ベトナムスケッチ > ベトナム中部 > ダラット > ダラット通信 > ...

山岳民族が住む自然の中で、
遊んで学ぶ国立公園

タグ:,
カテゴリ:ダラット通信
更新:2014/11/24 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!
press
ラムドン(Lam Dong)省北部、カインホア(Khanh Hoa)省とダックラック(Dak Lak)省に接するビズップヌイバ(Bidoup Nui Ba)国立公園は、7万38ha。シンガポール1国程の原生林は学術的にも貴重で、世界の研究機関からも注目されている。
cake
写真・文/石原文春 写真提供/国立公園事務所

ヴィジターセンターで、地域、民族、文化、自然について学ぼう

ヴィジターセンター
Trung Tâm Du Khách

館内の展示は、国際協力機構(JICA)が全面協力。パネルの文字を読むだけでなく、展示物に触り、遊びながら、自然や動植物の役割などが体感できる仕組みは世界的にも展示の先端を行くものだ。

2階はコホー(K’ho)族の伝統家屋を模した造りで、彼らの生活道具や楽器、織物などが展示され、実際に触って使い心地を試すこともできる。その他、多目的広場やレストラン、宿泊施設も利用可能。

_DSC3038パネルは英語とベトナム語の2ヶ国語表記。メインの展示ラインの横には、カエルやヘビ、ヒルなど敬遠しがちな生物たちの展示も。ゲーム感覚で楽しめる展示は、子どもにも人気がある。入場料2万VND(約110円)

住所:Zone 97, Da Nhim Commune, Lac Duong Dist., Lam Dong Province
電話:(063) 374 7449
営業時間:8:00~16:00
電子メール:bidouptour@gmail.com
http://bidouptour.com

エリア最高峰のビズップ山に登る1泊2日のトレッキングコース

ビズップトレイル
Tuyến Bidoup

ヴィジターセンターから車で約1時間のところにあるレンジャーステーションが出発点。1日目は松林の中、かなりの勾配を登り息が上がるが、4時間程度でキャンプ場に到着する。2日目は原生林の中を登って、山頂へ。展望は下山頭中の方が良く、下りはじめてしばらくすると、折り重なった山々が一望できるポイントがある。さらに樹齢1300年の大木も。雨季は蛭も多く足場も悪いので、乾季がおすすめだ。

1泊2日17kmのコースと26kmのコースがある。入場料2人分112万2000VND(約6130円)~。

DSC_0041ビズップ山は標高2287m。ベトナム人の登山者も増えている。テントなどは公園事務所でレンタル可能。貴重な動植物が残るエリアだけに、今後のトレイル整備や教育、入山制限などが検討されている

足慣らしと自然観察に最適な3.5kmのコースは家族連れや初心者に

ティエンタイトレイル
Tuyến Thác Thiên Thai

ヴィジターセンターの裏手から山に入り、山岳民族の薬や染料になる草などを学びながら松林を進むと、やがて沢に出て、植生が変わる。沢に沿って上りながら野生のバナナや珍しいフルーツなどを観察するうちに、ティエンタイ滝に辿り着く。3時間程度2~6人グループ20万VND(約1090円)~。

cong dong山岳民族がピクニックに来ることもある最深部の滝。登山道は滝の上部まで伸びている

山岳民族の村を訪ね、散策と伝統的な機織り作業を見学

ウィーヴィングツアー
Tuyến Văn Hóa K’ho

ヴィジターセンターから車で近隣のコホー族チルグループの村を訪ねる。民家で素朴な折り機で布を織る様子を見学し、希望者は体験ができる。その後、織物のお土産を見たり、村の中を散策したり。天気が良ければコーヒー畑の向こうにビズップ山が見える。2時間2~3人グループ12万VND(約660円)。

IMG_2544体が折り機の一部になる伝統の織物は、細かい模様ひとつずつにも意味が込められている

COLUMN :自然の解説付きでひと味違ったツアー

ヴィジターセンターとトレッキングや体験ツアーには、英語を話す「インタープリター」が付く。ガイドとは違った面を気づかせ、感じさせてくれる案内の仕方(インタープリテーション)の訓練を受けているので、ひと味違った体験ができる。エリア内に住むコホー族出身者もいるので、希望なら予約時に伝えよう。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

地元の学生と行く、ダラットの「おやつ処」 地元の学生と行く、ダラットの「おやつ処」

ダラット大学で日本語を勉強中の学生たちに、ダラットならではのおやつ処を案内してもらった。4人4様のローカル店は、味もなか…

2014年は注目カフェが目白押し! 2014年は注目カフェが目白押し!

2014年は注目カフェが目白押し!町の中心や、歩いて小一時間といった散歩コースに、新しいおしゃれカフェが増殖中のダラット…

鉄ちゃん・鉄子はダラットを目指せ! 鉄ちゃん・鉄子はダラットを目指せ!

鉄道路線がないのに、鉄道関連のスポットが多いダラットで、新旧含め「鉄的」見所を探してみた。日本での鉄道の楽しみ方とはちょ…