ベトナムスケッチ > ベトナム北部 > ハイフォン > ハイフォン通信 > ...

乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ

タグ:,
カテゴリ:ハイフォン通信
更新:2015/02/24 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!
Press
2015年3月8日(日)は「国際婦人デー」。ハノイから日帰りでも行けるハイフォンは、洋風建築が点在し、交通量も多くないので、のんびり街歩きを楽しむのにもってこい。デートで、友達同士で散策するときに押さえたい、女性旅行者向けのコースをご紹介。
HP1_IMG_8421

まずはハイフォンの街をつくった強~い女性にご挨拶

女将軍レ・チャン像
Tuong Dai Nu Tuong Le Chan

1世紀半ば、小村に過ぎなかったハイフォンを整備したレ・チャン。ハイ・バー・チュン (Hai Ba Trung) の名で有名なチュン姉妹とともに、中国・後漢の支配に対し反乱を起こしたことで知られる。気が強いとされるハイフォン女性の由来は彼女にあるのかも?

HP2_IMG_6881旧暦12月25日の命日と、誕生日の旧暦2月8日(2015年は3月27日(金))には、市中心部に建つ銅像や彼女を祀るゲー(Nghe)祠で祭典が行われる

住所:1 Nguyen Duc Canh St., Le Chan Dist., Hai Phong

歴史を学び、街歩きのイメージを膨らませよう

古写真とアンティーク
Nhung Buc Tranh Co va Do Co

街と港の軌跡が詰まったハイフォン博物館で、かつての風景を写したモノクロ写真や日用品を見学。当時から変わったもの、変わらないものを探しに街に出かけよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA半世紀以上前に町のプラスティック工場で作られた人形やボタン。日本から持ち込まれたといわれる人力車も展示されている

ハイフォン博物館 / Bao Tang Hai Phong
住所:11 Dinh Tien Hoang St., Hong Bang Dist., Hai Phong
電話:(031) 382 3451
営業時間:(火~日曜)8:00~11:00、(水・日曜)19:30~21:30
休日:月曜
料金:5000VND(約30円)

美容にもいい健康スイーツを食す

タィックサイン
Thach Xanh

路上で売られている緑色の寒天ゼリー。アカネ科の薬用植物の葉から抽出したエキスを固めたもので、抗炎症作用が期待される健康食品の一つ。ダイエット食品としても人気がある。味はあまりしないので、甘いシロップといっしょにどうぞ。

HP4_DSC_8599ハイフォンの人にとっては子ども時代の懐かしい味。1杯約1万VND(約60円)

古くて新しいノスタルジックな空間でひと息

エリア21
Area 21

街に溶け込むような古い雑居ビルに、若者が共同経営するカフェやショップが入り、アンティークを上手に取り入れた内装は見ているだけでも楽しい。2階に日当たりのよいカフェが2店舗あるので、まったりしたい。土曜の夜はライヴ演奏あり。

HP5_IMG_8448HP6_IMG_8468インテリアのほか、豊富なメニューや空き瓶を再利用したグラスなど、創意工夫が感じられる

住所:21Tran Phu St., Ngo Quyen Dist., Hai Phong
電話:なし
営業時間:8:00~22:30
Facebook : Area21

色とりどりの花を愛でて締めくくる

花屋
Quan Hoa

1941年に当時の市長が造らせた一画で、周囲のコロニアル調の建築ともベトナムの伝統建築とも合う越仏折衷様式を採用。赤い瓦屋根と鮮やかな花々、背後の緑の木々は、多くのベトナム人アーティストにも愛されている。

HP7_IMG_848510軒ほどの生花店が並ぶ。花は1本からでも購入可能

住所:Hoang Van Thu St., Hong Bang Dist., Hai Phong
営業時間:6:00~21:00

COLUMN : 女性向けギフトは実用性重視

街中で「国際婦人デー」のプレゼントを聞いてみると、もらう側の女性も贈る側の男性も、リップなどの化粧品、衣類といった答えが大半。衣類を買うのもブティックではなく、量販店に一緒に行き、女性が本当に欲しいものを購入するのだとか。金銭的に無理のない範囲で実際に使えるものを選ぶあたり、かなり現実的だ。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう ! 【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう !

小麦粉や米粉を使ったハイフォンの「バイン/Banh」というと、蟹入り平麺「バインダークア/Banh Da Cua」やステ…

【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、/市民劇場の内部に潜入! 【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、
市民劇場の内部に潜入!

ハノイ、ホーチミン市と並び、フランス統治時代にベトナム国内に建てられた3つのオペラハウスの1つ。風格漂う姿を眺めるだけで…

ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪 ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪

幅広く商品を取りそろえるハイフォン最大のタムバック市場(Cho Tam Bac)。市場の人は、観光客馴れしておらず、「ど…

ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ

ハノイやホーチミン市のように数は多くはないけれど、ハイフォンにもそれぞれ工夫を凝らして訪れた人々を楽しませてくれるカフェ…

改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう 改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう

テーマ別に12の展示室に分かれているハイフォン博物館。1階は古代、2階は1945年以降~近代までの計約2万点が収蔵されて…

チャン・フン・ダオ伝説を追え! チャン・フン・ダオ伝説を追え!

日本で元寇があった後の1288年、元軍はベトナムへ攻め込んだ。この時、敵を撃退したのが軍師チャン・フン・ダオ(Tran …

港湾都市ハイフォン・お魚生活 港湾都市ハイフォン・お魚生活

ハイフォンには新鮮な魚介類がいっぱい。発砲スチロール箱や氷を売ってくれる魚屋もあるので、旅行者も買物OKだ。当地で人気の…

1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島 1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島

ハイフォンから車で約30分のビーチリゾート、ドーソン(Do Son)。その沖合いに浮かぶのがホンザウ(Hon Dau)島…

海蟹入りバインダードー 海蟹入りバインダードー

ハイフォンを代表する料理といえば「バインダードークア/Banh Da Do Cua」。茶色い平麺を淡水に棲む田ガニのスー…

市民劇場だけじゃない!/様々な様式を楽しめる建築散歩 市民劇場だけじゃない!
様々な様式を楽しめる建築散歩

ハイフォンでのコロニアル建築見学なら、フランス植民地時代の繁華街だったディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通…

ご当地グルメから全国区へ ご当地グルメから全国区へ

ハイフォン以外の地域では「ハイフォン風バインミー/Banh Mi Hai Phong」とよばれる「小枝バインミー/Ban…

街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月 街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月

「鳳凰/Phuong」の「花/Hoa」の名をもつ火炎樹。5月から6月にかけてハイフォンの街は、この花の赤で染まる。ベトナ…