ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムニュース解説 > ...

ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説 5月号

タグ:
カテゴリ:ベトナムニュース解説
更新:2015/05/21 – 10:00

情報提供:「ベトナム最新情報」 TOHO CO., LTD. www.toho.com 日系進出企業向けのビジネスニュースを週4回配信。開始から13年、250社超の企業が定期購読。

ハノイ街路樹「大伐採」を中止、
市民の猛反対受け

ハノイ市人民委員長は2015年3月20日(金)、進めていた6700本の街路樹伐採計画の中止を決定した。同日開かれた記者会見には大勢の報道陣が集まった。

会見での説明によると人民委員長は、一部道路で進めていた街路樹の伐採、植替えを中止するよう関係機関に指示した。すでに伐採されたものは直ちに別の樹木を植える。また今後は、交通や市民の生命、財産に危険をもたらす可能性がある、倒木の危険があるものに限り植替える。
(『Thanh Nien』 2015年3月21日、p.03)

解説
市民も支持している――2015~2017年にわたって6700本の街路樹を植替えるというハノイ市の街路樹整備事業ははじめ、対象地域の多数住民から支持され、多くの企業から費用が寄付されているといった説明がなされていました。

植替え対象は、街路樹に相応しくない種類、虫食いなどが進み倒木の危険がある、交通の障害となっているといった樹木でしたが、作業を一気に進め、明らかに問題のない樹木まで伐採されていたことから、市民から疑問が噴出、反対の声が一気に広がりました。反対運動には学生から老人、識者、外国人まで幅広い層が参加。プラカードを掲げた行進や、木に抱きついたり登ったりといった「実力行使」を取る人も出るなど、間もなく市は、中止を決めることになりました。

一方で釈明に追われた市幹部が、「寄付を受けた企業から圧力があった」などと発言、これに対し支援企業側が、寄付は植樹に対してで大量伐採など聞いていない、影響力など一切行使していないなどと次々と否定。市民、支援企業の双方から、市の姿勢に不信感が持たれる一件となりました。

都市世帯は毎月支出の10%を外食に、健康面の関心高まる

市場調査会社カンターワールドパネル(Kantar Worldpanel)が実施したホーチミン市、ハノイ、ダナン、カントー(Can Tho)在住の都市世帯の最新調査によると、各世帯は毎月支出の10.5%を外食に費やしている。

健康・栄養に対する関心も高く、87%の都市世帯が以前より健康に不安を持っている。
(『Phap Luat』 2015年3月28日、p.11)

解説
ベトナムでは朝食は基本的に外、夕食も帰宅前に外で済ませることも多いため、実際の生活を見ていると、「外食」への支出割合はこの数字以上のようにも感じます。

人口の半数以上が35歳未満と若いベトナムには、生活水準の向上や経済成長からファストフードをはじめとする外資系の外食チェーンも多数進出し、よく賑わっています。

その一方で食習慣の変化から肥満や糖尿病も増加しており、健康意識は以前より高まっているようです。

生活水準の向上で健康に気を配る余裕が出てきたという側面もあり、美容・健康のためにダンスやヨガの教室に通ったり、公園でウォーキングやジョギングに励んだりする人も多く、富裕層を中心にフィットネスクラブも繁盛しています。

食品でも「カルシウム配合」、「ビタミン増量」など栄養面を重視した製品、健康食品やサプリメントが多数販売されています。最近は残留農薬など食の安全にも関心が高く、オーガニック食品専門店や、家庭菜園で野菜を育てたりする人も増えています。

4G、2016年はじめに許可・通信次官が明らかに

2015年3月26日(木)にハノイで開かれた4G LTEの国際セミナーで、レ・ナム・タン(Le Nam Thang)情報通信次官は、現在2Gで利用されている周波数1800MHzを含め4G LTEの展開を認める通達が3月はじめに公告されたと述べた。2016年はじめにも4Gを正式に許可する。
(『Thanh Nien』 2015年3月27日、p.07)

