ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 6月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2015/06/21 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

年間0.8冊――読書が嫌いなベトナム人

文化スポーツ観光省の統計によると、1人のベトナム人が1年間に読む本は0.8冊。多くの人は書籍に手が伸びない理由を、価格が高い、質が良くない、図書館にも蔵書が非常に少ないことを挙げている。

しかしこれらは原因の一部に過ぎず、その主たるものは、大多数の人々の、知識を得るために本を読もうという意識の低さがあると考えられる。書籍から知識を探し求めることを好む年齢であるはずの学生の多くも読書に非常に怠惰で、図書館の利用も少ない。
(『Nguoi Lao Dong』 2015年4月8日、p.10)

解説
暇があればネット、スマホというご時世ですが、かつてベトナムには都市部でさえ、書店も、店頭に並ぶ書籍の数もとても少なかった時代があったそうで、読書習慣が根付いていないのは、こうした歴史的背景もあるのかもしれません。

いまでは大型書店があちこちにあり、カフェを併設したり、内装に凝ったりした書店も多く、書籍の表紙イラストやデザインもオシャレなものが非常に増えました。

ベトナムで出版されている書籍には、小説でも実用書でも外国書籍を翻訳したものが多く、出版される本の約半分が翻訳物とも言われています。マンガばかりでなく、村上春樹、吉本ばなな、江國香織など、日本人作家の作品も翻訳版が多数出版され、大手オンライン書店の2013~14年のベストセラーランキングには、市川拓司の『いま、会いにゆきます』、木藤亜也の『1リットルの涙』などが上位に入りました。最近では、日本式育児本や絵本なども出版されています。

また、作品がTVドラマ化されるなど、ティーン世代を中心に人気のベストセラー作家グエン・ニャット・アイン(Nguyen Nhat Anh)の『つぶらな瞳』という作品が日本語に翻訳されています。

ベトナム産エビ、抗生物質でアメリカから輸入拒否

ベトナム水産物輸出加工協会(VASEP)によると、2015年年初2ヶ月だけで、米国食品医薬品局(FDA)はベトナム産エビ少なくとも107ロットで輸入許可発給を却下している。これは前年同期比224%増となる数字で、この10年で最も多い。

VASEPによると、輸入が拒否された理由は抗生物質の残留で、うち75%のロットがニトロフラン汚染と動物用医薬品残留で拒否されている。
(『Thoi Bao Kinh Te Sai Gon Online』 2015年4月12日)

解説
今回の抗生物質残留でアメリカがベトナム産エビの輸入を拒否した背景には、2014年にエビ輸出が高い利益を上げ、2015年も好調が続くと見た輸出各社が、品質を重視せずに品集めを強化したことがあるようです。

これ以外にもベトナムでは、家畜に水を注入し重量を水増したり、フォー(Pho)などの麺を白く見せるために蛍光増白剤を添加したり、果物に成長促進剤を使用したりと、食の安全を脅かすニュースが頻繁にメディアで報じられています。

こういったなか最近では、有機野菜など安全性を全面にアピールした食材を専門に扱う店をよく目にするようになりました。一般的な市販品より割高ですが、安全性への関心の高まりから利用者は確実に増えています。安全性が不確かな安い中国産も敬遠され、「中国産は買わない」と決めている消費者も多いようです。

日本とベトナム、建設分野の人材育成で協力

イ・ファム・カン(Bui Pham Khanh)建設次官と青木一彦国土交通大臣政務官は2015年4月16日(木)、建設分野の人材育成に係る協力覚書を締結した。

技術育成プログラムの質改善、建設作業員の質向上を目的とした活動で協力し、日本側がベトナムの建設分野の人材育成を支援する。協力プログラムは2021年3月末まで。
(『VietnamPlus』2015年4月16日、『Thoi Bao Kinh Te Viet Nam』2015年4月17~18日、p.17)

解説
東日本大震災の復興事業に加え、2020年の東京オリンピックに向けて建設ラッシュを迎えている日本。懸念される建設業界の人材不足に外国人技能実習生の活用が進んでおり、建設業界で働く外国人労働者の契約を、従来の3年から最大5年に延長することが発表されています。

ベトナム人労働者の需要も多く、ベトナムは2015年、約5000人の建設労働者を日本に送り出す見通しで、4月にはホーチミン市技術師範大学、修成建設専門学校、大阪YWCA専門学校がベトナム人建設技術者の育成を目的とした教育提携を結ぶなどしています。

両国の人材育成協力は建設業界ばかりでなく、例えば電力では、ニントゥアン(Ninh Thuan)原子力発電所の導入に向けてベトナム電力グループ(EVN)から派遣された研修生が東海大学で学ぶなどしています。

2016年秋には、ハノイで日越大学の修士課程が開講する予定です。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

水力発電所の放流、 首相が商工業省に調査指示 2016年10月中旬の大雨で発生した北中部における洪水で、人命や財産に大き…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

小学3年から高校までの10年間 第1外国語の学習制度を整備 教育訓練省は来学年度から、小学校3年生~高校3年生を対象にし…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

「ポケモンGO」、 ベトナムでも大ブームに 2016年8月6日(土)、ベトナムでゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった。…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイでバイク禁止計画、 「その後」の移動手段は? 2025年に中心部でのバイク利用禁止を検討しているハノイ。早晩やらね…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

大気汚染対策、2020年までの国家行動計画を承認 首相は、2020年までの大気の質管理に関する国家行動計画、2025年ま…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

伝統型小売の優勢続く近代型も2桁成長 市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)の2015…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

「自分は中間層」ベトナムは96% 実際は55%のみ 博報堂生活総合研究所アセアン(HILL ASEAN)によると、ホーチ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

ホアンサー諸島での ミサイル部隊展開で中国に抗議 中国がホアンサー(Hoang Sa)諸島で軍用ヘリコプター基地を建設し…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

ASEAN経済共同体が 正式発足 2015年12月31日(木)、ASEAN(アセアン)経済共同体(AEC)が発足した。政…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

ジャポニカ米の輸出が 100%の伸び ベトナム食糧協会(VFA)によると、2015年のコメ輸出量は推計650万t超で、う…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

2050年までにほぼ全ての 都市廃棄物をエネルギー化 グエン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)首相は、「20…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

TPP発効時にベトナムが得る利益250億USD、 日米から210億USD 2015年11月9日(月)に行われた環太平洋パ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

入国ビザ発給手数料を引き下げ 財務省は、外国人に対するビザの発給手数料について定めた通達157/2015/TT-BTC号…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

南北鉄道の近代化、詳細計画が公表 鉄道局はハノイ駅からサイゴン駅まで1726km、21省市を通過する南北鉄道近代化詳細計…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

VND1%追加切り下げ、変動幅は±3%に 国家銀行は2015年8月19日(水)、ベトナムドンの対米ドル基準レートを1%切…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

新企業法移行「上々の出来」、10日で2900社設立 2015年7月1日(水)の新企業法発効から10日間で、全国で2909…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

外国人との結婚はほとんど金銭目的、南部の女性が圧倒 法務省によると、2011~2014年に全国で5万人が、外国人・在外ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 7月号

鉄・プラ・紙廃材の原料輸入に保証金、ゴミ排出源では分別 廃棄物・廃材の管理に関する新政令38/2015/ND-CP号によ…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、 市民の猛反対受け ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の…

ベトナムの今がよくわかる/ ベトナムニュース解説 4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 4月号

日本に留学する外国人、ベトナム2位・前年比倍増 日本学生支援機構(JASSO)の「外国人留学生在籍状況調査」によると20…