ベトナムスケッチ > ベトナムコラム > ベトナムの日本人 > ...

ベトナムの日本人
大野真貴子さん
エシカルアクセサリーブランドCEO

タグ:
カテゴリ:ベトナムの日本人
更新:2014/09/11 – 10:00

編集部では、皆様からの情報をお待ちしています。情報掲載をご希望の方は、コチラまでご連絡を!

ベトナムから世界へ、アクセサリーブランドとして発信
作り手の皆には誇りを持って生きてもらいたい

IMG_5386撮影/杉田憲昭

シンプルで、どこか何気ない存在感と個性を感じるアクセサリー。シグニチャーモチーフであるニットリングが印象的なアクセサリーを身に付けて登場した、エシカルアクセサリーブランド「フーヒップ」を手がける大野真貴子さん。

「大人っぽく、でも気負わない。身に付けた人にふっと馴染むようにデザインされています」。

ベトナム、シンガポール、日本などで販売しているこのアクセサリーは、実はベトナム・フエの辛い背景から誕生したものだった。

古都フエはかつてベトナム戦争の影響を強く受けた場所で戦後、船上で暮らしていた人々がいた。定住地区へ移動したものの、教育を受けられない子どもが多く、職もまともに得られない人たちがいた。

夫の転勤により、フエで暮らし始めた立ち上げメンバーの一人は、大学時代からの友人で、彼女からその事実を聞き、愕然としたそうだ。
「彼らが悪いわけではない、たまたまフエに生まれただけ。ここで育った多くの若者は貧困を理由に教育が受けられず、家計を助けるために、不当な労働に就いていたことがあったようです」。

2007年、フーヒップ地区で暮らす人々を支援する目的で、古くからの友人であるそのメンバー等が「フエハッピープロジェクト」を発足。当時コミュニティで育った若者や子どもたちを支援する目的で、最初は識字教育を行っていた。

「当初は労働を強制しようとする親に反発を受けたそうです。また都市に売られていく子もいた。一方で学びたい意欲を持つ若者が増えていき、教育だけではなく、雇用創出の重要性を認識した彼女の熱意で、デザイナーや多くの人を巻き込みブランドを立ち上げることになりました。私も彼女の情熱に動かされたうちの一人です」。

「自己満足では終わらない」。その強い思いから、彼らにもできること、かつ、チャリティーではなく商品として勝負していけるものを考えなければいけないと感じたという。

「日本のマーケットで勝負するためには、クオリティが高いものでなければいけない。普段、身に付けるもので女性を輝かせるもの、そして、作り手が幸せになってくれるものを作るために、プロのデザイナーの力を借りて、アクセサリーの作り方を子ども達に教えてもらいました」。

最初は彼女たちのレベルに合わせながら、作られたアクセサリー。

「当初は、ピンクと赤、などの色の違いを伝えることにも時間がかかりました。また、技術的な事だけではなく、基本的な勤務態度などを伝えることにも苦労しましたが、今では、立派なアーチザンとして成長しました」。
今、思うことは、
「『かわいそう」ではなく、『あなたが作ったものが美しいから』と言われるように、一流のアクセサリー業界で勝負していきたい。そして、ベトナムから世界へ発信するアクセサリーブランドとして認めて頂くことで、皆に自尊心を取り戻し、誇りを持って生きてもらいたいと思っています」

大野真貴子 おおのまきこ
2000年慶應義塾大学SFC卒業後、民間非営利組織にてプロジェクトマネジメントとファンドレイジングを経験、主にアジア地域での教育支援事業に従事。2009年よりフーヒップ参画、2014年ドッツジャパン設立。フーヒップ(Phuhiep)は大野さん以外に日本人女性2人と手がけるアクセサリーブランド。今秋はパリで展示会を予定。www.phu-hiep.com

掲示板ご利用の前にベトナムスケッチ掲示板ガイドラインをご参照ください。投稿にはFacebookアカウントが必要です。アカウントはFacebook公式サイトにて無料で取得できます。※編集部への質問や問い合わせに関してはコチラからどうぞ。

関連ベトナム記事

石田安彦さん/兎家ゲストハウスオーナー 石田安彦さん
兎家ゲストハウスオーナー

目指したのは“自分が泊まりたい宿” 宿泊客が知人に紹介してくれるゲストハウスに 穴が空いた壁や天井を 完全リノベーション…

脇山 春香 さん/ベティック(VIETHICH)運営 脇山 春香 さん
ベティック(VIETHICH)運営

サポート役としての情報発信 “誰かのために”は必ず自分に返ってくる ウェブサイトを開設して約2年半 きっかけはすべて“人…

古賀昇さん/キックボクシングジム運営 古賀昇さん
キックボクシングジム運営

好きなキックボクシングを続けていくためのジム運営 見通しのないスタートから走り続けた4年間 始まりはとてもシンプル 自分…

井上寛太さん/ルーヴェンベトナム代表 井上寛太さん
ルーヴェンベトナム代表

日本の礼儀作法や継続する力など、 スポーツを通じて日本の教育を世界へ伝えたい 夢の海外プロ生活、一方で限界も チャレンジ…

ベトナムの日本人/山洋平さん/アーティスト ベトナムの日本人
山洋平さん
アーティスト

画家を目指してやってきたわけではない 絵も人生も、積み重ねた結果が今の形 いろんな縁が繋がって ベトナムで絵を描いている…

ベトナムの日本人/岡崎琢充 さん/岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人 ベトナムの日本人
岡崎琢充 さん
岡ちゃん食堂 オーナー兼料理人

