ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2015/12/14 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

入国ビザ発給手数料を引き下げ

財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号を公告した。2015年11月23日(月)に発効する。シングルはこれまでの45USDから25USDに、3ヶ月マルチは95USDから50USDに引き下げられる。3~6ヶ月(95USD)、6ヶ月~1年(135USD)は据え置き。一方で、一時滞在証(Temporary Residence Card)は、有効期限1~2年が100USDから145USDに、2~5年が120USDから155USDに引き上げられた。
(『Thanh Nien』2015年10月14日、p.02/『Tuoi Tre』2015年10月14日、p.07)

解説
今回の短期ビザ発給手数料引き下げで、シングルは2012年並みの水準になりました。

観光総局によると、ベトナムを訪れる外国人旅行客はこれまで堅調に増加していましたが、今年は年間累計が前年比マイナスとなる水準で推移しており、料金引き下げは、このてこ入れをはかる狙いがあるようです。

2013年はじめに発給手数料が引き上げられた際には、集客に影響するとして旅行会社やホテルが反発。団体客からの不満が大きく、「近隣国ではビザを免除するなど優遇しているのに対し、ベトナムは逆行し、ツアー料金を押し上げている」といった声が出ていました。

今年5月に開催された観光業界の会議でも、ビザの規定やその処理の複雑さ、手数料の高さが話題になり、発給手数料の引き下げを積極的に働きかけていました。

ベトナム人の外国人配偶者に対するビザ免除、滞在期限6ヶ月に拡大

政府は、在外ベトナム人、在外ベトナム人またはベトナム国民の配偶者・子である外国人に対するビザ免除について定めた政令82/2015/ND-CP号を公告した。2015年11月15日(日)に発効する。これらの対象は、少なくとも1年の有効期限が残るパスポートを持ち、入国禁止対象となっていなければ、最大5年のビザ免除書類の交付が検討される。
(『Thoi Bao Kinh Te Sai Gon』2015年10月8日、p.06)

解説
在外ベトナム人やベトナム人の外国人配偶者に発給されるこのビザ免除書類は、親族訪問や私用で入国するためにしか使用できず、ビジネスや留学、労働を目的とした入国はできません。在外のベトナム外交代表機関、もしくはベトナム国内の出入国管理局で申請でき、パスポート、所定の申請書(写真)、ビザ免除対象であることを証明する書類(外国人配偶者であれば婚姻登録証明書)などを提出します。 

新政令では、毎回の入国にあたり最大認められる滞在期間が、これまでの90日から6ヶ月に延長され、正当な理由と在ベトナムの組織や個人の保証があれば、さらに6ヶ月の滞在期間延長が認められます。このように、ビザ免除書類そのものの有効期限と、毎回の入国にあたり認められる滞在期限は異なり、ビザ免除書類の取得イコール最大5年の滞在が可能になるというわけではありません。また新政令発効前に交付されたビザ免除書類を利用して入国していた場合、滞在期限を終えて一時滞在期限を延長しようと思っても、90日を超えない範囲でしか認められません。

「火傷おこすアリ」が全国で猛威、被害は大人から子どもまで

このところ多くの地方で、皮膚に火傷のような症状を引き起こす「アオバアリガタハネカクシ」という虫による被害が増加している。ハノイ皮膚科病院によると、この虫で受診する人が増えており、大人から子どもまでいる。「自分で薬を塗っても治らず、炎症を起こした状態で受診する人もいます。虫の体液が皮膚に触れると、腫れや水ぶくれを起こし皮膚の表面を損傷させ、細菌が侵入しやすくなることも、皮膚炎を起こす原因です」と同院のグエン・ミン・クアン(Nguyen Minh Quang)副院長は説明している。
(『Thanh Nien』2015年10月10日、p.03)

解説
このアオバアリガタハネカクシは体長6mmほどの小さな虫で、頭部がアリに似て黒色、胸部が橙色、鞘翅が藍色、腹部が橙色、末端部が黒色という特徴的な色をしています。日本でも全国に分布しており、水田や川原など湿気のある土壌を好み、特に6~8月に多く発生するそうです。ベトナムでは特に9~10月に増え、近年は住宅地でも多く見られています。

この虫の体液には「ペデリン」という毒が含まれ、潰した時だけでなく、触れただけでも体液が付着し、炎症の後に水ぶくれができ、やけどした時のような痛みを伴います。目に入ると激しい痛みがあり、最悪失明する恐れもあるそうです。特徴的な見た目を覚え、触らない、潰さないほか、体液が付着したらすぐにせっけんで洗い流して、付着範囲を広げないことが重要です。治療方法はステロイド軟こうの塗布などで、10日程度で完治するようですが、跡が残る場合もあるようです。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

外国人との結婚はほとんど金銭目的、南部の女性が圧倒 法務省によると、2011~2014年に全国で5万人が、外国人・在外ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 7月号

鉄・プラ・紙廃材の原料輸入に保証金、ゴミ排出源では分別 廃棄物・廃材の管理に関する新政令38/2015/ND-CP号によ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

年間0.8冊――読書が嫌いなベトナム人 文化スポーツ観光省の統計によると、1人のベトナム人が1年間に読む本は0.8冊。多…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、 市民の猛反対受け ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 4月号

日本に留学する外国人、ベトナム2位・前年比倍増 日本学生支援機構(JASSO)の「外国人留学生在籍状況調査」によると20…