ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
丹羽隆志さん
建築家

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2015/11/06 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

べトナムの風景を担う作品を。
現場に柔軟に対応しながら緑あふれる空間づくり

Niwa-Takashi

「前面の木を切れないかと相談されましたが、あえて大木を活かせるデザインを提案しました。朝、路地から出てくるおばちゃんが木が陰を落とした建物を見て、『デップクアー(きれいね)』と言って通り過ぎたときがうれしかったですね」。

まるでわが子をみるように温かいまなざしを向けながら、完成間近の建物を案内してくれたのは、ベトナムの現代建築を牽引する「ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツ」でハノイ代表を務める丹羽隆志さん。彼が手がけているハノイ・ドンダー(Dong Da)区にある日系照明メーカー代理店のショールームは、テラコッタタイルで四方を覆った独特の雰囲気で、そばに立つ大木の背景としてうまく溶け込んでいる。夜はライトアップされ、都市の中で照明器具のように存在感を放つ。

マレーシアで日系工場の設計監理を終えた後、高専時代からの友人だったギア氏に誘われパートナーとして来越して5年。幼稚園やリゾート施設など、すでにいくつものプロジェクトに携わってきた丹羽さんが、設計する際にこだわっているのは、このように周辺の環境や緑を取り入れることだ。さらにサステイナビリティ(持続可能性)も重要となる。

「塗装が多いベトナムの建物では、汚れたら塗り替えられてしまいますが、そうではなく、日本の古建築のように歳月を経てより味わいを増す自然素材を使うようにしたいです。ハノイの湿気は厄介です。カビとの戦いとなるので、通風や採光を一番に考えます」。

ふと、工事中のショールーム内部で丹羽さんが一箇所の手すりに目を留めた。数センチ長いため、壁にくっつきすぎているという。「手すりは手すり、壁は壁というように、『縁を切る』必要があるんです」。

素人目には見過ごしてしまうような細かい点について、修正の指示を出すと「なんでそんなに面倒くさいことをするんだ」という反応が返ってくることも。ベトナムで建築家の意向を理解しようとする現場監督になかなか出会えないのが目下の悩みだ。日本では、同じ建築学科で設計、施工、都市計画をひと通り学ぶが、ベトナムでは入学時から専門が独立しているため、建築家の意図に寄り添えるエンジニアは非常に稀だという。

さらに、行政のあいまいな基準に翻弄されたり、近隣住民ともめたりと、なかなか思うように進まないことも。それでも丹羽さんは、デザインを通して貢献できることの多いベトナムでの活動に大きな意義を見出している。

「ベトナムの街づくりはまさにこれからです。建築を通じて街や国の発展を具体化していく、日本の高度成長期を支えたような『古き良き時代の建築家』がまだまだ必要とされています。例えば、これから鉄道が開通すれば、駅ができてその周辺が開発され人が歩くようになります。街の変化に携われる機会がベトナムにはたくさんあるんです」。

自然と人が共生する環境建築を今後も進め、ベトナムの風景をつくる後世の手本となるような建築を残したい、と丹羽さんの決意は固い。

丹羽隆志 にわたかし
1979年石川県生まれ。岡部憲明アーキテクチャーネットワーク勤務を経て、2010年よりハノイ在住。現在、「ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツ/Vo TrongNghia Architects」パートナー兼ハノイオフィス代表を務める。
ウェブサイト:http://votrongnghia.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

小嶋宏弥 さん/プライベートネイルサロン 「美沙那」代表 小嶋宏弥 さん
プライベートネイルサロン 「美沙那」代表

ネイルが好きで好きで仕方ない 日本の技術とサービスをベトナムにも ネイルとの出会いは10代の頃 今も夢中で追いかけている…

竹森美佳 さん/「アジア工芸社」代表 竹森美佳 さん
「アジア工芸社」代表

伝統文化や環境に配慮したモノづくりを通して 持続可能なライフスタイルを守りたい 時を経て味わいが増す手仕事品 ベトナムク…

遠藤 亜矢子 さん/「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営 遠藤 亜矢子 さん
「サンジェラ」代表 「ビノンカカオパーク」運営

カカオについて、見て、触って、聞いて チョコレートの深みを知ってほしい 独立してカカオに出会い その可能性に魅了された …

平野一孝 さん/「ジュエルダイナー」オーナー 平野一孝 さん
「ジュエルダイナー」オーナー

かつて通った、思い出の店を偲びながら 海外生活初の地で、アメリカの国民食に挑戦 帰任が決まり、退社&独立を決意 準備に1…

三輪枝里さん/美ボディメイク インストラクター 三輪枝里さん
美ボディメイク インストラクター

エクササイズで体を整え、健康メンテナンス 女性の“美しく変わりたい”をサポートしたい “治す”“整える”の2つの側面から…

佐久間静香 さん/ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー 佐久間静香 さん
ベトジェットエア(Vietjet Air)キャビンクルー

ニューエイジキャリアサービスの質を高めて “意外にも”快適な空の旅を届けたい 営業ウーマンかキャビンクルーか 悩んで迷っ…

酒井俊 さん/歌手 酒井俊 さん
歌手

ベトナムで歌うことで得た 価値のあるおだやかな時間 音楽“鑑賞”が稀なベトナムで 盲目人ピアニストと共演し感じたこと 2…

野口亮祐 さん/健康インストラクター 野口亮祐 さん
健康インストラクター

薬を飲まなくても病気を治す方法がある 伝統療法による健康手段を海外でも提案したい 健康体に突如襲い掛かった激痛 操体法に…

鵜飼朋子 さん/「ZUZU Concept Store」 オーナー 鵜飼朋子 さん
「ZUZU Concept Store」 オーナー

モノの作り手と買い手を結ぶカフェ 込められた想いやストーリーを伝えていきたい ベトナム中部の古民家をリフォーム 空間作り…

野口健一 さん/EEカンパニー  ビジネスダイレクター 野口健一 さん
EEカンパニー ビジネスダイレクター

自分らしさを求め、新たな挑戦をベトナムで 表現者から、表現力のあるタレントの育成へ 夢を追いかけ掴んだデビュー 音楽プロ…

月森砂名 さん/「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー 月森砂名 さん
「Standing Bar 日本酒で乾杯!」 オーナー

主役は日本酒”のバーを開いて3年 清酒を通して日本文化をもっと伝えていきたい ビジネスで日本文化を発信 結びついたホーチ…

溝尾 和也 さん/エウレカストーン代表 溝尾 和也 さん
エウレカストーン代表

「自分だけにしかできないこと=石材」だった ベトナムで感じたセメントタイル事業の将来性 競争相手のいなかったビジネス “…

石田安彦さん/兎家ゲストハウスオーナー 石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

目指したのは“自分が泊まりたい宿” 宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに 穴が空いた壁や天井を 完全リノベーション…

脇山 春香 さん/ベティック(VIETHICH)運営 脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

サポート役としての情報発信 “誰かのために”は必ず自分に返ってくる ウェブサイトを開設して約2年半 きっかけはすべて“人…

古賀昇さん/キックボクシングジム運営 古賀昇さん
キックボクシングジム運営

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営 見通しのないスタートから走り続けた4年間 始まりはとてもシンプル 自分…

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…