ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
丹羽隆志さん
建築家

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2015/11/06 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

べトナムの風景を担う作品を。
現場に柔軟に対応しながら緑あふれる空間づくり

Niwa-Takashi

「前面の木を切れないかと相談されましたが、あえて大木を活かせるデザインを提案しました。朝、路地から出てくるおばちゃんが木が陰を落とした建物を見て、『デップクアー(きれいね)』と言って通り過ぎたときがうれしかったですね」。

まるでわが子をみるように温かいまなざしを向けながら、完成間近の建物を案内してくれたのは、ベトナムの現代建築を牽引する「ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツ」でハノイ代表を務める丹羽隆志さん。彼が手がけているハノイ・ドンダー(Dong Da)区にある日系照明メーカー代理店のショールームは、テラコッタタイルで四方を覆った独特の雰囲気で、そばに立つ大木の背景としてうまく溶け込んでいる。夜はライトアップされ、都市の中で照明器具のように存在感を放つ。

マレーシアで日系工場の設計監理を終えた後、高専時代からの友人だったギア氏に誘われパートナーとして来越して5年。幼稚園やリゾート施設など、すでにいくつものプロジェクトに携わってきた丹羽さんが、設計する際にこだわっているのは、このように周辺の環境や緑を取り入れることだ。さらにサステイナビリティ(持続可能性)も重要となる。

「塗装が多いベトナムの建物では、汚れたら塗り替えられてしまいますが、そうではなく、日本の古建築のように歳月を経てより味わいを増す自然素材を使うようにしたいです。ハノイの湿気は厄介です。カビとの戦いとなるので、通風や採光を一番に考えます」。

ふと、工事中のショールーム内部で丹羽さんが一箇所の手すりに目を留めた。数センチ長いため、壁にくっつきすぎているという。「手すりは手すり、壁は壁というように、『縁を切る』必要があるんです」。

素人目には見過ごしてしまうような細かい点について、修正の指示を出すと「なんでそんなに面倒くさいことをするんだ」という反応が返ってくることも。ベトナムで建築家の意向を理解しようとする現場監督になかなか出会えないのが目下の悩みだ。日本では、同じ建築学科で設計、施工、都市計画をひと通り学ぶが、ベトナムでは入学時から専門が独立しているため、建築家の意図に寄り添えるエンジニアは非常に稀だという。

さらに、行政のあいまいな基準に翻弄されたり、近隣住民ともめたりと、なかなか思うように進まないことも。それでも丹羽さんは、デザインを通して貢献できることの多いベトナムでの活動に大きな意義を見出している。

「ベトナムの街づくりはまさにこれからです。建築を通じて街や国の発展を具体化していく、日本の高度成長期を支えたような『古き良き時代の建築家』がまだまだ必要とされています。例えば、これから鉄道が開通すれば、駅ができてその周辺が開発され人が歩くようになります。街の変化に携われる機会がベトナムにはたくさんあるんです」。

自然と人が共生する環境建築を今後も進め、ベトナムの風景をつくる後世の手本となるような建築を残したい、と丹羽さんの決意は固い。

丹羽隆志 にわたかし
1979年石川県生まれ。岡部憲明アーキテクチャーネットワーク勤務を経て、2010年よりハノイ在住。現在、「ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツ/Vo TrongNghia Architects」パートナー兼ハノイオフィス代表を務める。
ウェブサイト:http://votrongnghia.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

浅井 友香里 さん/ネイリスト・アイリスト 浅井 友香里 さん
ネイリスト・アイリスト

他人にやさしいベトナムの人たちに 安心で安全なネイルで喜んでもらいたい 留学を機にネイルを仕事に 国内での立ち上げから海…

中野 崇之 さん/写真家・ 「インフィルベトナム」CEO 中野 崇之 さん
写真家・ 「インフィルベトナム」CEO

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 学びは一生、原点回帰。 ベトナムで写真道を行く 現地在住の写真家たちと ホーチミン…

米田 麻子 さん/「ママキッズサロン」 主宰 米田 麻子 さん
「ママキッズサロン」 主宰

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) 子育てはみんなでしよう 子ども達の健やかな成長のために 保育士ならではの視点で 充…

ABE さん/「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト ABE さん
「ヘム★ヘムサイゴン」 ボーカリスト

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) ライブから日越文化活動まで いつでもどこでも“楽しい”に全力 素人バンドから10年…