ベトナムで頑張る日本人の胃袋を支えられる料理人に 自分の料理で、少しでも明日への活力を提供したい 海外で働く先輩の姿を見…

ベトナムの日本人/巽千華さん/ダンサー ベトナムの日本人
巽千華さん
ダンサー

中学生で日本を離れ、海外で学んだダンス ベトナムには枠にとらわれない新しさがある 13歳でバレエを学ぶため中国へ留学 オ…

ベトナムの日本人/鈴木麻美/イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー ベトナムの日本人
鈴木麻美
イラストレーター 兼はっぴーはうすオーナー

イラストマップで伝えるハノイの魅力 楽しく“はっぴー”な気分になってほしい 自分の好きな場所で好きなことを ハノイで立ち…

ベトナムの日本人/鈴木トミコさん/刺しゅうバッグデザイナー ベトナムの日本人
鈴木トミコさん
刺しゅうバッグデザイナー

ベトナムで作るオリジナルの刺しゅうバッグ 自分のデザインが形になるのが楽しい あのときズボンが破れていなければ 今ベトナ…

ベトナムの日本人/吉田綾華さん/アーニャットコスメ代表 ベトナムの日本人
吉田綾華さん
アーニャットコスメ代表

自らプロデュースした化粧品を販売 活気ある環境づくり、雇用創出など社会貢献に繋げたい ベトナムへ呼ばれるように就職 何か…

ベトナムの日本人/Asako/ヨガインストラクター ベトナムの日本人
Asako
ヨガインストラクター

自分が好きなヨガで喜んでもらえる快感 外国だからこそ、日本語のヨガ教室を ヨガで頭を使ってはナンセンス だからこそ日本語…

ベトナムの日本人/山本真由/銭湯はノ湯・マネージャー ベトナムの日本人
山本真由
銭湯はノ湯・マネージャー

ベトナムで取り戻せた本当の自分 過去の経験を活かし、仕事も家庭も両立できるママを目指す 日本で挫折を繰り返すも 無駄には…

ベトナムの日本人/成田樹紀/カルダモン店主・商品企画開発者 ベトナムの日本人
成田樹紀
カルダモン店主・商品企画開発者

食の提供だけではなく、問題解決をしたい ランチを通して、新しいライフスタイルの提案を “持ち前の感性”で始めたカレー屋 …

ベトナムの日本人/桑原伸一郎/ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ ベトナムの日本人
桑原伸一郎
ベトナム水泳 ナショナルチームコーチ

頭を使えば、タイムを上げられる 鍛えるだけではない水泳スタイルをベトナムに 強くなるために分析、研究 “頭を使う”、それ…

ベトナムの日本人/長谷川舞さん/管理栄養士 ベトナムの日本人
長谷川舞さん
管理栄養士

食を通じて、健康や未来、幸せをたくさん提供したい そのために、今自分にできることをコツコツと 急速に発展していくベトナム…

ベトナムの日本人/中谷茜理/YouTubeチャンネル『aNcari room』運営 ベトナムの日本人
中谷茜理
YouTubeチャンネル『aNcari room』運営

ベトナム語で自分の言葉を世界中に発信 一歩足を踏み出したら、新しい景色が見えてきた! 始まりはベトナム人の 親友との出会…

ベトナムの日本人/月嶋カリンさん/歌手 ベトナムの日本人
月嶋カリンさん
歌手

相棒のピアニストと出会い、自分の「音楽」が変わった 歌に愛される歌手になり、心に寄り添える音楽を届けたい 衝撃的な日々の…

ベトナムの日本人/安蔵彩香さん、寿苗さん/ハノイインターナショナル スクール 12 年生 ベトナムの日本人
安蔵彩香さん、寿苗さん
ハノイインターナショナル スクール 12 年生

外国にいるからこそ、母国語の大切さを忘れずに。 母子の二人三脚で言語の壁を越えて大学進学 「勉強しろって強くは言われず、…

ベトナムの日本人/榎本俊明さん/ラーメンエノ店主 ベトナムの日本人
榎本俊明さん
ラーメンエノ店主

店を支えてくれる熱狂的な“エノファン”とともに もっと温かく、息の長いラーメン店を目指して ホーチミン市10区に店を構え…

ベトナムの日本人/竹野和浩さん/ケイテンベトナム社長 ベトナムの日本人
竹野和浩さん
ケイテンベトナム社長

技術も自転車も“本物”を知ってもらいたい Uターンを知らない自転車乗りの、ベトナムでの挑戦 高校・大学と本格的に自転車競…