ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
井芹信之さん
ハノイドラゴンボートチーム世話役

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2015/04/09 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

漕ぐ舟は、みんなで力を合わせて担ぎ運ぶもの。
ドラゴンボートの不思議な魅力に魅せられて

IMG_9146

「みんなの息がぴったり合い、舟がスイスイ進む感覚も好きなのですが、それ以上に好きなのは、レース前にメンバー全員で舟を担ぐことと、漕ぐことがドラゴンボートレースにおいてはセットであるということ。舟を一緒に担いで一緒に漕ぐ。これこそが醍醐味(だいごみ)ですね」。

ドラゴンボートレースの魅力をこう語るのは、ハノイで活動する「ハノイドラゴンボートクラブ」の世話役、井芹信之さん。日に焼けた肌と、優しそうな笑顔が印象的だ。きっかけはドラゴンボート愛好家の同僚に誘われたこと。外からしか眺めることがなかったタイ(Tay)湖を、ボートに乗って湖の中央から眺めた時、湖を独り占めしているような一種独特の感覚になったことを覚えているという。

ドラゴンボートとは、龍の頭と尾の装飾が施された12〜60人乗りの細長い舟で、日本では沖縄のハーリー、長崎のペーロンとして知られる。

現在、同クラブには63人が在籍し、常時、8~17人が練習に参加。ベトナム人もクラブの練習に来るほか、ベトナムナショナルチームとの競漕もあるが、大きな大会への出場経験はまだ少ない。

ふいに、井芹さんが「衝撃的なボートレースを見たことがあるんです」と熱を込め、話し始めた。南部メコンデルタ、ソクチャン(Soc Trang)省で毎年行われる「オクオムボック/Ooc Om Boc」祭りだ。中国に起源を発する、端午の節句のドラゴンボートレースで、 東南アジアをはじめ、世界各地で祭事として開かれている。

「普段、私たちは水の流れがないタイ湖で、12人乗りのボートを使って200mを1分ほどで漕ぐという練習をやっているのですが、これが結構疲れるんです。ところがオクオムボック祭りは1500mもの距離を全長27m、60人乗りの長い舟で一斉に漕いでいく。しかも会場は運河で、海から遡ってくる水の流れを受け、みるみるうちに水位が上昇するのです。声を揃えて水を掻き、水上を走るその姿は、まるで龍が体をうねらせながら川面を滑っているようでした」。

メコンデルタの若者たちの勇壮なドラゴンボートレースを目の当たりにした井芹さんは、次のように推測する。

「メコンデルタ流域では、もともと急流を渡ることが生活の上で必要でした。そして、渡るためには漕ぎ始める場所を選ばなければならないから、漕ぎ手は川沿いの道を担いで運ぶことになる。だからこそ『漕ぐ舟はみんなで担ぐもの』という文化が自然に生まれたのではないでしょうか」。

実は、今年のオクオムボック祭りへの出場許可が下りているそうだが、「各村の威厳を賭けた戦いに、まだまだ素人の私たちが出場するのは…」と、やや謙遜気味。競漕出場に一歩近づくためにも、当面の目標は、まずタイ湖で4チーム対抗のレースを実現させることだと目を輝かせる。ドラゴンボートの不思議な魅力に魅せられた井芹さん。彼の、仲間とともに「舟を担ぎ、漕ぐ」日常はこれからも続いてゆく。

井芹信之 いせりのぶゆき
熊本県出身。2011年JICA専門家として来越、ベトナム農業大学で稲の品種改良研究事業に携わる。2013年からハノイのドラゴンボートチーム「ハノイドラゴンボートクラブ」(p.66)に参加。現在はチームの世話役を務める。
ウェブサイト:www.hanoi-dragon.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…

ベトナムの日本人/成田樹紀/カルダモン店主・商品企画開発者 ベトナムの日本人
成田樹紀
カルダモン店主・商品企画開発者

食の提供だけではなく、問題解決をしたい ランチを通して、新しいライフスタイルの提案を “持ち前の感性”で始めたカレー屋 …

ベトナムの日本人/桑原伸一郎/ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ ベトナムの日本人
桑原伸一郎
ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ

頭を使えば、タイムを上げられる 鍛えるだけではない水泳スタイルをベトナムに 強くなるために分析、研究 “頭を使う”、それ…

ベトナムの日本人/長谷川舞さん/管理栄養士 ベトナムの日本人
長谷川舞さん
管理栄養士

食を通じて、健康や未来、幸せをたくさん提供したい そのために、今自分にできることをコツコツと 急速に発展していくベトナム…

ベトナムの日本人/中谷茜理/YouTubeチャンネル『aNcari room』運営 ベトナムの日本人
中谷茜理
YouTubeチャンネル『aNcari room』運営

ベトナム語で自分の言葉を世界中に発信 一歩足を踏み出したら、新しい景色が見えてきた! 始まりはベトナム人の 親友との出会…

ベトナムの日本人/月嶋カリンさん/歌手 ベトナムの日本人
月嶋カリンさん
歌手

相棒のピアニストと出会い、自分の「音楽」が変わった 歌に愛される歌手になり、心に寄り添える音楽を届けたい 衝撃的な日々の…

ベトナムの日本人/安蔵彩香さん、寿苗さん/ハノイインターナショナル スクール 12 年生 ベトナムの日本人
安蔵彩香さん、寿苗さん
ハノイインターナショナル スクール 12 年生

外国にいるからこそ、母国語の大切さを忘れずに。 母子の二人三脚で言語の壁を越えて大学進学 「勉強しろって強くは言われず、…

ベトナムの日本人/榎本俊明さん/ラーメンエノ店主 ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して ホーチミン市10区に店を構え…

ベトナムの日本人/竹野和浩さん/ケイテンベトナム社長 ベトナムの日本人
竹野和浩さん
ケイテンベトナム社長

技術も自転車も“本物”を知ってもらいたい Uターンを知らない自転車乗りの、ベトナムでの挑戦 高校・大学と本格的に自転車競…

ベトナムの日本人/石橋英晴さん/ソムリエ&「レッドエプロン」  コーポレートマネージャー ベトナムの日本人
石橋英晴さん
ソムリエ&「レッドエプロン」 コーポレートマネージャー

変化するベトナムでのワイン事情を見つめ続ける 原動力は“お客様に喜んでもらいたい” 「私が初めてベトナムに来た2005年…

ベトナムの日本人/小田ならさん/京都大学特任研究員 ベトナムの日本人
小田ならさん
京都大学特任研究員

西洋医学が発展してもなお、ベトナムに根付く伝統医学。 時代とともに変化する様を楽しく追いかけていきたい 「苦しい状況に立…

ベトナムの日本人/和島祐生さん/株式会社ベーホーワークス/CEO・共同創立者 ベトナムの日本人
和島祐生さん
株式会社ベーホーワークス
CEO・共同創立者

「やりたい」だけで終わらせるのは“不健康” 起業もイベントも、おもしろそうなことは、どんどんやりたい 弱冠27歳にしてベ…