羽根井 豊  さん/「ワナ」ファウンダー 羽根井 豊 さん
「ワナ」ファウンダー

撮影・文/杉田憲昭(GRAFICA) レシピ動画と安心安全な食品の販売で ベトナムに食育の場を広げたい 実体験から食の安…

永嶋 茂  さん/「ニジゲンプロジェクト」 代表 永嶋 茂 さん
「ニジゲンプロジェクト」 代表

文/有田紳介 二次元アイドル「暁バンマイ」をデビュー! Vチューバ―の世界観を楽しんでほしい 若い自分を救ってくれた趣味…

松尾 英子 さん/「アスカサービス」 講師 松尾 英子 さん
「アスカサービス」 講師

文/佐々木朋美 接客業の経験を活かしベトナムでマナー研修 形だけでなく、相手を思いやる心を伝える ベトナムでも必須化する…

高野 有貴さん/「ホアリーダナン」 代表 高野 有貴さん
「ホアリーダナン」 代表

色とりどりのベトナム雑貨に囲まれて 夫婦で築いたオンリーワンの店 運命的な出会いが導いた ハノイ~ダナンへの移住   ダ…

伊能 まゆ さん/「シードトゥーテーブル」代表 伊能 まゆ さん
「シードトゥーテーブル」代表

環境に負担をかけない有機農業を伝え、 ベトナムの農家の人々を笑顔にしたい 農村の暮らしに関心を持ち NGO団体を発足 「…

和田良子 さん/オーガニック化粧品 「タラン」オーナー 和田良子 さん
オーガニック化粧品 「タラン」オーナー

文/佐々木朋美 自分の肌で見つけたタマヌオイル 見て、試して、肌に合うアイテムを見つけてほしい 素材は良いのにお土産がな…

川口 涼子 さん/「ママラ」代表 川口 涼子 さん
「ママラ」代表

文/有田紳介 家事や育児も立派なキャリア! 主婦が活躍できる場を 身に着けたスキルは活かすべき 思い切って始めたイベント…

倉木 良樹  さん/ブログ「ベトナム起業日記」 運営者 倉木 良樹 さん
ブログ「ベトナム起業日記」 運営者

文/有田紳介 今日を楽しく幸せに。 ブログを書いて絵を描いて、生活に輝きを 仕事で作った試作が人気ブログに ベトナムのリ…

二瓶 彩菜 さん/「エニハピテックワールドオン ライン」代表 二瓶 彩菜 さん
「エニハピテックワールドオン ライン」代表

自分で考え行動する体験型教育を アジアの子どもたちに発信したい 自立心や行動力を育んだ 地元・福島県での教育 ベトナムを…

山本 篤史 さん/「A&Cコンフェクショナリー」代表 山本 篤史 さん
「A&Cコンフェクショナリー」代表

ベトナム人にも日本人にも愛される 日本のおいしいお菓子をベトナムに 社会的隔離で飲食店との企画 日本人コミュニティで話題…

池田 卓生 さん/「テーブルプロデュース」代表 池田 卓生 さん
「テーブルプロデュース」代表

日々の食卓がもっと豊かになる 「食のセレクトショップ」を発信 売りっぱなしではなく 商品の情報や製造過程も大切に ダナン…

五十嵐 珠実 さん/「タマオ」オーナー 五十嵐 珠実 さん
「タマオ」オーナー

愛情感じる品々を詰め込んだ小さな雑貨店 ベトナムの”かわいい”を、いずれは日本にも 初海外、移住…

小森 壮洋 さん/「エーデルワイス」代表 小森 壮洋 さん
「エーデルワイス」代表

素材選びは手を抜かず ハノイの人に価値を認めてもらえる菓子づくりを 日本人とベトナム人が思う 「あるといいな」を提供する…

長澤 由美 さん/「サリーズチアドリーム」 ディレクター 長澤 由美 さん
「サリーズチアドリーム」 ディレクター

新しい世界に飛び込む勇気と情熱 子どもたちに“チアの楽しさ”を伝えたい 幼馴染のチア姿に魅了され、 保育士からチアリーダ…

土橋 壮之 さん/「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長 土橋 壮之 さん
「仁愛(ニャンアイ)老人ホーム」 介護福祉士/教育部長

人から必要とされる喜びを感じながら ベトナム人と共に介護業界を成長させたい 天職と感じる、楽しい介護職 日本の経験を生か…

多多納 基さん/「ザ・ファーストバー」 オーナー 多多納 基さん
「ザ・ファーストバー」 オーナー

日本のオーセンティックなバーをベトナムで お客様それぞれの居心地の良い店でありたい 海外に、夢である自分の店を 30歳を…