ベトナムスケッチ > ベトナム北部 > ハイフォン > ハイフォン通信 > ...

ローカルテイスト満載!タムバック市場探訪

タグ:,
カテゴリ:ハイフォン通信
更新:2014/10/24 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!
press

幅広く商品を取りそろえるハイフォン最大のタムバック市場(Cho Tam Bac)。市場の人は、観光客馴れしておらず、「どこから来たの?」と興味を持って話しかけてくれる。人が多く活気に溢れているが、品定めをゆっくりさせてくれるのがうれしい。

住所:Phan Boi Chau St., Hong Bang Dist., Hai Phong
営業時間:6:00~18:00

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旬の果物を食べ比べよう


Hong

市場領域内のリートゥオンキエット(Ly Thuong Kiet)通りでは、色とりどりの果物が道の両脇でズラリと売られている。これから旬を迎える柿は、日本ではあまり見かけない小ぶりなもの、赤くて柔らかいもの、青く硬いものなど、4~5種類がこの通りを歩くだけで手に入る。「味見をさせて」は当たり前なので、色々食べ比べて好みのものを購入しよう。まだ熟れていないように見える青い柿も、中身は赤く食べ頃のものが売られている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA大ぶりの柿

OLYMPUS DIGITAL CAMERA小ぶりの柿。おおよそ、1㎏3万VND(約160円)

土産に、ハイフォン名物「バインダードー」

バインダードー
Banh Da Do

ハイフォン名物の「バインダークア/Banh Da Cua」(Banh Da=米麺、Cua=カニ)というカニの出汁スープで食べる麺料理。この料理で使われる「バインダードー/Banh Da Do」という平たくてコシがある赤茶色の米麺がここで手に入る。

麺の赤茶色は、栄養価が高いガック(Gac/和名:ナンバンカラウリ)という果実による色だといわれ、白色の「バインダー」よりも腐食しづらい効果があるそうだ。半乾燥のものと、完全に乾燥させた乾麺がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA乾麺、奥のざるに入ったものが半乾燥のもの。おおよそ、1㎏2万VND(約100円)

ハイフォンといえば、シーフード!

エビ/貝
Tom / Oc

市場近くを流れるタムバック(Tam Bac)川沿いの通りでは、毎日16時頃から、その日に捕れた新鮮な魚介類を販売。ピョンピョン跳ねる魚やエビ、カエルなど、活きの良さを目と耳で楽しめる。

またレストランなどの受注に合わせて魚介のすり身揚げをつくっている店舗もあり、運が良ければ個人でも購入できるかも!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエビおおよそ、1㎏2万5000VND(約130円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA貝は10種類近くある

カラフルさはハイフォンらしさ!?


Vai Voc

店のおばちゃんたちは、みんな派手な柄の服を着ているので、目がチカチカするほど鮮やかな一画。ハノイ市内の布市場よりカラフルな柄が揃っているのでは? 港町の女性の気質なのか、ハイフォンの女性は「派手もの好き」で知られている。

しかし、スーツなどの紳士服を仕立てられそうなシンプルで硬めの生地の種類も豊富。布好きにはもってこいの場所だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA生地によって異なるが1m×1mで8万VND(約420円)など

COLUMN : ハイフォンの市場

タムバック市場は、地元の人々の間でドー市場(Cho Do)とも呼ばれている。メインとなるアーケード街の周りにも広く商店が連なるため、タクシーで行く場合、降ろされる場所はまちまち。また、ハイフォンにはほかに花市場(Cho Hoa)と、電化製品や機材の部品などの工務品を多く取り揃えているサット市場(Cho Sat)とがある。

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう ! 【ハイフォン】ハイフォンの「バイン」を食べつくそう !

小麦粉や米粉を使ったハイフォンの「バイン/Banh」というと、蟹入り平麺「バインダークア/Banh Da Cua」やステ…

【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、/市民劇場の内部に潜入! 【ハイフォン】コロニアル建築の代表格、
市民劇場の内部に潜入!

ハノイ、ホーチミン市と並び、フランス統治時代にベトナム国内に建てられた3つのオペラハウスの1つ。風格漂う姿を眺めるだけで…

乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ 乙女心をくすぐるハイフォン半日トリップ

2015年3月8日(日)は「国際婦人デー」。ハノイから日帰りでも行けるハイフォンは、洋風建築が点在し、交通量も多くないの…

ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ ハイフォンのちょっと気になる個性派カフェ

ハノイやホーチミン市のように数は多くはないけれど、ハイフォンにもそれぞれ工夫を凝らして訪れた人々を楽しませてくれるカフェ…

改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう 改装されたハイフォン博物館へ行ってみよう

テーマ別に12の展示室に分かれているハイフォン博物館。1階は古代、2階は1945年以降~近代までの計約2万点が収蔵されて…

チャン・フン・ダオ伝説を追え! チャン・フン・ダオ伝説を追え!

日本で元寇があった後の1288年、元軍はベトナムへ攻め込んだ。この時、敵を撃退したのが軍師チャン・フン・ダオ(Tran …

港湾都市ハイフォン・お魚生活 港湾都市ハイフォン・お魚生活

ハイフォンには新鮮な魚介類がいっぱい。発砲スチロール箱や氷を売ってくれる魚屋もあるので、旅行者も買物OKだ。当地で人気の…

1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島 1周たったの1kmほど。箱庭のようなホンザウ島

ハイフォンから車で約30分のビーチリゾート、ドーソン(Do Son)。その沖合いに浮かぶのがホンザウ(Hon Dau)島…

海蟹入りバインダードー 海蟹入りバインダードー

ハイフォンを代表する料理といえば「バインダードークア/Banh Da Do Cua」。茶色い平麺を淡水に棲む田ガニのスー…

市民劇場だけじゃない!/様々な様式を楽しめる建築散歩 市民劇場だけじゃない!
様々な様式を楽しめる建築散歩

ハイフォンでのコロニアル建築見学なら、フランス植民地時代の繁華街だったディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通…

ご当地グルメから全国区へ ご当地グルメから全国区へ

ハイフォン以外の地域では「ハイフォン風バインミー/Banh Mi Hai Phong」とよばれる「小枝バインミー/Ban…

街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月 街が赤く燃え上がる火炎樹シーズンは5月

「鳳凰/Phuong」の「花/Hoa」の名をもつ火炎樹。5月から6月にかけてハイフォンの街は、この花の赤で染まる。ベトナ…