解説
英ソーシャルメディアエージェンシー「ウィーアーソーシャル/We Are Social」の統計によると、2015年1月1日(木)現在、ベトナムの人口9070万人に対し、モバイルネットワーク接続者は1億2830万人(141%)。

ベトナムで3Gのサービスが始まったのは2009年(日本は2001年)。通信局の2015年1月の資料によると、3G契約は2900万件近くまで増え、スマートフォンの普及と相まって現在も強く伸びているようです。ただ2013年に行われた3G利用者の満足度調査では、約半数が回線速度に満足していないという結果も出ています。

4Gについて情報通信省は2010年にベトナム郵政通信グループ(VNPT)やベトナム軍隊通信グループ(ベトテルグループ/Viettel Group)など5社に試験展開を認め、当初は2013~2015年が展開に最適の時期とされていました。4Gの導入により通信速度の高速化やサービスの質向上が期待されます。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

離着陸時の携帯電話使用、300万~500万VNDの罰金 ベトナム航空局は、搭乗客に機内での携帯電話・電子機器使用を控える…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

ベトナムのロジスティクス業界、毎年2万人の人材不足 2018年9月8日(土)に、ホーチミン市で開いた「ロジスティクス業界…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2019年の最低賃金は5.3%引き上げで妥結 国家賃金審議会は、2018年8月13日(月)、2019年の地域別最低賃金に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

ベトナム人の清涼飲料水消費、年間50億L ベトナムの清涼飲料水の消費量は、2016年に40億Lを超え、2018年には50…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ベトナムでも手軽かつ安価に 唾液でHIV検査 ベトナムで、唾液によるHIV検査が可能になった。オンライン販売サイトなどで…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

犬や猫に噛まれないよう注意 低い予防接種率 ホーチミン市予防保健センターによると、2018年2月に犬や猫に市民が噛まれた…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

美容用品への支出、 農村部で著しい伸び 世界的な消費者行動調査会社「カンターワールドパネル/Kantar Worldpa…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

外国人の強制社会保険、 間もなく政令公告へ ベトナムで働く外国人の社会保険は、当面は、疾病、妊娠、労働災害・職業病の短期…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説4月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説4月号

「ベトナムに学べ」 中国紙がサッカー越U23代表を称賛 中国で開催された「サッカーAFC U-23選手権2018」で、ベ…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説3月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説3月号

「どうせ聞いてもらえない」政策に 意見しないベトナム企業 「リーディングビジネスクラブ/Leading Business…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説2月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説2月号

ホーチミン市に近代的な 予防接種センターがオープン ベトナムワクチン社は、ホーチミン市フーニュアン(Phu Nhuan)…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説1月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説1月号

ベトナムの台風被害に 日本が緊急支援 チャン・ダイ・クアン(Tran Dai Quang)国家主席は2017年11月7日…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説12月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説12月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説11月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説11月号

卵と鶏肉で トレーサビリティを導入 ホーチミン市商工業局は2017年8月30日(水)、ヴィンタンダット(Vinh Tha…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説10月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説10月号

2018年最低賃金6.5%増 最高は398万VNDに 国家賃金審議会は2017年8月7日(月)、2018年の地域別最低賃…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説9月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説9月号

外国人の強制社会保険 政令案提出を延期へ 労働傷病兵社会福祉省は、ベトナムで就労する外国人の社会保険加入義務化について、…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説8月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説8月号

ハノイ2030年バイク禁止、 決議承認へ ハノイ市の渋滞・環境汚染低減に向けた交通機関管理強化決議草案では、2030年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説7月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説7月号

25㎡のマンション建設認める 建設省 建設省は、ホーチミン市のダットラン(Dat Lanh)不動産社に対し、25㎡の商業…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説6月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説6月号

機能食品が急伸 健康意識の高まりで 保健省によると、2014年に新規登録された機能食品は1062点だったが、2015年に…

ベトナムの今がよくわかる/ベトナムニュース解説5月号 ベトナムの今がよくわかる
ベトナムニュース解説5月号

裾野産業協会が発足 企業連携で産業発展 ベトナム裾野産業協会(VASI)が2017年3月18日(土)にハノイで発足。業界…