける 人・モノ・場所を生かし ベトナム人のための建築を 2014年、…

黒田 佑子(ひゅーこ)さん/ハノイ在住インスタグラマー 黒田 佑子(ひゅーこ)さん
ハノイ在住インスタグラマー

ハノイ在住日本人がこぞってフォロー 日本人が知らないような生活情報を発信 6歳から書き続けた日記ブログ、そしてインスグラ…

田中 卓 さん/カメレオ代表 田中 卓 さん
カメレオ代表

ベトナム飲食業界で培ったノウハウを生かし、 オンライン専用のスーパーマーケットを開発 自社の仕入れシステムを生かし 高品…

谷島 隆広 さん/ソイソイ(Soy Soy)代表 谷島 隆広 さん
ソイソイ(Soy Soy)代表

日本式の豆腐&豆乳をベトナムで販売 消費者だけでなく、生産者にも貢献を 卸売業から生産者になりたい 新会社を立ち上げ追い…

国本 和基 さん/フリクラシー代表 国本 和基 さん
フリクラシー代表

好奇心のまま、自由に働ける会社だから生み出せる 企業にも求職者にも新しい人材プラットフォーム 2度目となるベトナムでの起…

奥村 真知子 さん/「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー 奥村 真知子 さん
「国際連合児童基金(ユニセフ)ベトナム」プログラムオフィサー

子どもたちが可能性を伸ばせる世界を目指して 一個人の国際公務員として社会で役立つ人材に 日本とアジアの歴史に衝撃を受け …

松淵 将史 さん/コンテンツクリエイター 松淵 将史 さん
コンテンツクリエイター

動画は、人の心を動かす世界共通のツール ベトナム動画市場の可能性を広げていきたい 動画で「リアル」な情報を伝えたい SN…

吉田 和矢 さん/子育て駐在夫 吉田 和矢 さん
子育て駐在夫

子どもだってお父さんを求めている 男性による海外での子育ての道を極めたい 妻の海外赴任で帯同を決意 予想以上に少ない駐在…

NAOさん/ベビトレヨガインストラクター NAOさん
ベビトレヨガインストラクター

“ベビトレヨガ”で子育てをハッピーに ママと赤ちゃんが笑顔になれる時間と場所を 子育てをしながら、ヨガを追求 ママならで…

佐野 元 さん/バース(Virth)オーナー 佐野 元 さん
バース(Virth)オーナー

ベトナム人からも「お酒がおいしい」との評価 日本のバー文化が広く受け入れられる日を夢見て 一筋縄ではいかなかった来越 人…